土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売
2011-08 の記事

ティータイム

         

         ローバーミニが壊れ、その後継車のランチャのイプシロン
         (6年落ち)が来ました。
         フィアット・プントがベースで「古き良き時代の高品質の
         ランチャ」とは大分違いますが、各所にランチャのプライ
         ドが息づいています。
         乗るたびに感動を憶えるか?
         逆に飽きるか?
         これから状況変化をご報告をします。
         (写真はフルビア・クーペです。)
                          
                          2011/08/29
                           眞田文宏


Posted at 2011年08月29日 15時19分44秒  /  コメント( 0 )

繁華街の雑草

     昨年の夏も書きましたが、今年も日本橋周辺、銀座界隈・・・・と
     日本東京のメインストリートの街路樹・緑地帯で雑草がのびのび(?)
     育っています。
     神田や浅草の住民の仕事場と住居が一緒が多い地域では、奇麗に管理
     されアサガオなど夏花が咲いていて、心がなごみ、生活が感じられま
     す。
     テナントで入居して関心が無いのは仕方が無いのですが、銀座の中央通
     の無機質的な手入れの奇麗さまでしなくとも、晴海通り沿いの緑地帯で
     伸び始める前の雑草を刈り取る手間も少しの善意で十分、簡素で清潔感
     が出るのですが・・・

                           2011/08/29
                            眞田文宏


Posted at 2011年08月29日 15時04分06秒

ティータイム

        
        またまた手前みそですが、6月から現在までの我家のガレージ
        風景です。
        お盆中にモントリオールに決死の覚悟で(大袈裟ではないくらい
        暑かった・・・)一度乗りました。
        あと数日で9月にTi superに乗れそうです・・・が・・・
        互いに老骨に鞭を(壊れないように)入れる季節が待ち遠しい
        この頃(辛いかも・・・)です。

                        2011/08/26
                         眞田文宏


Posted at 2011年08月26日 15時58分24秒

コップのなかの嵐=民...

     政権交代から2年間、その間に3人目の代表(首相)争いが始まりま
     したが、あいも変わらず反小沢対親小沢の対決構図・・・
     渦中の民主党議員は権力闘争で我を忘れて興奮状態ですが・・・
     この際、二つに分かれて出直したらと思うのは、私だけではないでし
     ょう。
     「数・金は最大の力」で寄せ集めの情けない集団・・・
     もう当てにはできない!しない!
     と誰でも思わせる「小さなコップのなかの嵐」です。

                         2011/08/26
                          眞田文宏


Posted at 2011年08月26日 15時49分19秒

思考が止まる民主党

      自民党政治の崩壊して2年前の政権交代での期待の大きさと、現在の
      落胆の状況を民主党国会議員は理解できないどころか、東日本大震災
      の被災者への敏速な対応はできないのは、人としての人間性が皆無と
      自ら証明している。
      それどころか、代表選びで、またこりも無く「うさん臭い」O沢参り
      を争ってしている候補者・・・そしてその支持グループの見たくもな
      い面々。
      何ヶ月前に書きましたように、マレーシアの元首相マハティールさん
      に日本国籍をお預けして、3年限定救国総理大臣にお願いしたい。
      もう、嘘っぽい・うさん臭い議員をTVで出すな!


                        2011/08/22
                         眞田文宏


Posted at 2011年08月22日 17時34分54秒

景色が変わる

           

      2年前に撮った新木場旧若洲橋から、浦安・千葉方面です。
      あと数ヶ月で第二(?)湾岸道路が開通しますが、当時の
      ように橋に途中で駐車して、シャターを押せるのも今のう
      ちです。
      お近くをお出でになるようでしたら、開通前の今がおすす
      めの景色が広がります。

               日本のイースト・コースト新木場より
                      2011/08/20
                       眞田文宏


Posted at 2011年08月20日 14時26分27秒

ワイナリー


先日お伝えしたイタリアのオーガニック・ワインの到着ですが
そのワイナリー「ボルゴ・カジニャーノ」についてご紹介しましょう。

**************************************

咲き乱れるツツジ、対照的に荒々しく節くれだったカシ、年輪を重ねたクリ・・・
それらの樹木に覆われたイタリア・トスカーナ地方、キャンティの山々。
その切り立った傾斜地―標高300〜560叩▲ャンティの入口と呼ばれるカヴリーリァの町―
でワイナリー、ボルゴ・カジニャーノは長年ブドウ、オリーブなどの果実を栽培してきました。
色とりどりの石灰岩から酸性の砂岩に至るまで様々な土質で形成されている
その地は美しいシェープを描き、またそこは豊穣な果実を育む大地でもあります。
そして、ここで果実を栽培する際の唯一の基本理念は
「環境のすべての特性を知り、その最大能力を発揮させる」ことにあります。

その基本理念どおりに1995年以降ボルゴ・カジニャーノでは一貫して
環境と完全に調和したバイオロジカルな手法のみを用い全てをオーガニック生産しています。
収穫物の受精、土の肥沃化もオーガニック手法を取り入れ、人為的処置は最低限に抑え、
耕地の境界ですら天然のものである銅、もしくは硫黄が用いるという徹底ぶりです。
品質を高める工夫もなされています。
8月、適量のブドウの房をそれぞれの畑に残すのはさらなる品質向上のため。
また通常より遅い収穫とするのは、豊かな太陽の恵みをより授かりるためです。
そして総面積7念幣紊離屮疋Ρ爐ら得られるワインは、わずか6000本に過ぎません。
厳選されるという意味がこれからでも明らかでしょう。
豊穣の収穫の時(=vintage)は9月中旬〜10月中旬まで続きます。
収穫は通常、畑でのブドウの選別から始まります。まず口火を切るのはシャルドネ。
続いてトレッビアーノとマルヴァージァ。さらにメルローとカベルネ、カナイオーロの順。
そして最後は常に、その熟成に時間が必要なサンジョヴェーゼです。

ワインセラーにおける入念な管理―厳選されたイーストの使用と適正な酸素量の調整―
は発酵期間中行われ続けるのはいうまでもありません。
ワインのエイジングはスティール、もしくは木製どちらかの樽で行われ、
エイジング後の赤ワインはボトリングの後、出荷までさらなる熟成のため寝かせられます。
サンジョヴェーゼ種には特殊なタンニンが存在し、その味わいを充分深めるため
ほとんどの赤ワインは出荷まで3〜4年を要します。そうして
10年以上熟成されたものも含め、完璧なメインテナンスを受けたワインのみを
お客様に提供できることは私達の誇りであり、
喜びとするところでもあります。

************************************

ご興味持たれた向きはお問い合わせを!


Posted at 2011年08月19日 11時45分59秒

ティータイム

          

       栃木県足利の「ココファーム・ワイナリー」の涼しげな春の様子です。
       
       
                            2011/08/18
                             眞田文宏


Posted at 2011年08月18日 14時00分41秒

グローバルな罠

      米国債の格下げで「最大の債権者」との立場から中国の発言が経済
      運営ばかりではなく、「量的緩和をするな!」「防衛費を削れ!・
      ・・と多くの過激な注文(けち)と傲慢拡大しています。
      安い労働力しかなかった社会資本が、先進諸国の資本と技術を活用
      して成長して来て、その恩恵を忘れた発言・行動(軍備拡張・領土
      問題主張・・・)は長年世話をしたペットが狂犬病のように飼い主
      を噛んでいるように思うのは私だけではないでしょう。
      グローバル経済発展・拡大の恩恵とリスクは、中国ばかりではなく
      世界中どの国も同じです。
      それを間違って解釈し、傲慢になればなるほど「罠」と「恥」に巡
      り会うのです。 

                           2011/08/18
                            眞田文宏


Posted at 2011年08月18日 13時41分47秒

ティータイム

             

                             

      上記の2台とも直線美が美しく、表情がとても豊かです。

                            2011/08/16
                             眞田文宏 


Posted at 2011年08月17日 08時00分46秒

 1  2  | 次へ