こげら会のブログです
メインメニュー
2010-01 の記事

ガイドヘルパー養成講...

ガイドヘルパー養成講座のお申し込みは、資格は何も持っていなくても受講可能です。受講修了後は、知的障害児者のガイドヘルプに全国どこでも入れるようになります。

2月コース
講義  2月13日(土)、20日(土) 9時30分〜17時00分
演習  2月27日(土) 9時30分〜17時00分
場所  三鷹市市民協働センター(東京都三鷹市下連雀4−17−23 JR三鷹駅下車南口徒歩15分)
定員  40名
受講料 12000円(学生6000円)

3月コース
講義  3月13日(土)、20日(土) 9時30分〜17時00分
演習  3月27日(土) 9時30分〜17時00分
場所  むさし府中商工会議所(府中市緑町3-5-2 京王線東府中駅徒歩1分)
定員  40名
受講料 12000円(学生6000円)

4月コース
講義  4月17日(土)、18日(日) 9時30分〜17時00分
演習  4月24日(土) 9時30分〜17時00分
場所  東大和市民会館ハミングホール(東京都東大和市向原6-1)定員  40名
受講料 12000円(学生6000円)


↓↓お申し込みお問合せはこちらのフォームより↓↓

お申し込みはこちら

お電話は


研修終了後はケアこげらのガイドヘルパーとして登録することが可能です。
現段階のサービス提供市区
武蔵野市、西東京市、小平市、小金井市、東大和市、三鷹市、府中市、調布市、国立市は全域。狛江市および 立川市、東村山市、世田谷区、杉並区、練馬区の一部。お近くにお住まいの方ぜひご検討ください。

〒202-0023 西東京市新町1-14-10

知的障害児・者ガイドヘルパー募集
時給 移動支援 身体介護なし1100円、身体介護有り2000円(但し1時間半以降1100円)
行動援護 2000円 有給休暇
資格 ホームヘルパー3級以上、知的障害児・者ガイドヘルパー養成講座修了生 行動援護は知的障害児者支援の実務経験2年以上(暫定措置として現在は1年以上)も必要

Posted at 2010年01月23日 18時14分30秒  /  コメント( 0 )

正職員2名追加採用し...

男子正職員2名採用しました。新卒1名と合わせて、男子3名の戦力アップとなります。

Posted at 2010年01月23日 17時01分42秒  /  コメント( 0 )

ガイドヘルパー 2010...

知的障害児・者支援ケアこげらのブログです。
コミュニケーション戦略実行の年に     2010年1月9日 理事長 箕田一裕

2010年の年頭にあたってごあいさつ申し上げます。現在長期構想を見直しながら、次年度事業計画を立案中です。
                             
SWOT分析というマーケティング手法があります。その中で私たちはケアこげらの強み(Strenth)を次のように整理しています。  
〕用者基盤・ヘルパー基盤
行動障害を含む重度知的障害者のケアを積み重ねていること
I兵全浜システム(サービスの質を積み上げる力)。標準化(文書化・マニュアル化)
ざ戯牴宗壁疂弉宗砲領蓮畛抉臚睛討鮨鴫修垢詢蓮M念・方針・手法を、さらにオリジナルテキストとして、検証と徹底                                サ鐶陲箸いε験をスピーディにでき収入の上限のない事業が中心である。
高い評価をいただいているガイドヘルパー養成講座と行動援護従業者養成講座を有しているため、攻めの営業展開が可能である   
Ъ由度が高い。縛りがない。 

NPOというと、ボランティア団体より組織整備を少し進めているくらいのものという認識をしている方が多いように思われます。こげら会は事業NPOであり、立ち上げ以来、ほぼ狙った通りの事業を立ち上げてきて、今年度収入にして1億2100万円を見込めるところまで来ました。将来へ向けて安定的な成長性も見込めます。報酬もボランティア水準と思われている方もいるかもしれませんが、実際には、職員の給与+賞与水準は、東京都に福祉業界の平均よりは高くしています。また、この領域は、利益率は高くはないが倒産リスクは極めて少なく、不況には強い。何より利用者の笑顔に手ごたえを感じながら、確実にスキルを高めていけます。ネガティブキャンペーンが多く聞かれる福祉業界ですが、大きなメリットもあるのです。こんなことをもっと広く伝えていく必要があります。

現段階のケアこげらをまとめて表現すると、「人を育てる仕組みも含めて、多拠点展開へ向けての事業ノウハウパッケージは高いレベルで整っているが、人(職員)、物(物件)、金を調達できないでいる」 だからこそ利用者(物件)、銀行(資金)、学校(採用)、地域(物件、採用)に対する発信力(コミュニケーション力)を高めていく必要があるのです。

Posted at 2010年01月13日 16時22分00秒  /  コメント( 0 )

ガイドヘルパー正職員...

知的障害児・者支援ケアこげらのブログです。
正職員を募集します。急いでいます。身体障害者の支援の経験のある方を希望しています。電動車椅子も使用されている方なので、体力は必要です。月給は20万円程度。社会保険、有給休暇、交通費支給、賞与60万円程度。詳細は面接で決定します。もちろん知的障害児者の支援にも入っていただきます。

正職員では無理だが、週2日以上は入れますという方もご連絡お待ちしております。やはり身体障害、知的障害両方支援に入れる方を望んでいます。

問合せ先:ケアこげら西東京事務所 採用係 電話0422-52-3103 面接時には履歴書をお持ちください。

Posted at 2010年01月10日 13時26分21秒  /  コメント( 0 )

ケアホーム・グループ...

知的障害児・者支援ケアこげらのブログです。
1月4日ケアこげらの短期入所の投稿において、ケアこげらでは今、宿直もできる職員・ヘルパーが50名いることをお伝えしました。残り210名のヘルパーに対しても、この2月に説明会&研修をしますので、もっと増えると思います。

地域において資源がないために、ケアホーム・グループホームを親の会で立ち上げようとする動きがよく見られます。NPOを設立して、自分たちで運営していこうとするものです。考えておくべきことが二つあります。
.吋▲曄璽燹Ε哀襦璽廛曄璽爐蓮⇔ち上げよりも事業を継続することの方が難しいということです。わがケアホーム宙でも2名の正職員と5名の非常勤が利用者のお世話をしています。万一急に2名が辞めると言い始めたらどうするかです。ガイドヘルプと違って一時的にその分サービスを縮小するというわけにはいきません。生活の場ですから。ケアこげらではそういうときに備えて、正職員4名がいつでも替わりに入れるよう、ときどき宿直に入っています。また他にも宿直のできるヘルパーが40名以上いて、その中には食事・掃除・洗濯も即戦力という方が多くいます。
強固なバックアップ体制と世話人供給源を有していることが、ケアこげらの強みなのです。
△發Π譴弔蓮⊃討硫颪立ち上げると、どうしても守りに入ります。自分の子どもだけはこのホームに居続けるんだと主張するのです。しかし折り合いのつかない利用者関係はあり得るし、年齢を重ねれば、足が自由に動かないとか身体に変調をきたすということは誰にでもあり得ます。階段をあがれる利用者が少なくなれば、誰かが出ていかないといけないのです。そのときの適正な判断と受けいれ先づくりまで、親が生きているうちにできるとは思えません。
地域において、力のある事業者と協議して、事業者主導で進めてもううほうが懸命と思います。

Posted at 2010年01月06日 16時33分00秒  /  コメント( 0 )

ガイドヘルパー

知的障害児・者支援ケアこげらのブログです。
2010年度の採用試験の日を決めました。とりあえず6月10日(木)と8月12日(木)。共に午前10時から。簡単な作文と面接を行います。履歴書、筆記用具持参のこと。 採用担当 池島

Posted at 2010年01月05日 17時46分13秒  /  コメント( 0 )

ガイドヘルパー

知的障害児・者支援ケアこげらのブログです。
今年は6月と8月に採用面接を行います。それぞれ速やかに内定を出します。簡単な作文と面接で、1日で済ませます。ケアこげらに関心をお持ちの方、ぜひ今後もブログに注目ください。
採用担当 池島

Posted at 2010年01月04日 18時08分01秒  /  コメント( 0 )

短期入所 最も困ってい...

知的障害児・者支援ケアこげらのブログです。
ケアこげらの短期入所は、
〕用者からみたときに、普段慣れている場所で、よく知っている職員・ヘルパー見てくれる
昼間は日中活動に行くことも、ガイドヘルプを使用することも可能なので、余計な実費がかからない。シーツ代1000円のみいただいています。
自立生活に向けてのプログラム
という特色があります。もう一つ短期入所の存在意義として忘れてはならないのは、ぁ峩杁洌貉」があります。この年末年始も、主たる介護者が長期入院ということで、2名の利用者をお預かりしました。3か月の長期戦です。主たる介護者が突然ダウンしたときの衝撃は容易に想像がつきます。主たる生計者は働くことをやめることはできません。父親、行政の頑張りがあり、学校、事業者もカンファレンスを通してよく連携したので、支援の体制を速やかに作ることができました。これまでこうした緊急一時は6件の実績があります。

嬉しかったのは、当初宿直のできるヘルパーは全ヘルパー250名中35名だったのが、今回の2件のケースをきっかけに10数名一気に増えました。2月には、ケアホームと合わせて宿直のヘルパー研修を組み、さらに増やしていきたいと思います。

Posted at 2010年01月04日 17時58分29秒  /  コメント( 0 )