信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

くりの瞑想



今日は金曜日でしかも雨。開店以来8年間の統計からみても来客数の最も少ない日の条件を十分に充たしています。
こういった日はくりの休日となります。仕事場を高原の別荘と見立て、一人で久しぶりの休日を楽しみます。
コーヒーを淹れ音楽を流し雑誌をめくり思いつくままにメモを取ったりします。ふと目にとまった言葉はメディテーション(瞑想)。
最近集中して読んだ本は、河合隼雄、天外伺朗、養老孟、玄侑宗久、リリアン ヴァーナー ボンズ。養老さんはアイロニーが過剰でちょっと違うかもしれないけれど、ほとんどが目に捉えにくいモノを扱っています。そしてその底に流れているのは思考の停止。すなわち瞑想なのです。
ふだん私たちが酷使している新しい脳を、同じ状態を長く続けることで飽きさせる、麻痺させる、お休みさせることで、その奥にあるアニマルブレインとかフェアリーブレインあるいはもっと極端なことを言えば人間の持つ約60兆個の細胞一つ一つの持つ感受性をフルに生かし宇宙との一体感を得る。それはときおり門を開いて真理?のようなものを垣間見せてくれるようです。またあるときは変なものを見せてくれたり危ない方向へ誘うこともままあったりします。ショーコーさんの弟子たちのように。
深ーい瞑想の境地はなかなかむつかしいものがありますが、お手軽にサワリを味わうことはすぐできます。
今日は自分の魂の色を探ってみました。ソウルカラーと言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。目を閉じて楽な姿勢で呼吸をつづける。それだけです。
目を閉じて息を吐き続ける。出しつくしたところで吸うのをがまんしてそのあと体の欲するままに吸い込みます。吸い込んだところでしばらく吐くのをがまんし、また長ーく吐き続けます。これを繰り返し、その折り返し地点で瞼の奥にぼんやりとが見えてきます。あせらず続けていればきっと見えてきます。それがあなたのソウルカラーです。そしてその色で心の健康状態やああなたの性格が分かります。
この呼吸法は心を落ち着かせるのにもとても有効です。事あるごとにやってみてください。時には深〜く入っていけるかもしれません。釈迦牟尼の如く悟りを開くことも無いとは言い切れません。
因みにくりのカラーはでした。
みなさん色が見えたらメールくださいお答えします。
そうそう、死んだら皆さんブリリアントカラー(ダイアモンドの輝き)に包まれます。仏教でいうアミターバ、無量光明ですぞ。南無阿弥陀仏。
                                           

Posted at 2008年09月19日 22時33分01秒

 
この記事へのコメント

合掌!

 今年の4月から♪第九(ベートーヴェン)の合唱団(地域の)に参加してて、ボイトレで この<腹式呼吸>をします。 お腹に手をおき、目は閉じませんが・・・。 今、ソウルカラーを試しましたが グレーです。
3日前、人生の師匠と慕ってた人が 亡くなり落ち込んでいました(涙)
彼女は今頃 【ブリリアントカラー】 に包まれていますね (光・輝き) 
栗さんの有り難いお言葉で 少し落ち着きました。 おおきに!
Posted by chappy at 2008/09/20 21:55:33

ソウルカラー

グレーですか。性格は楽観敵でそのうち最高の状態がやってくるなんて思っています。頑固さは岩のようであり調和の取れた安定性を得ようと努力しています。
いつも他人に救いの手を差し伸べる用意があり、だれもやりたがらない仕事も嫌がらずこなします。
 マザーテレサはその性格を強く持つ人です。
身体の衰弱が感じられる場合オレンヂ色の光を浴びてみてください。

個人的な治療が必要なら個室でゆっくりと、え、50代ですって、残念ですが今は忙しいのでそのうち・・・・・・
Posted by くり at 2008/09/21 10:05:29

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*