土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売
2011-01 の記事

ニューイャーミィーテ...


     1/30日曜日に恒例のJCCAクラシック・カーフェスティバル
     ニューイヤーミィーテングに行ってきました。
     上記のHONDAツインカムクラブの方々は、S600/800ベースの
     スペシャルレーサー
     *マクランサ
     *コニリオ
     *グリフォン
     を展示されていました。クラブ員の楽しそうな笑顔。
       


      昔、お世話になったくるま達。
      残していくべきくるま達が一杯でした。

                   2011/01/30
                    眞田


Posted at 2011年01月31日 17時23分55秒

与謝野馨大臣

      2006年、共和党大統領ジョージ・ブッシュがイラン戦争の責任
      問題でラムズフェルト国防長官を更迭して、ゲーツ国防長官が任命
      されました。
      民主党オバマ大統領も政権発足後、国防と言う重責を継続するため
      にゲーツ長官を留任しました。
      党派を超えて国益と国難に対処するためですが、与謝野馨経済財政
      相のこれからの働きと、任命した管首相の説明があれば何も問題な
      いのですが、あいも変わらず「国取り物語」の自民党は心身とも将
      来を考えないようです。


                          2011/01/30
                           眞田


Posted at 2011年01月31日 11時29分47秒

12/30お台場ニュ...

      明日は恒例のクラシックカー・ニューイヤーミィーチングです。
      ここ数年神戸のスピードショプF鵺の長田さんのご好意でパス券
      でイラストレイターO内さんとお邪魔しています。
      国産車メインでお子さんからおじいさんまで、楽しめるイベン
      トです。
      私も子供の頃、見たくるま、憧れたくるま、お世話になったく
      るまたちと出会うのが楽しみです。

      写真は昨年での「ミニまるやま」さんと私です。十分に人間も
      クラシック!


                           2011/01/29
                            眞田


Posted at 2011年01月29日 14時30分44秒

イギリス車のダッシュ...

     ロータスマニアでイギリス車ファンのFさんのコレクションから
     ジャギャーEタイプ

     ロータス・エリート


     そしてワイト「ロータス・エラン」


     イギリス車ならではの、心安らぐ美しい空間
     くるまが生まれる前の馬に引かれる華麗な馬車の空間と同様に

     そして無駄の遊びが無く、乗る人に都度、感動させてくれるメ
     ーターと各スイッチ・・・

                       2011/01/28
                        眞田


Posted at 2011年01月28日 16時29分31秒

疑心暗鬼

      世界経済危機から今年で3年になりますが、欧米も日本も長い
      トンネルから出口が見えず、タイトルの疑心暗鬼状態です。
      民主国家・自由経済の限界と書きましたが、資源高騰が起きつ
      つあるなか3年前の傷が癒えてない状態で対応ができません。
      中国はいち早く金融危機を乗越えたように見えますが、不動産
      価格上昇と同時に物価価格も上昇して、これからが正念場です。
      私達、日本人はバブル崩壊後、20年間萎縮していると思われ
      ますが、それは何度も申すように経営首脳陣が「疑心暗鬼」と
      在任中の責任回避の「サラリーマン」意識が強いからです。
      これからの若い世代と挑戦する姿勢があれば、「疑心暗鬼」状
      態を脱ぎ捨てられますし、仕事の楽しさも失敗も、辛さも共有
      できます。
      それは高度成長と会社によって家族を築くことができた事への
      恩返しにもなりますし、過去の蓄積された経験を次世代に残せ
      るのです。
      私も含めて「頑張ろう!親爺!」

                         2011/01/28
                          眞田
   


Posted at 2011年01月28日 16時17分58秒

現状維持不可能な中東

       チェニジア、エジプトそしてイエメンとグローバル経済による
       格差と、グローバル情報で民衆の反政府運動は中東各地に広が
       り、世界のイスラム教教徒に歴史に残る、過大な影響をもたら
       すようです。
       グローバル社会・世界の現状で一番の課題が、若い人達の就職
       難です。
       韓国では大学受験に失敗した人達の月収所得は70,000円
       前後(日本円に換算して)
       イタリアでは同様な若者達の月収所得は50,000〜80,
       000円前後(日本円に換算して)
       世界の工場中国の繁栄が、世界中の若者から仕事を奪っている
       とも言えます。また同様に世界にデフレを輸出をしているのも、
       中国と言えるでしょう。ただ中国で働く農村部出身の若者達も
       所得や待遇では世界の若者達と同じ低所得です。
       グローバル経済や社会を後退させないように、富の配分システ
       ムを新たに構築して、長い独裁政権も防ぐシステムを必要です。

                     2011/01/28
                      眞田   


Posted at 2011年01月28日 13時54分00秒

鳥インフルエンザ

      経済・外交・防衛・・・グローバル化された世界の流れを超えた
      鳥インフルエンザ、地球生物誕生時から海を越え、国境を超えて
      生きてきた鳥はグローバルな生き物で、行政や各団体の網をかい
      くぐり人類をあざ笑うかの様に細菌をもたらし広がっています。
      鳥に当然責任はありません。
      人類の慢心の中に潜む細菌はこれからも拡大して行きます。
      長い歴史で相容れない宗教や民族問題で増々拡大するテロと同様
      グローバルは光と陰を広げ続けます。


                          2011/01/27
                           眞田


Posted at 2011年01月27日 10時19分18秒

冷戦終了から熱戦次代へ

       世界一の危険地域になった私達の東アジア地域。
       第二次世界大戦後は民主国家アメリカ同盟国と共産国家ソ連同盟国
       との比較的単純的な対立構造でしたが、共産単独支配中国の経済大
       国化は複雑な、新しい緊張を広げていますが、テロ国家北朝鮮を支
       援し続ける「中国テロ支援国家」の本音を冷静に観察しなければな
       りません。
       アメリカと中国は経済での相互依存は後戻りできないほど、依存し
       あっていますが、中国の本音は台湾併合の一番の障害はアメリカで
       す。また共産党支配国家維持のため、北朝鮮が楯として必要です。
       そして日本に対して私は過去の戦争での敗北劣等感が、当時の・・
       大虐殺の歴史資料館と、常にしてきた靖国神社問題で内政干渉して
       きましたが、民主党政権の靖国神社問題が起きない確証をして、(
       無能)鳩山のアメリカ外交軽視を見るなり、尖閣諸島騒動を引き起
       こし、レアアース騒動とエスカレートしている様は、まさに劣等感
       で充満された傲慢を示しています。
       私達日本人も戦後の復興時は欧米に追いつけ、追い越せと模造まが
       いの製品を作ってきましたが、己の資本と技術でした。その過程で
       多くの世界をリードする製品を造り出しています。
       確かに「外資導入・海外技術導入」は国の発展を早めますが、金銭
       で人間の知的資本は買う事はできません。
       それが一番解っているのが、中国知識人です。
       なぜならば「文化大革命」で当時の歴史的知識人や専門文化人や歴
       史資料を迫害・消滅して、教養歴史・文化を継承していないのです
       から。
       優越感を求める劣等感はいつかの段階で冷静な変化をしなければ、
       悲劇を生みます。それは韓国の繁栄に嫉妬する北朝鮮も同様です。
       これらに対抗する為に、アメリカとの関係強化は当然ですが、民主
       国家としての明確な主張は摩擦を恐れず、常にすべきです。
       外交は駆け引きだけではできません。アジアを代表する先進国とし
       て発展途上民主国家が多いアジア諸国に経済・技術、そして知的支
       援を地道に進めて行くことが東アジアの緊張緩和に繋がるのです。

                       2011/01/26
                        眞田
       
       


Posted at 2011年01月26日 16時30分41秒

子供の縄張り争いの政界

      与謝野馨大臣の問責を目指す自民党のなりを見て、下野した反省
      は皆無なのが情けなく、また小沢一郎問題で右往左往している民
      主党幹部もまた然り。
      激変する海外情勢、追い込まれた社会保障問題、山積の問題・・
      政権交代を縄張り争いと勘違いして、相手のミスを誇大に言い張
      り、レベルの低い言語が飛び交う・・・
      私は政治空白を避ける消極的要因と、考え方を変えて「この究極緊
      急時に政党を超えて、財政を立て直そうとしている与謝野馨」と管
      内閣を応援するしか無いのですが・・・

                          2011/01/25
                           眞田


Posted at 2011年01月25日 14時00分54秒

国債

     3年前の年賀状に「政権交代により、日銀が日本国発行の国債を全量
     買い取り開始」と書きましたが、その根拠は太平洋戦争後、アメリカ
     FRBが戦時国債を金融機関から全量買い取り、買い取り代金はドルを
     刷り金融機関から大量に市場に出回り、復興事業の需要に回り50〜
     60年代のアメリカ経済に繁栄をもたらしました。
     日本は戦時国債を処理せず、無価値の紙くずにしました。
     最近のFRBバーナンキ議長は200兆ドル買い取りばかりではなく、
     財務省と組んで規模拡大金融緩和を続けている裏には、戦時国債処理
     と同様な覚悟を決めていると思います。
     それに比べ、我国の日銀は中立性という楯で守るばかりで、日本の窮
     地を身を挺して救う事など頭の片隅のも無いでしょう。
     まさに国家公務員的官僚意識で、小出しのその場しのぎ政策でごまか
     しています。 
     日本のバブル崩壊、アメリカのサブプライムローン崩壊とリーマンシ
     ョクそしてヨーロ危機は何時も述べているように、民主主義と自由経
     済の限界的危機が露呈したのです。
     未曾有のグローバル危機に立ち向かうのか?飲み込まれるのか?
     もう時間切れは迫りつつ間もなくです。
     
                          2011/01/24
                           眞田


Posted at 2011年01月24日 14時56分59秒

 1  2  3  | 次へ