信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

カフェオレボウル

今日はレギュラー品の窯出しの後ゆっくりとお客様のお相手をしました。
少しだけ試しに作ったボウルを紹介します。




カフェオレ用としては少し大きめですが、両手で包みこむように持ってあったかい飲み物をいただく幸福感がたっぷり味わえます。
つくった時これはいける!と確信しました。予想どうりほとんど売れてしまいました。
来年本格的に作るつもりです。
予想が的中するとうれしいものです。
φ130ミリ 1200円
さて早めに店を閉め帰りに蔵四季に寄り、持参のドリッパーでマンデリンを淹れてもらいました。

お店の女性の皆さんもかわいいとほめてくださいました。
ポットからマンデリンを注いでロイヤルコペンハーゲンのカップでたっぷり飲みました。
ドリッパーセットは残り3セットとなりました。
1セット8000円と7000円。
明日は窯場と店の大掃除。
でも30日も多分店を開けます。
店番しながら年賀状書きをするつもりです。

Posted at 2008年12月28日 21時19分50秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*