こげら会のブログです
メインメニュー

皓平失踪の顛末報告

 皓平を迎えに18日15時大宮西警察署へ行ってまいしました。改めてお礼法仕上げます。発見されたのは朝9時。路上に疲労困憊して横たわっているところを発見されたそうです。大宮と聞いて、皓平が新宿駅で大宮行きに乗り換えられるはずはないと感じましたが、警察の話では失踪してからずっと歩き続けたのだろうということでした。西荻窪から荻窪へと捜索したときに環八にぶつかり「これを越えられるか」とツイートしましたが、彼はどうやら越えず、環八沿いに北上したようです。保護されてからは、畳がよほど嬉しかったのか、爆睡状態で、どうやっても目を覚ましてくれない、本当は何か飲ませ食べさせようと思ったのだがということでした。警察にもたいへんお世話になりました。

▲両足共に大きな水泡が多数できていた。痛かったろう。「愛は地球を救う」の100キロマラソンも完走できるかも。

 皓平は自宅近くのファミリーマートで、お金がないのに弁当を持ってレジで押し問答したことがあります。またそこの店長が気を利かせてくださって、おやつと紅茶を持たせてくれたことがあります。そこでお腹がすいたらコンビニに寄って、レジに弁当とお茶を持っていくのではないかという期待を抱きました。西荻窪駅近くで極めて有力な目撃情報があったため、私たち夫婦・長男と職員、ヘルパー、利用者親の有志がコンビニにビラまきと聞き込みをしに行ったのですが、すべて不発でした。コンビニに立ち寄ることも駅の改札を突破することもなく、ただ探し続け、歩き続けたのでしょう。

 歩き続ける理由は二つ考えられます。
理由1:皓平にとり自分自身で弁当やおやつを持って帰れるのは近所のファミリーマートだけであり、他のコンビニは別物である。特定の人、場所、場面のみに特定の行動をすることは皓平にはしばしばみられるのです。たとえば生活介護では、皓平は1番好きなおかずしか食べません。2番目に好きなものも食べません。自宅では嫌いなものから順に全部食べます。もともとは嫌いなものから順に食べるというパターンなのですが、あるとき、嫌いなものから順に「食・べ・た・こ・と・に・す・る」とばかりに箸でチョンチョンとつついて、一番好きなものを食べるようになったそうです。
理由2:皓平は「自分の仕事」と認識したら、最後までそれをやりとげようとします。そのかわり、それ以外のことを同時にやるということができません。一つのことに集中しやりとげようとするというのは自閉の方にかなり共通してみられる傾向かと思います。ジグソーパズルでも、仕事でも過大なものを与えると、食事の時間に呼んでも来てくれず苦労します。
 どちらなのかは、皓平にもわからないでしょう。わかっても伝えることはできませんが。

 長男とは「寝ていないし、食べていないし、初日は昼夜雨に打たれている。水分も足りないはず。どこかで疲れきって動けなくなったら通報される」と予測しながら、それでは可哀そうと捜索を続けましたが、最後の予測の通りになりました。


▲尾瀬。富士見峠越えルート。長男と私と。尾瀬を知る人は「なんでこんな小さな子を連れて富士見峠」と思われると思います。理由は私が、易しい沼山峠、鳩待峠、普通の大清水ルートに飽きたから。子連れで、ゆうに10時間は歩き続けました。最後皓平が「がんばるぞー」と「こんな子いるかな」のやだもんか誰かのフレーズを使ってべそをかいた(限界)のでおぶってやりました。山登りは私が好きなのであちこち連れていきました。そのためか健脚です。


▲皓平の成長と容姿の変化。小学校へ。皓平も一所懸命に生きてきました/。

 

Posted at 2012年06月19日 15時04分50秒

 
この記事へのコメント



まずは、ホッと

ホッとさせていただきました。

皓平さんは…鉄道博物館に行ったこと???があれば、乗換も出来たかもしれませんね。
大宮と聞いて、ひょっとして…?
と、思ってしまいました…?
Posted by 爺さん at 2012/06/19 13:49:14



良かった・・・

微力ながら・・・
twitterでリツイート、Facebookに転記して・・・

無事だったと知り、安堵しています。
ただただ、良かった・・・・
Posted by ロックなひろぶ at 2012/06/19 19:01:10



ご無事で良かった・・

皓平さん、ご家族の元に戻られて安堵いたしました。。
TwitterでR/Tさせていただきこちらにも目を通させていただきました。
私は武蔵野市にある、武蔵野東技能高等専修学校出身です。ご存知でしょうか・・
先天性自閉症のお友達と一緒に3年間でしたが一緒に過ごしました。
彼らには我々健常者にはない素晴らしい感性とパワーがあり3年間とても有意義な時間を過ごすことができました。

皓平さんがこれからも家族の愛情の元、元気に過ごされることをお祈り申し上げます。
Posted by 朔 at 2012/06/19 20:39:04



お疲れ様でした

武蔵野から大宮まで歩きでしたか〜。
皓平さんと同じような雰囲気の当方の当事者は、三軒茶屋で行方不明になり、その日の夜中大船で発見。彼の場合は多分246号で大船の文字を発見し、そこまで行けばおばあちゃんの家があると踏んで向かったようです。
時間にして9時間ほど。
たぶんひたすらおばあちゃん地をめざして向かったと思います。
又、府中から館山まで自転車で向かった人。
新宿で行方不明になり岐阜で発見された人。
日野から電車に乗ってなぜか播州赤穂で発見された人等。
いろんなケースがありました。
行方不明の間は親御さんともども不安ばかりがつのりますが、発見された後の当事者の皆さんは、いづれも大冒険の経験によって一回りも二回りも大きな変化を見せてくれます。

10日間行方不明になった人の後は、周囲が過敏に反応し、
「GPSをつけようか?」
「絶対一人で外には出さない」等当事者の行動を監視したり、制限をかける動きもありましたが、それでも周囲は本人の「大冒険」をみんなで褒め、「最終的には何とかなる」と言う変な自信を親御さんも支援者たちもつけ今日に至っています。

今後の対策が、彼の行動を制限したり監視したりすることではなく、行方不明になった時の対策を練る経験となればと願っています。

いづれにしても、本当にお疲れ様でした。
発見されて良かったです!
Posted by 岩ちゃん at 2012/06/19 23:11:57



良かった〜〜〜

皆でたくさん寝て、たくさん食べてください。
台風前に見つかっただけでも、幸運でしたね
Posted by シルバー人魚 at 2012/06/20 10:11:07

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*