土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売

壊れた政治と大震災no2

      本日の党首討論を聞いていて国民不在を通り越して、国会には人の
      痛みが解る人がいないと思ったのは、私だけではないと思います。
      「私なら、私達なら・・・する。・・・提案する。・・・対案する。」
      と現実に沿った対応、行動が谷垣氏や、山口氏からも聞かれません。
      管さんを下ろす原因もよく解りません。
      ただ自民党政権時の応援団だったゼネコンや大手企業は、復興委員会
      の代表が世界的建築家では、自分たちに仕事が来ないから管降ろしに
      動いているのです。
      また福島原発事故収束後に過去の調査が徹底的に行われると、自民党
      から、あるいはダークな0沢も賄賂が暴かれます。
      そして今だに政権交代を認識していなく、人気先取りをしているマス
      コミ達。
      そのための管降ろしですから、私達国民は不幸を通り越して、難民
      状態です。
      もう、完全に壊れた方が良いのか・・・

                         2011/06/01
                          眞田文宏

Posted at 2011年06月02日 07時33分59秒

 
トラックバック一覧