土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売

ジェシ・ウィンチェスター

1944年ルイジアナ州シュリヴポート生れ
1970年、アルバム「JESSE WINCHESTER」をひっさげ衝撃のデビュー。
衝撃の1−プロデューサーは、ロビー・ロバートソン!
衝撃の2−レコーディング・エンジニアは、トッド・ラングレン!
衝撃の3−一曲目(ペイデイ)でザ・バンドでは考えられないロビーの激しいギターワーク(ロリィー・ギャラガーの様に!)そして、エルビス・コステロが1994年発表の「コジャク・ヴァラエティ」で歌う※ギターはジェームス・バートン!
衝撃の4−トラッドの「テネシー・ワルツ」と同名を付け第2の新しいトラッドにしてしまった「ザ・ブランド・ニュー・テネシー・ワルツ」!※マンドリンはリヴォン・ヘレム!(この曲も沢山のアーティストが歌う)

衝撃・何度も「衝撃」と書いて疲れる程、あふれんばかりの大傑作アルバム!すべてが!・・気を取り直して・・1967年に徴兵を逃れカナダのモントリオールに移住。それらの過程において体験、経験が曲作りに表れているデビューアルバム。特にジェシが祖国、故郷を憶い書いた「ザ・ブランド・ニュー・テネシー・ワルツ」は彼なりの現状での辛い立場と新天地での生活環境の寂しさの交錯時に造りだされたと思われる。
 そんなことを考え、彼の歴史を今振り返るとこのデビューアルバムができると解った時、どれ程待ち望んでいたか?どんなにうれしかったか、どんなに自分のすべてをだして表現したかったのか?と!

1972年、2作目のアルバム「Third Down, 110 To Go」以降はアルバムジャケットで写し出されるジェシ本人の優しい笑顔や自身の子供との幸福に満ちた音を伝えている。

JESSE WINCHESTER

デビューアルバム(1970年)
SIDE ONE
PAYDAY
BILOXI
SNOW
THE BRAND NEW TENESSEE WALTZ
THAT'S A TOUCH I LIKE

SIDE TWO
YANKEE LADY
QUIET ABOUT IT
SKIP ROPE SONG
ROSY SHY
BLACK DOG
THE NUDGE

参加アーティスト
BOB BOUCHER, DAVID REA, KEN PEARSON, DAVID LEWIS, GUY BLACK, AL CHERNEY, LEVON HELM, ROBBIE ROBERTSON, TODD RUNDGREN

THIRD DOWN, 110 TO GO

2作目(1972年)
SIDE ONE
ISN'T THAT SO?
DANGEROUS FUN
FULL MOON
NORTH STAR
DO IT
LULLABY FOR THE FIRST BORN
MIDNIGHT BUS

SIDE TWO
GLORY TO THE DAY
THE EASY WAY
DO LA LAY
GOD'S OWN JUKBOX
SILLY HEART
ALL OF YOUR STORIES

参加アーティスト
AMOS GARRETT, ANDRE BENCIOU, DOUG SCHMOLZE, CHARLES VIBER, GORD FLEMING, BOB BOUCHER, GENE COTTON, N.D.SMART, RON FRAKEL, SAM KELLY, DON ABRAMS

learn to love it

3作目(1974年)
SIDE ONE
WAKE ME
EVERY WORD YOU SAY
HOW FAR TO THE HORIZON?
L'AIR DE LA LOUISIANE
MISSISSIPPI, YOU'RE ON MY MIND
THIRD RATE ROMANCE

SIDE TWO
DEFYING GRAVITY
TELL ME WHY YOU LIKE
ROOSEVELT
PHARAOH'S ARMY
LAISSE LES BONS TEMPS ROULER
THE END IS NOT IN SIGHT
I CAN'T STAND UP ALONE

参加アーティスト
AMOS GARRETT, JOHN RIGBY, etc

LET THE ROUGH SIDE DRAG

4作目(1976年)
SIDE ONE
LET THE ROUGH SIDE DRAG
DAMNED IF YOU DO
STEP BY STEP
LAY DOWN YOUR BURDEN
EVERYBODY KNOWS BUT ME
BLOW ON, CHILLY WIND

SIDE TWO
WORKING IN THE VINEYARD
HOW ABOUT YOU
IT TAKES MORE THAN A HAMMER AND NAILS TO MAKE A HOUSE A HOME
AS SOON AS I GET ON MY FEET
THE ONLY SHOW IN TOWN
THE BRAND NEW TENNESSEE WALTZ

参加アーティスト
MARTY HARRIS, CHRIS CASTLE, BOB COHEN, MAURICE BEAUCHAMP, RON DANN, CARLISLE MILLER, BRUCE MURCHISON, KEN PEARSON, DON HABIB, BIB LUCIER, LORRI ZIMMERMAN, SHARON RYAN, PAUL BUTTERFIELD

NOTHING BUT A BREEZE

5作目(1977年)
SIDE ONE
Nothing but a Breeze
My Songbird
Seems Like Only Yesterday
You Remember Me
Twigs and Seeds

SIDE TWO
Gilding the Lily
Bowling Green
Pourquoi M'Aimes-tu Pas?
It Takes a Young Girl
Rhumba Man

参加アーティスト
Marty Harris, Dave Lewis, Bobby Cohen, Ron Dann, Michy Skaggs, Rcky Skaggs, Tom Szczesniak, Jon Clarke, James Burton, Glen D Hardin, Nick deCaro, Emmylou Harris, Herb Pederson, Anne Murray, Dianne Brooks, NicoletteLarson

TALK MEMPHIS

6作目(1994年)
SAY WHAT
BABY BLUE
LESLIE
HOOT AND HOLLER
IF ONLY
SURE ENOUGH
I LOVE YOU NO END
LOT GO
RECKON ON ME TALK MEMPHIS

参加アーティスト
Donald Brown, carl Marsh, Eddie Fisher, Blair Cunningham, Steve Cobb, Willie Mitchell, Walter Person, Michael Toles, Erma Shaw, Cindy Farr, Elizabeth Smith, Gary Burke, Brad Stahl

復刻シリーズ「Third Down, 110 To Go」で中川五郎氏が書かれているように、孤独な緊張感溢れる若き日のポートレートたるファーストアルバム発表後の作品は、満ち足りた家族愛のポートレート作品が続く、それはレコードジャケットからも伺い知ることができる。
それらを10数年振りにレコード針を落とすと、2作目の「THE EASY WAY」や4作目の「THE ONLY SHOW IN TOWN」等、小宝石の美しい輝きの名作と5作目での「Twigs and Seeds」「Rhumba Man」などはロビーロバートソンがプロデュースすれば、1作目の「PAYDAY」のようなロックンロール作品と彷彿される名曲が詰まっている。
そして僕がジェシから最高のプレゼント曲が5作目の「PourquoiM'Aimes-tu Pas」。カントリィー、ブルーグラスはイギリスの宮廷音楽や民謡をアメリカ移民から受け伝え、アメリカン・ミュージックの基となったのだけれども、「Pourquoi M'Aimes-tu Pas」はイギリスはもちろん、ヨーロッパのかおりも感じさせる傑作!この曲を聴く度に音楽の持つ広がりの美しさにあらためて感動する。
2003/07/07 眞田

Posted at 2008年07月08日 13時00分00秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*