信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

Caffe Baretto

今日も丼の仕上げをしました。
お昼にちょっと気になる近くのお店を覗きに出かけました。
Caffe Baretto R307からちょっと入ったたところにあるふつうのお家が中へ入るとぎょぎょ。
そこは信楽にありえない空間。

お店のオーナーが直接ヨーロッパへ行って仕入れた雑貨がいっぱい。


イタリア家具ショップ カルテルのイス、世界的に著名なデザイナー吉岡徳仁のイスなどがふつーに置かれていてそれに腰かけてお昼をいただきます。


カウンターの向こうにはまだ若いオーナーがいます。ビーフカレーとカラメル風味のチーズケーキとタンザニアの狭い範囲で栽培されているコーヒーをいただきました。
カレーはチト鹹くて辛くなかった。でもビーフごろごろしっかり煮込んでありました。チーズケーキはカラメルの苦みが心地よくおいしかった。そして一ヶ月毎に変わるコーヒーが非常においしかった。コク苦味アロマバランスよく酸味は控えめ。(焙煎が選べる)ほんとコーヒーは行く価値あり。                                              
トイレはちょっと類をみないものです。トイレに入るためだけにお店を訪れても悔いはない。
京都を中心に活躍する世界的デザイナー山下順三がまったく自由にこしらえた画期的なトイレなのです。
このカフェの価値はたぶんほとんどの人には分りづらいものでしょう。ま、分らなくても楽しめればそれでいいのかもしれません。
ほっこりするには刺激的すぎますが若い感性を持っていればインスパイアーされること間違いなし。
Cafe Baretto 興味ある方はここをクリック http://pittoresque.jp

収穫の一日でした。時々訪れることになりそうです。

Posted at 2008年09月26日 22時51分25秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*