2011-10-19 の記事

クレセントの受け金具修理



この写真は、あるお宅の玄関引き戸についていた、クレセント受け金具を修理したものです。

木の雨戸にクレセント受け金具が木ねじで止まっていたので、3ミリの厚さで50ミリ幅の鉄板を加工してクレセント受け金具の補助板を作り修理しました。

このような「ちょっとした修理」もしますので、当店にお問い合わせ下さい。

Posted at 2011年10月19日 22時42分42秒  /  コメント( 0 )

ニュ−スタ−ドアクロ−ザ−

  『NEW☆STAR』ドアクロ−ザ−のご紹介  

60シリ−ズ(コンシールドタイプ) 

【※ 左右勝手があります。】  価格は税込

CL−62N型(ストップ機構なし)         ¥14,490        

CL−63N型(ストップ機構なし)         ¥14,910

CL−62HN型(ストップ機構なし)        ¥14,070

CL−62HN型(ストップ機構なし)        ¥14,490

CL−64型(ストップ機構なし)          ¥18,375

CL−65型(ストップ機構なし)          ¥29,400

CL−66型(ストップ機構なし)          ¥37,275

CL−162N型(ストップ機構付)         ¥14,910

CL−163N型(ストップ機構付)         ¥15,435

CLU−62N型(逆取付・ストップ機構なし)   ¥14,490

CLU−63N型(逆取付・ストップ機構なし)   ¥14,910

CLU−62HN型(逆取付・ストップ機構なし)  ¥14,070

CLU−63HN型(逆取付・ストップ機構なし)  ¥14,490

CLU−64型(逆取付・ストップ機構なし)    ¥19,950

CLU−65型(逆取付・ストップ機構なし)    ¥32,130

CLU−66型(逆取付・ストップ機構なし)    ¥40,425

CLU−162N型(逆取付・ストップ機構付)   ¥14,910

CLU−163N型(逆取付・ストップ機構付)   ¥15,435

CLU−164型(逆取付・ストップ機構付)    ¥23,835

Posted at 2011年10月19日 17時25分41秒  /  コメント( 0 )

KEYLEX 4000

KEYLEX 4000のご紹介 

特長 

電源不要のメカニカル構造 

電気を使用しないため、配線工事が不要で停電、電池切れ、誤作動等の電気トラブルからも解放されます。

クイック・ナンバー・チェンジ機能 

ドアか取り外さずに、瞬時に記憶番号の変更ができます。

視認性と耐久性に優れたボタン

人間工学に基づく視認性の高いボタンは、ステンレスMIM製(metal injection mold)。耐久性に優れています。

安心安全なフェイルセーフ設計(ADS錠) 

万が一錠が破損した場合でも常に安全側に作用させる為の対策がとられています。

アンチパニック

室内側からはワンアクションで開けられるアンチパニック式です。

高い防犯性・耐候性

レバーハンドルに「こじ開け防止・安全装置」が付いています。
ボタンには「読み取り防止機能」が付いています。
厳しい気象条件にも耐え得る設計です。


空錠への切り替え

出入りが頻繁な場合、鍵のかからない空錠に切り替えられます。

番号の設定は、1〜15桁までの任意の記憶番号を設定できます。   

KEYLEX 4000 の型式

自動施錠・プラグ切り替えタイプ            K423P

自動施錠・シリンダ−切り替えタイプ         K423C

自動施錠鍵付・シリンダ−切り替えタイプ      K423CM

自動施錠デッドロック・シリンダ−切り替えタイプ  K423CD

【受注生産】
自動施錠鍵付・プラグ切り替えタイプ         K423PM

自動施錠デッドロック・プラグ切り替えタイプ     K423PD


錠ケース 

標準は、バックセット60ミリ

バックセット70ミリ・76ミリもございます。


ダブルスクロールデットラッチを採用しています。

デットラッチボルトには、異常をつたえるフェールセーフ機構がついています。


 ※ 両面ボタンタイプも対応できます。  

KEYLEXシリーズの錠前は、機械式としては進化をしています。

鍵を持ちたく無い方や停電時も作動する機械式錠前を好む方には、KEYLEXシリーズの錠前は最適です。

既存の錠ケースを使用出来る、KEYLEXシリーズの錠前もございます。

是非、ご検討下さるようお願いします。 


もう一つ、当店ではKEYLEX4000の分解修理の講習会に参加しましたので、アフタ−サ−ビスも行います。

Posted at 2011年10月19日 11時58分50秒  /  コメント( 0 )