土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売

ドイツと日本の違い

     ドイツ・イタリア・日本の3国は第二次世界大戦後、連合国に圧力で
     原発建設が国策として推進できませんでした。
     例外的に当時の我国で改進党中曽根康弘が、アメリカネオコンリーダ
     ー、キッシンジャーに取り付いて原発メーカーGEの技術支援のもと、
     通産省・電力行政が一体となり推進してきました。
     今回でのドイツ・イタリア(敗戦国)とフランス・ロシア・アメリカ
     など(戦勝国)の立場の違いは60年前の圧力差別が根底にあります。
     福島第一原発事故を複雑な心境でドイツ国民、イタリア国民は眺めて
     います。
     管さんが自然エネルギーに言及して、私達ばかりではなく多くの国と
     人々が安心と希望を感じ始めた様です。

                       2011/05/27
                        眞田文宏 

Posted at 2011年05月27日 17時02分00秒

 
トラックバック一覧