土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売
2008-12 の記事

本年も色々とお世話に...

      今年は「北京オリンピック」や日本人四名の「ノーベル賞」受賞
      など日本人として感動と誇りある一年のはずが、世界恐慌一辺倒
      のハリケーンで全てが覆い流された一年でした。しかしそのよう
      な時こそわずかな身の回りから、少しの小さな・簡単でも出来る
      事を始めましょう。そして来年の今頃、それが何かのきっかけか
      ら心安らぐ自分を見つけられるかも知れません。
      政治が官僚が、そして大企業の経営者も三流がよく認知された今
      年でしたが、私達庶民にはあと数ヶ月すると春が訪れ、希望を与
      えてくれる事も有るでしょう。
      寒さと現経済を何度も耐えて来た、懸命な日本人である限り!

                         2008/12/29
                          眞田


Posted at 2008年12月29日 13時20分55秒

クリスマス!

       世界恐慌に突入してから初めてのクリスマスウィークです。
       キリストとは無縁の人が多い日本ですが、商人の商魂が煽る
       馬鹿騒ぎのイベントと化していましたが、皮肉にも世界恐慌
       のおかげで街の様子が久しぶりの静けさです。
       今年から愛する家族と本当のクリスマスを送りましょう!
       「常に慎ましく!」「常に、すべてに優しく!」
       ささやかでも家族とクリスマスの由来を語る素晴らしい夜を!
               メリークリスマス!




                         2008/12/24
                          眞田


Posted at 2008年12月24日 14時21分20秒

ライブハウスはかく有...

      最近、久しぶりにはまっているお店が有ります。名はウエスタン
      「バンジョー」です。文字どうりウエスタンミュージックのライ
      ブハウスです。オーナーは私より2歳先輩ですが、同世代の環境
      下で話題がつきません。また私の仕事柄、和歌山県内の製材所と 
      取引が当社創立者故人も含めると60年以上有るのですが、オー
      ナー&マスターのご出身も和歌山県です。
      席は長いカウンターのみ!
      出演者の方で73歳のバイオリンリスト!
      お酒はバーボンのみ!
      チャージは2000円+ライブチャージ3000円=5000円!
      リクエストok!
      そして極めつけは、誰でも歌える!!
      中央区銀座6−3−8銀座広信ビルB1
      03(3571)5230
      http://www.r-two.jp/shopinfo.asp?shopid=1325


Posted at 2008年12月18日 10時35分06秒

鳥インフルエンザより...

      人類が初めて遭遇する、グローバル経済危機と想像を超える
      世界恐慌。その感染力は日に日に拡大の大きさと、スピード
      破壊力を増して二倍、三倍と超スピードでグローバルに世界
      を覆いだしています。常に出会う人さえ、合うたびに気落ち
      していく様子が伝わります。
      「どうなるのか?」「どうすれば?」「・・・」
      アメリカや日本の一部評論家は「来年後半より持ち直してく
      るだろう」と、希望的観測が見られますが、希望的観測?
      私達日本人が経験した「バブル崩壊」では土地資産価値は値
      上がり前の価格か、それより少し下落して落着きました。
      世界の金融資産が高騰以前の価格に戻るまでの期間の長さが
      ひとつのポイントなのかもしれません。

      それだけで判断は出来ませんが、パニックがパニックを呼ぶ
      現在の人間心理状態では、アメリカより英国のほうが深刻で
      はないでしょうか。
      金融グローバリゼーションの発祥の地であり、70年代の高
      インフレ、失業者・・・と悩める英国は自動車業界だけでも
      オースチン・トライアンフ・モーリスなどの統合や、売却を
      あらゆる産業の放棄をし、規制緩和を押し進め、金融業国家
      の繁栄を16年以上してきました。その象徴シティー、それ
      はバブルの証です。そしてその感染は先進国を通り越して、
      中近東のドバイ・中国の上海・マレーシア、ロシア、韓国等
      ローカル金融地域に広がり、その結果来年はアフリカなど経
      済基盤が弱い地域に押し寄せます。
      とてつもない高い掛け金で「ババ抜きゲーム」で狂乱してた
      先進国の金融業界人。そしてそれらに群がって儲けていた、
      日本やドイツ、中国らの輸出産業国。
      金融商品が暴落すれば、資源商品を買いあさり、
      「食料危機」!
      「資源高騰」!
      それらの煽りの恐怖と危機はすべての弱者へと生命の源を揺
      さぶったのは、昨年から今年のつい先後です。
      世界中に感染が蔓延して、「来年後半から良くなる・・・」
      そのような評論は「弱者犠牲」の観点を見ず、無責任な話で
      す。
      また毎日報道されている「従業員と契約社員の解雇」はそ人
      々や家族の生活は勿論、消費、納税・・・と経済活動の源さ
      えいとも簡単に奪うような時代が逆戻りした行為は、製造メ
      ーカー自身のポリシーも感じられない愚策で、他の一般国民
      労働者も巻き込んで、経済生活を破壊しその製造メーカーへ
      のしっぺ返しとなるでしょう。
      しかし、自由経済活動を享受している経済界人の経営者や経
      営陣は僕のような凡人より、高度な教育を受け、豊かな人生
      を過していれば、今回の・今日の状況は予測できたはずだし
      15年前後の貴重で大きな経験をしていたのに!
      古今を問わず、規模を問わずリーダーは「ビジョンとポリシ
      ー」を持ち、それを働く人々に伝える努力をすべきです。
      働く人々は会社の原動力であり、会社の財産です。そしてそ
      の家族の生活を守る義務があるのです。
      終身雇用制時に恩恵を受けた現経営陣の、今回の出来事は責
      任放棄、あるいは自己責任は何かと思わないのでしょうか? 
       
      世界の先進国は自国だけ、自社だけの救済でなく、世界の隅
      々の現状況を把握し、未来への視点を見据えてこの危機の乗
      り越える努力をすれば、次の時代が見えてくるのではないで
      しょうか。
      
                       2008/12/15
                        眞田 


Posted at 2008年12月15日 14時48分25秒

Works CONRERO

       去年より計画していた、「一般貨物自動車運送事業」の許可書を
     10月に頂きました。青ナンバー変更や運転適性検査などの準備が
     ようやく今月中に整います。
     「斜陽産業の木材界」と「負け組のゼネコン」という二重の「負」
     の業界でも努力と機転で活路が有ると思いながらも、今回の世界恐
     慌のハリケーンはあまりも規模が大きく、零細・中小企業は前途の
     展望が見えない状況です。
     「サブプライムローン問題」は昨年の5月に起きました。その時に
     頭の回転があまり良くない私が以前から「多種産業の足腰」に参入
     している運送業ととらえて、上記で述べたように狭められた私達の
     業界からの「視野」を広げるための第一歩として運送業を考えまし
     た。半年懸命な試みをしながら営業をしていきますので、よろしく
     御願いいたします。
     名つけて(株)愛和 運輸部 Works CONRERO!!
        
                         2008/12/05
                          眞田


Posted at 2008年12月05日 17時00分07秒