メインメニュー
2009-11 の記事

阿修羅からのメッセージ

修羅道とは己との闘いの場面なり


己の中の悪心と戦うという意味ではないぞ

闘いとは己の弱さを認めて慈悲をもつことぞ


慈悲とは己を顧みること 

己の怒りの矛先が何処へ向かっていたのかをよく見極めよ


主の力の拠り所となるはなんぞ?

主の守るべきはなんぞ?


良からぬ想いに取りつかれて主のなすべき事を忘れるなかれ

それこそが真の敗北なり


主が守るのは何ぞ? 

主の成し遂げたきことは何ぞ?


欺瞞から己のなすことを決めてはならん

相手を打ち負かしたいと願うのも結構 

だがそれが何を主に与えるのかよく考えよ


勝利とは満足を得ることぞ 

満足のない勝利は口惜しい 


口惜しさは欺瞞じゃ

口惜しさが残る戦いに決着はつかんぞ


しかしまた決着が尽かぬからこそ愉しみもあるぞ

主は他を通して己と決着をつけていくのだぞ


それは有難きことと感謝せよ 

Posted at 2009年11月15日 00時19分02秒

不動明王からのメッセージ

燃やせ燃やせ、浄化の炎


燃やせ燃やせ、内の感情、内にあるものは外へ出るぞ

外へあるのは内へ出るぞ


戻れ戻れ、己の内へ 

戻れ戻れ、己の肉へ


肉体を貪るなかれ 

肉体をあなどるなかれ 

主の肉はここに在ろうぞ

主の守護はここにあろう

主の守るはここぞ、忘れるなかれ 

侮るなかれ己を、己の依る肉を


小さき灯は人なめらりめらりとゆらりゆらりと昇ってゆく

見よ、感じよ


大きな炎となり主を包むまで、燃やせ燃やせ己の火を

己の炎、点火せい 


炎が包まれば辺りは明るくなろう 

道も照らせよう 


最果てまで照らそうと彷徨うから怖気づくのだ

今を照らせい

ここを照らせい

Posted at 2009年11月13日 03時57分08秒

ハスの花からのメッセージ

高次の意識というものの在り方は、高次だから良い・低次だから良くない

などという差別はしません


地があり・根があり・花があり・その全てで植物が成長するように全ての役割を認めています


根よりも花の方がより偉大だとは言えないでしょう?


あなたが求めるべき真の高次の意識とは、他の人を拒絶したりあれは低能だ

目覚めていない等と馬鹿にするような態度ではありません


真実は幾重にも重なっているものであり人のいる段階によってみえ方が異なります


あなたの真実が他の人にとっても真実だとは限りませんし 

憎しみを抱いている人が悪い結果ばかり生み出すとも限りません


憎しみ、それ自体が自分を苦しめることに気づいた時に

その人は自他への新しい視点を身につけ

深い愛に浸ることができるかもしれないのです


そう、何でも判断して断罪することは意識の拡大どころか 

意識を矮小させてしまうことだと気づきましょう


自分と他人を安らかな気持ちでみる事のできる姿勢

それが真の高次の視点であり、あなたが望む神との合一に他なりません

Posted at 2009年11月12日 02時46分12秒

大天使メタトロンから...

頭の中をクリアにしましょう

要らない考えは捨てましょう


あなたが本当にしなければならないこと 

それはあなたが不安にならないこと 

それだけです


何から先に始めたらいいのか分からない時は

今の自分の一番の不安をまず聞いてあげて下さい

そしてそれを軽くするためのことを一つずつすればいいのです


何からしたらいいのかわからないからとりあえず不安になって混乱してしまう

そのパターンはやめていいのですよと、私はあなたに云います

上手くやろうとか効率よくやろうとか考え過ぎないことです


一つずつ達成する喜びを私があなたと共に味わっているのを知って下さい


あなたは「自分は要領が良くなくて他の人が出来る事も出来なかった」

そう思っているのですね


けれどそれはもしかしたらあなたが他の人よりもちょっと頭が働き過ぎる

情報を受け取りすぎる性質だったからかも知れないのです


だってあなたは自分の世界に浸るのが大得意だったでしょう?(笑)

それは短所だと思っていたかも知れませんがそうではないのです

それは自由に心を飛ばして好きなところへ飛んでいける能力 

つまり現実だけではない世界の遊び方を知っていたということなのですから


あなたはたくさん辛いことがあった時にこそ、そういう想像をしていました

「それは馬鹿馬鹿しい逃げだ」と言う人もあったでしょう

けれど私はそんなことはないとハッキリあなたに云います

想像力こそが最大の未来を切り開く力だということを思い出して下さい

どんな素晴らしい仕事(電化製品の開発・新しい医療の開発など科学的な仕事も)も

こうなったらいいなという想像から始まるのですから 


そうでしょう?


想像する、そしてそれが必ず実現すると信じて言霊を使うこと 

それが全ての魔法の一歩です


もちろんあなた方は現実の世界で想像したことを一つずつ形にして

創造しなければなりません

その間には無駄と思われることもあるでしょう

けれど最初の想像をハッキリさせて絶対にこうする!と迷いなく実行していけば 

あなたの想像と大きくかけ離れたことは起きません 


それはあなたも経験から知っているはずです

それはそんなに大それたことでなくてもいいのです

例えば掃除をしよう!とか、本を一冊読んで自分の糧としよう!とか

些細なことでも全く構いません


思い通りのことを出来たという満足感があなたをより開いて 

私たちのサポートが入りやすい状態に導いてくれるからです

Posted at 2009年11月11日 02時08分59秒

聖ジャンヌ・ダルクか...

何を迷っているのでしょうか?

迷うということはこの道が正しいかどうか判断がつきかねているということ

誰にでも迷いはあります 

私もかつてそうでした

肉体で生きていると感じてる時には、様々な迷いが生じるものです

如何に知恵と勇気に溢れた聖なる道を進む者でさえ、時には迷いが生じるものです

迷いとは疑惑、疑惑とはこれまでの痛みの再体験をしたくないという恐怖心

己の恐怖心の洞窟に入り込んでしまうと果てがないようにみえます…

しかしいずれは光を求めて外へ出たいと思うものでしょう?

そして洞窟に入ったということは出る道も必ずあるということです

そうでしょう?

迷ってしまうこと=出口がないことではないのです

迷っていてもいいでしょう 

けれど洞窟を当てどなく彷徨うよりももっと景色の美しいとことへ移動したらいいじゃないか

そう私は言っているのです

そう、自分が歩いて景色が変わった 

そのことを実感できるのは楽しいものでしょう?

目的地にたどり着くかどうか? 

そこが思っていたよりも素晴らしくなかったらどうしよう?

だったら洞窟に入って景色など見えなくしてしまえ!

なんて自暴自棄になっているあなたをよくみかけます

そのたびに返って歩みが遅くなっていることに気づかずに…

もう、それをやめましょう 

全く違った方向への努力をやめて私と共に光の剣を携えて歩き出しましょう

Posted at 2009年11月10日 02時36分08秒

大天使チャミュエルか...

見出してください全てのものの価値を

善と悪・悲と喜・憎と慈・上と下・大と小・拡張と縮小

しかしてその全てをつなぐのはあなたがたのいうところの愛

愛とは全ての価値を見出すこと 

価値を見出す…あなたがたがすべきことはそれだけ

あなたがあなたという人間の個としての価値を見出す時

それはあなたが他と繋がっていることを思い出す瞬間

他を隔て他を遠ざけていた自分に気づき隔てる事をやめた時

それはひとつとなる

ひとつの源へ還るのです

返還の途中には痛みがあるでしょう

時にその道程の中で己の個を見失いすぎて混乱をきたすものもおるでしょう

混乱は混沌、混沌は無限、混沌から生まれいでる力は悪より強いのです

私の言ってることがすぐに理解出来なくともかまいません

あなたは破壊を繰り返して統合に至ります

なぜなら破壊して初めてその価値がわかる 

その価値に気づくことがあるからです

幻想にすら価値があるのです

幻想とはかつてあったもの今あるものではありません

今あるものに集中して下さい

あなたが破壊したいのはあなたの一部であり 

あなたが破壊したくなるのはそのものの価値を見出したいからなのです

破壊は共存への道でもあるのです

破壊することを恐れないでください 

破壊から再生もまた始まるのですから

統合への道は難儀なこともあるでしょう

難しさにもまた価値があるのです

あなたがた一人ひとりが全てのものの価値を見出す道程は 

かつてないほどドラマチックでスペクタクルな旅となるでしょう

Posted at 2009年11月09日 03時49分11秒

大天使ジョフィエルか...

自分自身にとって本当に心地よいものを選んでいきましょう


がらくたばかり集めていても結局は使わずにいるのと 

本当に自分が気に入ってそれを持つことで自信がでるもの

やる気が出てくるものに囲まれているのとどっちがいいでしょう?


あなたは思考においてもがらくたばかりを集める癖がついていませんか?


こんなものだろう、この程度ならいいか…

そんな言葉を使ってあなたの空気を淀んだ色にしていないでしょうか?


あなた自身に最高の色を、最高のものを与えてあげましょう

常に自分自身に最高のものを与えようという気持ちで自分に接してあげて下さい

Posted at 2009年11月07日 23時21分28秒

エル・モリヤからのメ...

あなたが喉の詰まりを感じるのはあなたが自分の人生を生き切っていないと

感じている証拠です


喉のチャクラは創造性のチャクラ 


あなたが被害者意識を捨てて自分で人生に責任をもつことを選択し 

その過程を楽しんでいる時に開かれる花なのです


あなたは「だって…そうはいっても自分には才能を発揮できる場がない」

「誰も自分を認めてくれない」などというかもしれません

それこそが被害者意識です


私はあなたがたがそういった被害者意識をもってしまう背景を理解しているつもりです

あなたがそうやって自分を力なきものにしてしまうのは、この地球上の転生でおきた

様々な支配からの痛み・更に深い星々の歴史が原因となっていることを


しかし、だからこそ私はあえてあなたにいうのです

あなたはいつまで 過去の痛みを繰り返したら気が済むのですか?と


一部の権力者に支配されて泣き寝入りしていると感じる人生を

幾度も幾度も送りたいのですか?


たとえあなたの周りの人々があなたに対してネガティブな想いやエネルギーを

ぶつけてきたとしてもそれに屈してはいけません


なぜ自分はこんなにも自信がないのか?やる気がないのか?と思ったら

自分自身のクリーニングをして下さい


簡単なことです

シャワーを浴びるように あなたのオーラ・肉体の汚れを溶かし去って下さい


そしてもう一度 自分に尋ねて下さい

クリーニングした後にあなたはどうしたいのか?と自分自身に尋ねた時に

先ほどとは違って「私は〜したい」とハッキリいえたならあなたが自分の創造性を

思い出したサインです


望むことと現実とのギャップがあったとしてもあなたの魂の欲求は無視出来るほど

軽いものではないのです


本当に真からあなたが望み現実世界で動けば必ずあなたを取り巻く環境は変わっていきます

あなたが日常心の中で反芻している言葉に注意して下さい


どうせ〜できないし上手くいかないし

そんな否定的な言葉を使っていませんか?

そしてそこに怒りはありませんか?


もし怒りがあるとしたらあなたは自分の人生を生き切っていない 

自分の能力を誰かに阻害されていると感じている印なのです


自分の身近に居る人がそういった否定的な言葉を使っていないか思い起こしてみて下さい

もし思い当たることがあればあなたはその人のネガティブな影響を受けているのかも

しれません


そういう時にこそクリーニングが必要なのです

私を呼んで他人からの影響を取り払ってくれるように頼んで下さい

Posted at 2009年11月07日 02時27分49秒

ユリの花からのメッセージ

私の姿をみて何かいやらしいと感じるあなたはもしかしたら官能的な歓びに対する

ブロックがあるのかもしれません


欲をもつことはいけないことだ、いやらしいことだと思っているとしたらそれは全くの

見当違いだと教えてあげましょう


霊的な世界と繋がった時に意識が拡大して全てと一つであることの歓びを感じたでしょう?


官能的な悦びー肉体と肉体とが結ばれるということはまさに相手と身も心もオーラも繋がって

一つである歓びに浸ることと同じなの


素晴らしい覚醒の瞬間なのよ


歓びの中にあってこそ 導かれていくのだということをあなたはわかっているはずよ

そうでしょう?


気持ちよくなることを許可してください


目覚めた覚者はいつも歓びの中にあると聞いたことがあるでしょう?


もちろんある一定の領域に達すると他者と肉体を介せずとも一つになる

歓びを感じる事が出来ます


けれど肉体で感じる歓びもまた大切な表現のひとつだということを忘れないでほしいの

それは食べること、飲むこと、着飾ること、物質を得ること… 

肉体を持っているからこそ感じられる歓びの全てよ


肉体の歓びを感じることはグラウンディングに繋がります

さあ大地を味わってあなたの肉体を味わって、物質世界の豊かさをどんどん受け取って下さい

Posted at 2009年11月07日 02時19分36秒