2016-11 の記事

ある・・・「サイト」...

最近・・・たまたま見た記事ですが・・・・・?

「ブラック企業」ならぬ「ブラック客」について書いてありました。

自分も、前々から「企業サービス」が「お客様」を必要以上なサー

ビスで「わがまま」にしていることは気随ていましたが、「企業」の

「利益」まで脅かすような「サービス」又は「低価格販売」が、本当

に必要なのでしょうか?

「お客様」自身が勤務している「企業」や「サービス業務をする

団体」などが「利益」を得られなければ「お客様」自身の「利益」を

損なっているように思われますが、この考え方は間違っているの

でしょうか?

例えば、宅配便の時間指定で「ネット販売」の商品を買った時、10分帰宅が遅れて再配達してもらう時に「苦情」を宅配業者に言う「お客様」とか? 電車の時刻に1分遅れたら当然の事ながら電車には乗れませんよね、この場合、駅員に苦情を言う「お客様」はいるでしょうか?
「お客様」自身が指定した時間にいなければ、当然のことながら再配達になります。
この場合の責任は、当然「お客様」にあると思いますが、皆様の判断基準はいかがでしょうか?

自分も「お客様」の立場に当然のことながらなります。

この事は、自分にとっても課題の一つです。

「お客」になった時に、何がよくて、何が悪いのか、今一度考えて

見る必要があると思いますが、皆様でしたらどうしますか?

最後に一つだけ、人口減少の社会で今まで通りの「宅配業者のサービス」や「24時間営業のコンビニエンスストア」、当店の業務でもある「開錠作業」や「錠の壊れた時の修理、「水漏れの修理」などのサービス業務が、いつでも直ぐに受けられる時代は、5年ぐらい経てば終わりに近づいてくると思います。
多分、次の時代のサービスは「お客様」と「企業」・「サービス業者」が、お互いをお互いが思いやる、本来の日本人が持っている「おもてなし」の「心」で社会が成り立つ時代に入ると思われますが、皆様はどう変わって行くと思われますか?



 

Posted at 2016年11月24日 15時55分00秒  /  コメント( 0 )

錠前の開錠について・...

今回、ご紹介するのは住宅関連の錠前の開錠です。 

近年、錠前の鍵穴の部分『シリンダー錠』の進化は著しいものが

あります。
 
 


皆さんもご存じの「ピッキング」という方法で短時間で開錠できる

『シリンダー錠』は少なくなりました。
 
 
 


そこで当店では、『シリンダー錠』の部分だけを、いろいろな電動

工具をもちいて壊す「破錠」という方法で住宅の開錠を承りたいと

思います。
   
 


  『シリンダー錠』を壊して開錠するわけですから、同じ型の『シリ

ンダー錠』が在庫していない場合は代替えの『シリンダー錠』をお

使いいただき、同じ型の『シリンダー錠』が入荷しだい交換にお伺

いいたします。
 


この方法で開錠する場合、錠前メーカーによっては代替え『「シリ

ンダー錠』を用意して行けない場合があります。

又、依頼の時間帯によってはこの方法で開錠できない場合もあり

ます。

この方法は、メーカーも推奨している方法で、間違いなく開錠でき

る方法です。


料金ですが、市場に一番多く出回っているMIWA社製の錠前を

「破錠」する開錠の場合、新しい『シリンダー錠』の販売価格の他

に、『シリンダー錠』の防犯対策別に¥10,000〜¥30,000

【破錠開錠作業料と交換作業料を含みます】の間で考えておりま

す。

たとえば、MIWA社製の代替えの『シリンダー錠』は、『U9型シリ

ンダー錠』を鍵5本付きで新しい『シリンダー錠』が入荷するまでお

貸しします。

この他の錠前メーカーも同料金と考えております。

 
 


 破錠」する開錠をご依頼のお客様は、メーカー名と『シリンダー

錠』が1個付きか、2個付きかと防犯用の『ディンプルシリンダー

錠』など情報をお知らせください。


当店では、お客様に錠前の開錠を『見えるか』するために『破錠す

る開錠』を推奨していきたいと思います。
 
 
 

Posted at 2016年11月18日 11時41分16秒  /  コメント( 0 )