こげら会のブログです
メインメニュー
2017-04-02 の記事

3月21日と4月2日の国際...

今回は国際デーについてブログで紹介します!

国連が定めた国際デーとして、
3月21日は「世界ダウン症の日」
(http://www.jdss.or.jp/321/)
4月2日は「世界自閉症啓発デー」
(http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/)
の二つがあります。

普段仕事で関わることが多いので、
私は毎年、この3月21日と4月2日には、
これまでの自身の支援を振り返ったり、
改めて考え直したりするようにしています。
世の中の理解が少しでも深まることも、切に願います。

様々なイベントが世界各地でそれぞれ行われるので、
宜しければ公式サイトをチェックしてみてください★

毎年日本では、世界自閉症啓発デーの4月2日にあわせて
その日だけ特別に東京タワーが青く光ります。
障害の有無に限らず全ての人達が、
分け隔てなく、混じり合うような世界になることを願い、
「癒し」や「希望」などを表す青色でライトアップされるようです。
素敵ですね^_^

ただ、「理解を求める」ことへのハードルの高さを、
昨年起こった相模原市障害者施設の事件で痛感しました。
なぜなら、知らない人・ものについて、
興味がない人にとっては、理解が難しいからです。
当たり前ですね…

そもそも、障害者福祉に興味が薄い方が多くいます。
まだまだ身近な話題にはなっていないのです。
無関心は時として怖さを感じます。

いろいろなSNSを見てみると、
なんと犯人の動機に共感できる人も、少なからずいるようです。
衝撃的でしたが、これが現実です。
なんて哀しい社会でしょう。生きにくい世の中ですね。
でもこの社会が、私たちが暮らす、日本なんです。

障害の有無に限らず、全ての人は尊い存在であり、大切な命です。
いらない命なんて決してありません。誰もが憲法で守られた命です。

いつまでこんな当たり前のことを言わなければならないのでしょう?
あの事件から悲しくてたまらない。そして悔しい。
自分がこれまでやってきた事が全否定された気持ちでした。

亡くなった19名の方のご冥福をお祈りするとともに、
私はこれからも仕事を通して、
世の中の多くの人に、まずは知ってもらえるように
どんどん外に出て、外出を楽しみたいと思います。

この事件をきっかけに、もとい、国際デーに合わせた啓発から、
私にできることって何だろうとずっと考えた時、
最初に思ったことは、ガイドヘルプの制度を存分に使い、
堂々と外出をして、一緒に楽しみたいということでした。
きっと楽しくお出かけを楽しんでいれば、
周りの視線・目線、価値観も変わってくるはずです。

私はそう強く信じています。
そして、これからもご利用者の人生を支援していきたいと思います。
(fu-chann)

Posted at 2017年04月02日 09時22分07秒