信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

ドリッパー2

今日は時間的にきつい一日でした。
素焼き出しからくすり掛け、窯詰め。
おやつタイム抜きで、珍しく8時までかかってしまいました。
それでもあきらめの積み残しができました。
もう一回本焼き年内にやらなければいけません。
やはりお重にはてこずりました。
ばらばらに焼くためうまく合わさってくれるか少し不安です。
明日は上絵付けをしながら、窯たきです。
現場の写真撮る間もなかったので、焼き上がったドリッパーを並べて撮りました。
今日も一つ売れたので、高価なものなのにあっという間に3個もなくなりました。
予約が一つ入っていますから、残り5セットです。
蓋付きが1セット8000円、ふた無しがセット7000円です。



さて、気功教室の話が今日も続きます。
教室が終わってそのあと恒例らしいのですが、四条あたりへ繰り出して食事会がありました。
人数は半分くらいに減りましたが、これを楽しみにされている生徒さんも大勢いらっしゃるようです。
年末ということで目当てのお店は満員。第二候補のお店で時間限定という条件で食事会が始まりました。
先生は非常に面白い方ではるばる山形から来られた野球部の部長さんと山形弁で上手にお話しされ皆さん大笑いでした。
この若い野球部の部長さんは、生徒のメンタルトレーニングに気功を活用されていて5年ほどになるそうです。学校の先生が多いのはそういうわけだったのです。
若いのでかかりやすく、うまく使用するととんでもない力を発揮するとのこと。
薬物と違い副作用は無い(たぶん)だろうし、ドーピング検査にも引っ掛からないし、これは良い手だと思います。学校の先生、これ読まれてたら試してみては。
話の流れで山形のお米を送ってくださることになりました。
楽しみです。
この会はずいぶんと多彩な顔触れで、特にこの食事会はいろいろな話題、知識が得られそうで、
本番の教室ともども続けていくつもりです。

Posted at 2008年12月22日 23時08分27秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*