2011-09-05 の記事

身だしなみ・・・・・?

数年前にいったお客様のことです。

お客様の批判になるかもしれませんが、実際に感じたことなので書かせて頂きます。

今の若い夫婦では当たり前のことでしょうが、訪問した時から仕事が終わるまで奥さんがパジャマ姿で応対されたのには、かなり違和感を感じました。

9:00〜12:30ごろまで着替えないで洗濯や他の家事をしているのにも、びっくりしました。

自分が古い考えの人間かもしれませんが、来客を迎えるのに最低の服装というものがあるのではないでしょうか?

人前に出るときは、女性は特に気を使っていたのは古き良き時代の事となってしまたのでしょうか?

皆さんでしたら、どう思われますか?

Posted at 2011年09月05日 20時55分59秒  /  コメント( 0 )

愛読雑誌より・・・・・

日経ビジネスを愛読しています。

記事の担当者により悲観的・楽観的・中間的、それぞれの主観がどうしても入るので、内容的には面白みもありますが、将来的な予想の記事には欠けている部分あるような気がします。

そんな中で、日本の建設技術に関する記事を紹介します。

トンネル掘削に欠かせないシールドマシンが従来の縦穴を掘って入れるのではなく、地上よりモグラみたいにシールドマシンが掘っていける技術が開発され、中央環状線品川線大井地区トンネルで使われたそうです。 

日本の建設に関する技術には、スカイツリーに使われた技術、瀬戸大橋使われた技術他、使われた後に紹介されますが、他国では考えられないような技術革新をしているような気がします。

その根底には、私もそうですが、いかに早く正確に物事を動かすにはどうしたらいいのか考える事が多いからではないでしょうか?

皆さんも、けっこう考えていませんか? 

考える事を継続していくことが、新しい物を生み出す力かもしれません。 

最後一つだけ、「継続は力なり」を忘れずに・・・・・!   

Posted at 2011年09月05日 12時19分06秒  /  コメント( 0 )

一瞬の輝き

1ヶ月おくれで開催された隅田川の花火大会をテレビで見て・・・・・・

ほんの数秒で消えてしまう花火・・・・・

作るのには数ヶ月要するのに・・・・・・

作るのにはお金も掛かるのに・・・・・・

なぜ、花火に人は見せられるのか? 

地球・宇宙の寿命と比べたら、人の寿命が一瞬だから・・・・・? 

それとも、「強者どもが夢の跡」を見たいから? 

自分の一瞬の輝きと花火の輝きが重なるから? 

来年も、花火の輝きを見るために、生きるということを継続したいたいから? 

みなさんは花火の一瞬の輝きに、何を思い、何に魅了されるのでしょうか? 

最後に一つだけ、昨日まで行われた「世界陸上」でも、人間の一瞬の輝きにも魅了されますよね? 

Posted at 2011年09月05日 11時01分57秒  /  コメント( 0 )