2011-01 の記事

人、一人で出来る事?

一人の人間が出来る事は?

よく、二人分の仕事をコナシタという人がいますが、本当ですか?

他人が休んでいる時間が、二人分の仕事をさせているのではないですか?

他人より、その仕事が早くできるので、二人分の仕事が出来るのと言っていませんか?

一人の人間が、同じ仕事をすれば、器用・不器用の差はあれ、二人分の仕事は不可能ではないですか?

他の事についても、二人分の事をするのは不可能ではないですか?

協同でヤラナケレバならないことでは、一人の人間がすることは限られませんか?

人、一人の人間が、出来る事などは大した事はないかもしれないが、多数の人が集まれば大きな事が出来るということは、日常生活で身にしみていませんか?

しかし、立場によっては大勢の人を、一人の人間が動かす事や、大勢の人を魅了することなど、一人の人間が、出来る事は計りしれない場合もありますよね?

皆さんは、一人の人間としてどれだけの仕事・物事を考えたことがありますか?

今一度、一人の人間として、何をすべきか、何をやるべきかを考えてみてはいかがでしょうか?

答えは、皆さんが、皆さんの為に、皆さんがやるべき事ではないでしょうか?

最期に一つだけ、今この時に生きている人が生きる為にしていることが全てだと思いますよ。

では、次回に・・・・・・

Posted at 2011年01月29日 16時30分10秒  /  コメント( 0 )

作業台




少しづつ完成に向けて、作成しております。

ただいま、ボール盤移動用作業台を作成しております。

Posted at 2011年01月29日 16時11分45秒  /  コメント( 0 )

今日、こんな場所に錠...

輸入住宅のサッシ窓に戸先内締錠を取り付けました。

サッシ窓の戸先クレセント錠が壊れた為ですが、窓枠がプラスチック製でカンヌキの受け座の取り付けが、引き戸の框が窓枠に引き込まれる為に、ネジの受け部よりネジが出たので、出た分だけネジをグラインダーで切ったさいプラスチックが少し溶けてしまいましたが、錠前の作動自体には影響がなくお客様に納得して頂き、事なきを得ました。

弱い材質に、鉄で出来た部品を付ける時は最新の注意と、違う道具を使って切るということも考えなくてはイケナイノダト、改めて思いました。

次回は、万全の準備で工事に臨みたいと思います。

工事の仕上がりは、下の写真のようになりました。

あまりお見せできるような仕上がりではありませんが、普段は見えない部分なのでこんな仕上がりでもお客様に許して頂きました。

Posted at 2011年01月26日 23時45分48秒  /  コメント( 0 )

「相棒・劇場版供廚鮓て

サブタイトル「あなたの正義を問う」とは、何かを考えさせらました?

人の立場によって、正義感・道徳感とは違うのか?

年齢によって、正義感・道徳感とは違うのか?

世論の年代・時間などの違いによって、正義感・道徳感とは違うのか?

正義感とは、法律に触れる事でも世論が認めれば正しいことなのでしょうか?

道徳感とは、世論が認めた行為を逸脱して、利益になればどんなことしてもいいのでしょうか?

正義感は、法律に関連する行為を守るということなのでしょうか?

道徳感は、法律に触れることではないけれど、生活する上で守らなければならないのでしょうか?

時代は、人口減少・少子高齢化・景気後退など日本という国が衰退していくのではないかという見えない「何か」に縛られているのでしょうか?

そんなことよりも、「相棒」というドラマを見て、古き良き時代の正義感・道徳感を今の時代に取り入れる事が大切なような感じがします。

最期に一つだけ、「相棒」ファンの皆様ご意見をお待ちしております。

では、また・・・・

Posted at 2011年01月23日 12時18分55秒  /  コメント( 0 )

やっと平看板を上げら...



4月21日の開業記念日に遅れること約1カ月・・・・・・・・・・・・・・
当店もオープンして、まる7年・・・少しずつ品ぞろえをして店らしくすることができました?

5月20日に、やっと平看板を上げることができました。

この看板のとおり、工場・木材の加工所まではいきませんが、「男のロマン」として壊れたテーブルの脚の修理、ちょっと補強すればまだ使えるカラーボックスの修理、古くなった食器棚を再利用して、ちょっとした加工で別の物に作り変えられたらいいと思いませんか?

これからの時代、できる限り再利用できるものは再利用するのが当たり前になるかもしれません?
それを、お手伝いできる「ちょうとした加工の工房」なんてあったらいいんでしょうね?

鍵と錠の専門店ですが、店舗の内装自体が「ちょっとした加工の工房」の考えで作ったものです。
結構よくできたと自我自賛していますが、お客様から見れば大したことじゃないかもしれませんが?


次回は、何ついてでしょうか? 

Posted at 2011年01月22日 15時47分16秒  /  コメント( 0 )

セキュリティショー

3月9日〜12日の期間で開かれている「セキュリティショー」他に行って来ました。

開業以来、毎年行っています。

今年、特に感じたことは来場者の減少と海外のメーカーの出展の多さです。 

不景気で国内メーカーが減少しているのでしょう?

ここ2・3年の間に、国内メーカーと海外メーカー(特にアジアのメーカー)の技術の差が無くなってきているのでしょう?

 「鍵と錠前」・「工具」・その他関連の展示会・見本市等にいって感じることは、日本人の来場者が確実に高齢になってきているということです。 

みなさん、いろいろな面で、かつてのような輝きのある日本人がいなくなっているように感じるのは、私だけでしょうか?

自分も輝きのある日本人を目指して、今年から何かを起して行きましょうか?

最後一つだけ、花火ような「一瞬の輝き」ではなく、「いぶし銀」のような輝きもあるのではないでしょうか?

では、また?

Posted at 2011年01月18日 10時53分24秒  /  コメント( 0 )

箱の中

一つ、パーソナルコンピュータという箱の中

一つ、スマートホンという箱の中

一つ、携帯電話という箱の中

一つ、テレビという箱の中

一つ、電子書籍という箱の中


あなたは、どの箱の中にハマっていますか?

そういう自分もノートパソコンという箱の中にハマっています。

電気と電子部品で出来た箱の中、誰かが誰かを管理して箱の中で人は楽しんでいるのでしょうか?

電気と電子の箱の中にハマっていなくては、仕事も日常生活も出来なくなっているなんて結構オモシロイですかね?

人は、いろんな箱の中で生活と仕事していますが、刺激を求める為に大金を払って自分の肌で感じることに快感を体験するなんて面白いですよね?

人も動物である以上、箱の中だけでは生きられないということでしょうか?



最期に一つだけ、皆さん箱の中だけにいないで本能のオモムクママに、箱の中から飛び出してみてはイカガデショウカ?


では、また・・・・・

Posted at 2011年01月18日 10時34分24秒  /  コメント( 0 )

趣味の店舗造り

開業の為に、店長が自ら店舗の内装を造りました。
開業5年目を記念して、店舗の内装を大幅に変える為、営業しながら2008年10月まで掛けて内装工事をしました。
ある部分は突貫工事で寸法も適当で、見栄え的には良くない所もありますが、趣味の範囲としては良く出来たほうだと思います。
是非、一度ご来店頂いて、お客様に批評などをして下さる事をお願いいたします。


Posted at 2011年01月17日 12時09分20秒  /  コメント( 0 )

シリンダー錠の修理



当店では、いろいろなシリンダー錠の修理を行っております。

シリンダー錠の分解清掃なども受け付けております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

048−949−5118

フリーダイヤル 0120−8058−93(やまごやくぼうさん)まで

Posted at 2011年01月17日 12時08分44秒  /  コメント( 0 )

儲けのカラクリ



この本は、2002年版なので参考になる部分とならない部分があります。

原価を知っても、世の中の仕組みとして物やサービスが安くなることはありません。

みんなが稼いだお金で生活していますから・・・・・・・

まず、儲かると思ったのは「公営ギャンブル」「宝くじ」です。
まったなしに、20%以上の儲けが約束されています。

次に、お客様が想定どおりにはいれば「レストランやファーストフード」などの食堂関連は儲け約束されているようです。

儲けがないのは、ガソリンスタンドです。
ガソリン関連の売値が安くなれば、税金の占める割合が多くなり利益が出なくなるという矛盾したことになります。

その他として、ネックレスや指輪などの宝飾品も結構儲かるようですが、店舗等にそれなりの設備をしなくてはならないので、高価なものを販売するのが主流です。

そしてもう一つ、当店の業務でもある「ロックサービス」ですが、2002年以前でしたら鍵開け、紛失キーの作成などで結構儲けがあったようですが、2002年以降は鍵が複雑な形になり年々鍵開け、紛失キーの作成などが出来なくなり、それに伴い錠関連製品の価格が上昇し、防犯性能の高い商品が高価格となり、「ロックサービス」自体に格差が生じたようです。

2002年当時より、現在の方がいろいろな業種で価格の格差が生じ、儲け、つまり利益をだすことがかなり難しい時代になっているようです。

ある商品の価格が昔の価格に戻っていたとしても、その商品の品質は昔と比べれば確実よくなっています。

時が立てば、前の価格では販売されていないのが儲けのカラクリです。 

次回は、○○○○○について 

Posted at 2011年01月17日 12時08分07秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ