土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売
2010-06 の記事

変わらない世界の破壊デモ

       3ヶ月前のタイのデモ。終了したG20トロントでのデモ。
       現在も世界のどこかでデモがあります。オーストラリアの環境保護
       団体の「日本捕鯨調査船」に対しての過激行動もデモ。
       表現の自由は当然ですが、温和なスタートのデモも過程で過激にな
       ります。
       訴える行動が暴力へと。
       70年安保は学生運動を巻き込み、お茶の水動乱など起こしました
       が、今回の沖縄「嘉手納基地移設問題」では表現を大切にしたデモ
       でした。
       私は辺野古移設問題は日本政府・アメリカ政府挙げての問題解決を
       図れば、地元住民に理解を頂けると思います。
       善良なる沖縄市民もとっても北朝鮮の行動への抑制は必要なはずで
       すし、中国覇権行動はより深刻です。
       平和の尊さを大切にするデモはオバマさんも支持します。

                          2010/06/29
                            眞田

                            


Posted at 2010年06月29日 14時34分50秒  /  コメント( 1 )

円高ながら悲しい現実&...

      旧車好きな私には今の円高が恨めしい☂ドル88円!ヨーロ108円!
      構造偽装問題、サブプライム、リーマンと建設業界にはフック!ボディ
      ボロー、とどめはカウンターパンチと立て続けにKOされました。
      耐え続け、やっと一息が付きだした頃、この円高!!
      手元の資金も減り、恨めしい海外のくるま売買情報を見ています。
      あの名車が・・・円!あのくるまも・・・円!
      まあいいや・・・とあきらめ・・・
      明後日発売のカーグラフィックを眺めます・・・

                            2010/06/29
                             眞田


Posted at 2010年06月29日 14時08分16秒  /  コメント( 0 )

G20

      G20が終了しました。特別な議決はなく、先進国と発展途上国間
      での懸念と摩擦を避ける努力する場になって行くようです。
      CO2問題
      為替問題
      資源問題
      ソブリンリスク問題・・・
      討議すべき問題は数えきれないくらいあるのに・・・
      有名無実の顔合わせです。
      我が国のバブル発生での教訓を探るアメリカ、中国。そのバブル
      を助走させた「プラザ合意」。為替での中国の姿勢は同じ過ちを
      避けようとしていますが、一〇数億人の統制は貧富の差で壊され
      エンドレスの労働者賃金上げ闘争は、限界が見えてきます。

                         2010/06/28
                          眞田


Posted at 2010年06月28日 17時04分14秒  /  コメント( 0 )

熱しやすく、冷めやす...

      ワールド・カップ、ワールド・クラッシック・ベースボールと
      大きな国際イベントや装飾品(ブランドメーカー)など生活用
      品からスポーツまで私たち日本人は、時代に乗り遅れまいと我
      れ先に争うように参加し、所得しようとする国民性です。
      もちろん私もワールド・カップは見てますし、フジロックのス
      タート時にはスタッフで参加していました。
      ただ最近は冷めた訳ではなく、若い人達に参加して欲しいのと
      彼らが作っていくべきだと思います。
      そしてもう一つの国民性での問題だけではないでしょうが、参
      議院選挙での小党の乱立。
      子育ては何年も一日一日の試行錯誤です。親子で成長して行く過
      程が大切で、愛する我が子に押し付けるのではなく、親ならでは
      の観察で我が子の特性を活かす将来を見つめる事ができればと思
      います。  そう政治もそう! 日本サッカーも!
      急ぐ結論は後で後悔します。

                         2010/06/28
                          眞田  
      


Posted at 2010年06月28日 13時56分40秒  /  コメント( 0 )

社会保障と高齢化

      出生率が向上せず、高齢化がますます高くなる今「赤いちゃんちゃんこ
      世代」について以前書きましたが、日本航空再建問題がすべてを物語っ
      ています。
      今、定年は70歳にしようと関係官僚がもくろんでいますが、私は60
      歳で定年、その後は嘱託契約で給与を若い世代の人達のために下げ、仕
      事も同様にすべきです。
      また60歳後、退職して福祉関係など、若い世代より人生経験が必要と
      されている半ボランティア活動で年金とあわせれば、生活維持はできる
      はずです。
      一般企業を希望の方は、コンビニ、スーパー、デパート、駅員、郵便局
      銀行など業務対応に経験を求められ、半公共的サービスには最適です。
      赤いちゃんちゃんこ世代が、従来の仕事にしがみつくのではなく、過去
      の栄光を活かすために、新分野でチャレンジしていけば若い世代も同様
      に活躍・行動して正規就職して高齢化社会を支えていきます。
      高齢者が道筋を示すべき時です。

                            2010/06/26
                             眞田


Posted at 2010年06月26日 11時16分41秒  /  コメント( 0 )

ティータイム


     ビニャーレ・デザインのマセラティ3500GTスパイダー
     ピニンファリーナ・デザインのフェラーリルッソ

                     2010/06/25
                      眞田


Posted at 2010年06月25日 15時22分47秒  /  コメント( 0 )

裏道こそ花を

       これから夜時間が長い夏ですが、犯罪も多くなる季節です。
       大通りは街路灯が多く、安全性がありますが、一歩入った裏
       道は照明施設が少なく、心細い経験は皆さん体験されている
       ことが多いでしょう。
       また心ない人達が生活ゴミを投棄するのも見かけます。
       地域の場所柄と結論してしまうより、たまに見かける下町地
       域の方々が、植木などで緑の眼の保養を提供されてきれいな
       道にされている地域は、犯罪が少ないようです。
       各地域の行政機関で率先して「裏道・花路」を考えるべきです。
       日々の管理は私たちが奉仕すれば良いのですから。

                         2010/06/25
                          眞田
       


Posted at 2010年06月25日 11時39分40秒  /  コメント( 0 )

高齢者用のプレゼンス

      私たちの日常生活を支えている、スーパーやデパートなど購買する
      施設や集合施設、そして娯楽を楽しむ施設、TV、雑誌などはほとん
      ど中学生前後から中年までをターゲットにして作られています。
      移動の電車のつり革の高さ。
      公衆トイレ入り口の段差。
      駅の最新の切符販売機とルートマップの乱雑。
      そしてIC改札口。
      歩道と言えない狭さ・・・移動だけでも沢山の不便施設。
      そして地域デイサービスと公園の貧しさ。
      一方的な情報発信とタレントのばか騒ぎ番組。
      
      ロンドンで体験した大勢のお年寄りが楽しそうにしている昼間のパブ。
      広い公園のベンチでの読書、その脇に寝そべる愛犬たち。
      ハロッズ前のお年寄り専門のティールーム。
     
      もちろん日本の悪いところばかり書きましたが、これからの高齢化社
      会と今進んでいる人工的再開発施設の矛盾は皆様も気づかれている事
      と思います。

                           2010/06/24
                            眞田


Posted at 2010年06月24日 15時11分05秒  /  コメント( 0 )

クラッシック・ミニの魅力

      先週の土曜日に来年のクラッシックイベントミーティングの出席者
      の(7名)5名がミニを所有、2名も所有経験があり、今でもミニ
      大好きな方々です。
      それぞれの人生をミニと、ともに歩んで来た歴史があり思い入れも
      多くの記憶を積めて来ています。

      私も数台のアルファとローバーミニ、63年式オースチン・カント
      リーマンに乗っています。10年後の引退後に重度の自閉症の長男
      とタケ(柴犬)とカントリーマンで日本一周を計画しています。
      仕事柄沢山のくるまに乗ってきましたが、小さいながらも「走る・
      曲がる・止まる」自動車の3原則が確実なくるまで、16年経つロ
      ーバーミニのしわだらけの革シートは、古くても安らぎの空間をお
      ぼえる「小さな居間」です。
      皆さんも一度は乗られた事があると思いますが、「古臭い」と片付
      けられない「小さい」巨人です。

                        


                         2010/06/24
                         眞田


Posted at 2010年06月24日 10時05分06秒  /  コメント( 0 )

また閉店という悲しい...

       くるま関係の書籍販売の「リンドバーグ」の東雲店が来月閉鎖
       の知らせる葉書が来ました。
       京都店も8月で閉鎖のようです。
       出店する地域文化の違いが持続できない理由もあるでしょうが
       「くるま文化」を広める&次代に残す取組みをしている私と友
       人たちには、規模を縮小しても持続して欲しかったのですが。
       欧米で生まれたくるま文化を一度だけのロンドン訪問で感心さ
       せられました。
       現地の各地域の街の本屋さんは、一般書籍、古本屋などは必ず
       くるま関係コーナーがありましたし、小さな専門店は長い歴史
       を教えてくれような空気が包んでくれました。
       利益があればもちろん良いのですが、オーナーが啓蒙を楽しむ
       心がなければ続かないでしょう。

                         2010/06/23
                          眞田


Posted at 2010年06月23日 10時15分17秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ