土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売
2011-07-14 の記事

グローバル化について...

      私の新聞購読は「日経新聞」「毎日新聞」の2誌ですが、最近日経新聞
      の記事の内容は「高度成長時」を懐かしむような経済成長神話と「1年
      限定総理大臣」を推進するような情けない状態です。
      世界を見渡せば、アメリカ、ドイツの先進国はもちろん発展途上国でも
      政界はねじれが当たり前で、ネット通信で独裁政治は民衆の行動で倒さ
      れています。
      歴史が証明しているようにローマ帝国、ナポレオン帝国、大英帝国・・
      と繁栄と衰退は一体として裏、表で繰り返します。
      清時代の中国は世界貿易で30%を占めていました。
      我国日本はバブル絶頂期で17〜18%で、今の中国の躍進ぶりは従来
      持っていた国力が再興したのです。
      「失われた10、20年」では無く、繁栄から衰退期で「不動産バブル
      崩壊」を伴い40〜60年は高度成長はできません。
      それは金融危機を招いた欧米も同様です。
      ならば以前書いたように現在のグローバル世界から一歩下がり、自国の
      国民性と勤勉な労働、そして過去も含め民族の英知を集め、省エネルギ
      ー、自然エネルギーなど従来からある技術で、車などの重工業品から脱
      却して「安定低成長」を目指すときです。
      アナログ文化では我国は自然をもとに、素晴らしい世界を創造してきた
      のですから。

                          2011/07/14
                           眞田文宏 


Posted at 2011年07月14日 09時53分25秒

550,000アクセス★

     なかなか書き続ける大切さを感じながらも、息が切れる時があるなかで
     アクセス550,000★
     ありがとうございます☆

                         2011/07/14
                          眞田文宏


Posted at 2011年07月14日 09時24分14秒