こげら会のブログです
メインメニュー
2016-06 の記事

ぽこあぽこ6月のおやつ...

いよいよ梅雨も本番。スッキリしない天気が続いていますね。
梅雨の雨雲も吹き飛ばす、元気いっぱいなみなさんの様子をお届けします♪
6月のおやつ作りはパフェ!
実は普通のパフェだけではありません。一体どんなパフェを作ったのかな??

Posted at 2016年06月30日 13時55分57秒

Impossible Is Nothing...

今回のご利用者は、突発的な行動(走り出しや飛び出し)が多く、待つことが苦手、外出中に飲み物を一番多い時で20.本くらい飲むという方でした。
行動面に対応が難しいこともあり、2名の支援者が付いて外出するという形が何年も前から続いています。

喉が渇いたから飲むというのではなく、不安感を解消するために依存的に飲む傾向がありました。お腹がパンパンになっても飲み続ける、飲まずにいられない、見ていて辛い光景でもありました。
ただ、ここ最近は本数がどんどん減っていて、4、5本で済むことも多くなってきました。この日は、いつも行っている温泉へ行きました。

ご自宅の最寄駅に着いて、最初の飲み物、ポカリスエット1本を購入。
飲み終わって、ちゃんとラベルを剥がし、分別してゴミ箱に捨てました。

電車の中では、ずっと笑顔。2人のヘルパー(この日は男性と女性)の顔を確認しながら、外の景色を眺めていました。いつもは不安そうな声を出して、ヘルパーに何かを確認してくることがありますが、この日は目的地まで一度もそんな声を出しませんでした。

温泉の場合、男性ヘルパーと一緒に入浴、女性ヘルパーは外で待っています。
いつも数分で出てくることが多いのですが、この日はのんびり50分くらい入浴、さっぱりとした表情で出てきました。

2人のヘルパーと手を繋いで、三階のレストランに移動。
昼食は、もりそばとフライトポテト。
入浴後のそばが、最高の御馳走のようです。

 いつもは、判で押したように昼食後に飲み物を買いますが、飲み物の要求はありませんでした。たまたま温泉の受付でもらった「おつまみ」(ナッツが何種類か入っていました)に気が行っていたのかな?と思っていると…

帰り道のいくつもの自販機にも、全く気にする素振りはなし。
ずっとニコニコ笑顔で、まっすぐ帰宅しました。

史上最少(?)の1本という大記録。お母様も驚くと共に喜んでおられました。
かつては不可能だと思われたことが起こったのです。

ガイドヘルプの経験を通して、多くのヘルパーとの関係性を築けるようになったことで、不安を感じることより、楽しめることが多くなってきたのかなと思いました。(michel)

Posted at 2016年06月27日 09時00分00秒

経営数値報告 2016年...

ユニークで全国どこにもない収益構造を確立
こげら会と福祉の領域の他の法人は収益構造上次の違いがある
‖燭は施設事業中心。入所、通所更生施設、生活介護、児童発達支援、児童放課後。こげら会は年間収入3億を超える法人であるが、居宅事業がその5割を占める。この居宅事業に収益力を持ち、これだけの規模(比率)で展開している法人はほとんどない。
∋楡濟業においては、定員というものがあり、収入は1年めか2年目で頭打ちとなる。施設事業というのは利用者に対して支援を頑張っても頑張らなくても行政から貰える給付額は同じである。努力が報われないのである。
ところが居宅は事務所を設けるとか、通常の民家と同規模のホームを持ては、収入も剰余金も増やし続けることができる。収入に天井がないのである利用ニーズは待機という状況が続いているのでヘルパー獲得のマーケティングがポイントである。
い修琉嫐で、こげら会は生命線として攻めの二つのヘルパー養成講座を有し、自前テキスト(含映像教材)、演習教材、自前講師、自前運用、自前営業している。努力が報われるのである。


完全ホワイト法人化。ブラックと言われかねない曖昧なものは100%ゼロに。
,燭斉きなし。超過勤務100%支払い
超過勤務平均20時間以下
正職員平均給与、他業界に比べて10万円低いと言われる福祉業界にあって、2015年度実績   237,367 円。これに宿直超過勤務手当は合わせて平均30,000円。全業界の正職員平均給与2013年度
292,250円。宿直は超過勤務ではないので、これも含めると4万円差.。2024年度286,698円。5,500円差。さらに詰めていく。他業界と比べて、福祉業界は月給が10万円低いというのは、ケアこげらに限っては言わせない。2016年度昇給額平均12,680円。退職金は40年以上勤務で2500万円の見通しを2024年度以降入職の職員で実現する。それまでは積立金の段階的引き上げ

Posted at 2016年06月24日 10時21分42秒  /  コメント( 0 )

待ちに待ったお出かけ...

今回のご利用者は、お喋りは好きなのですが、こちらから話しかけると、あまり反応してくれません。問いかけ続けると機嫌が悪くなることもあります。
なので、こちらからの会話は簡潔にして、ご利用者のペースに合わせます。
成人の方(22歳)で、就労されていますが、仕事についての話はほとんどしません。学生の頃の友達との思い出話が多いです。

毎回、行き先はご本人が事前に決めています。
先月から駄菓子屋ゲーム博物館コンタ村という所にずっと行きたかったが、体調があまりすぐれなかったので、なかなか行けませんでした。

電車に揺られて50分、駅から少し歩くと目的地に到着。
館内は昭和二十年代のレトロゲーム機が小さな部屋にびっしり置いてあり、外観はボロボロでしたが、良くメンテナンスされていて、問題なく稼働しています。

私は5分くらいで飽きましたが、ご利用者は一時間半ほど、存分に楽しんでいました。
その後、昭和の香りがするレストランで野菜蕎麦を食べて、その後も一時間ほど楽しんでいました。

ゲーム機で稼いだコインを駄菓子に引き換えて、この日の戦利品をゲット‼
巣鴨駅を出てすぐのガリバー(量販店です)に向かって出発しました。
大好きなトミカを一つ、自分のお小遣いで購入して、大満足の様子。

そのあと、先日ニュースで見たという、バスタ新宿見学に向かいました。
バスタ新宿は新宿駅にできた新しいバスターミナルです。
ターミナル内を見て回り、気になるエレベーターも見逃さずチェック‼

体調不良の間、できなかったことをフルコースで満喫して、満足顔でご帰宅です。

ご利用者自身で決められた行き先に付き添ったかたちですが、最低限のサポートと配慮で、楽しく安全な外出を支援することが大切なのです。(lee)

Posted at 2016年06月20日 09時00分00秒

Earth,Wind&Softcr...

この日は車いすの女性ご利用者と、こどもの日で賑わう、昭和記念公園に行きました。
人とかかわるのが大好きで、電車内で赤ちゃんを見つけると声をあげて大喜び!
つられて赤ちゃんもお母さんも、ヘルパーも、みんな笑顔になりました。
 
公園に到着後、まずは公園内を一周するパークトレインへ。車いすの方は、車掌さんがいる一番後ろの特等席に座ることができます。
雲ひとつない青空と新緑の中を、約45分かけて1周します。ご利用者は涼しい風に吹かれ、さわやかな笑顔を浮かべていました。
 昼食は持参したお弁当をパラソルの下で食べます。
食べ始めた頃、隣で『よしもと芸人大道芸』というイベントがはじまりました。
音楽に合わせて皆で手拍子!技が決まると拍手~!
食べるのが大好きなご利用者も、食事の手を止め、一緒に拍手をして喜んでいました。
 
せっかく良いお天気なので、車いすを降りて少し散歩(歩くことはできます)。
すると、車いすを降りた途端、ヘルパーの手をぐいぐい引っ張っていきます。
その先には・・・。ソフトクリーム!!

初夏の陽気には冷たいソフトクリームがぴったり。
ペロリと食べてしまいました。
 たくさん遊び、ソフトクリームも食べて満足そうなご様子でした。
ご利用者も満足そうで、私も充実したゴールデンウィークでした。(mika)

Posted at 2016年06月13日 09時00分00秒

Final Answer【スタッ...

今回のご利用者は、目が不自由になられた方で、視覚情報支援も必要とされます。
知的には軽度の方なので、言葉のコミュニケーションには、ほとんど困りません。

この日は最初にマクドナルドに行き、昼食を購入(チーズバーガー2個とコーラ)。
コーラをLサイズにしたい意向でしたが、少し量が多いので、Mサイズにしてもらいました。
するとご利用者は、どうしたらコーラのサイズをLにできるかと、聞いてきました。
「そうですね、もう少し痩せたら・・・」と返しました。
※少々肥満気味の方です
ご利用者はそれ以上何も言いませんでした。
食事中、ご利用者が「首を50メートルまでに伸ばしたい」と言いました。
「人間には難しいですね」と返しました。
「じゃあ、妖怪になりたい」と言ってきたので、その流れで少し妖怪の話をしました。

昼食後は、ブックオフで買い物。アニメ「銀魂」のDVDを探します。
気になったDVDの内容を私が読み上げて、買う物を決める材料にします
そして、5,000円くらいのDVDを選びました。
月のお小遣いが決まっているので、ちょっと高いかなと思い、ご利用者と話をしました。

「5000円分はちょっと高いですね、もうちょっと安いDVDが方は良いでは?少しお金を残して、次回に買うときにも残しませんか?」と提案しましたが、応じる様子はありません。

質問を変えて、もう一度こう聞いてみました。
「欲しいものがあったら、自分のお小遣いを使いますよね。この5,000円は後で◯◯さんのお小遣いからもらいますね。今日持ってきた1万円の半分です。それでも良いですか?次のお出かけで使えるお金が少なくなってしまいます」

すると、ご利用者は30秒ほど考えました。
出てきた答えは「お願いします」(※これを買いますの意)、レジに向かいます。
しかし立ち止まって「ちょっと待って、さっきのところに戻って、もうちょっと考えます」
もう一度かんがえましたが、今度の答えも「はい、お願いします」
私は「では、お会計します。後悔はしないですね」、ご利用者は「はい」とファイナルアンサー!!

 こちらから、情報や提案、選択肢を提供し、自己決定を尊重する。
 支援において最も大切なことの一つです。(king)

Posted at 2016年06月06日 09時00分00秒