信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

くりボウル


てのひらすっぽりサイズのボウル。
カフェオレをたっぷり、抹茶をいただく、暑くなったら氷を一杯入れてアイスコーヒー、
寒くなったらぜんざいを、いつもくりといっしょ。
1000円。

さて久しぶりに006号より画像が届きました。
これは・・・・・。
失礼ですけどマイナーな国ですね。(知名度のことですよ)
それでは国当てクイズと行きましょう。



え、それって国?
なんて言わないで下さいよ。

Posted at 2009年04月21日 21時44分17秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*