2010-04 の記事

気になる?

ドラマ「相棒」のストーリーの原案は何処にあるのか? 気になる・・・

政治の正さって、どこにあるのか? 気になる・・・

学校の先生って、毎年同じパターンで教えていて飽きがこないのか? 気になる・・・

流行って、誰がどのように誘導するのか? 気になる・・・

コンピュータって、二進法でどこまで進化するか? 気になる・・・

人間って、どこまで便利な物をつくるのか? 気になる・・・

地球温暖化で異常気象になって、今の生活システムが機能しなくなったらどうなるのか? 気になる・・・

人口減少して、高齢化で子供が少ない社会って、どんなものなのか? 気になる・・・

空・地面・いろんな角度から見た、人間の一日の生活が気になる・・・

思いついた事を気にして、気がつかない事に気づいて、気になることを忘れて、一日が過ぎてませんか?

最後に一つだけ、人が一生の間に体験できる事は限られています、気なる事を見つけて体験してみてはイカガデショウ?



では、また次回に?

Posted at 2010年04月29日 23時56分41秒  /  コメント( 0 )

降り込め詐欺

振り込め詐欺が一向に減りません! 

振り込め詐欺と言う犯罪が増加したのは、インターネットの普及と深く関係があるのではないでしょうか?
この10年間で、私たちの生活は技術の進歩で、大変便利になりました。

人と人のコミュニケーションを取らなくても、インターネットで物を買えるようになりました。

交通事故を起こしても、保険会社が代わりにある程度の事を処理してくれるようになりました。
但し、交通違反の罰則は自分で処理するしかありません。これは、今も昔も変わりないようです。


その他に、つい最近では税金の申告・一部の役所関係の手続きも、インターネットでできるようになりました。

便利な社会ではいろいろな事が簡素かされて、あまり物事を深く考えなくなって来ているようです。

便利な社会ではみんなが、出来るだけ物事を簡単にすませる傾向があるようです


この盲点をついた犯罪が、振り込め詐欺ではいでしょいうか?

振り込め詐欺合わないようにする為には、どうしらよいのでしょう!


一つの考えとして、若年層から高齢者まで、いろいろな物事の処理などを実際の関係機関に行って聞くことが大切ではないでしょうか?



たとえば、交通事故を家族が起こしたとします。当然、車両に乗っているわけですから家族が加害者となります。
まず第一することは、被害者の救済です。次する事は、事故の原因を明らかにする現場検証で、加害者と被害者の過失割合をはっきりさせることです。
そして、加害者の刑事罰則がきまります。
その後、被害者の保障をしなくてはなりません。
このように交通事故、一つを取っても手続き上は簡単な事ではありません。


私たちは生活して行く上で、関係する物事をもっともっと知る事が、犯罪に合わない為に必要なことではないでしょうか!




最後に、皆さんもご存じの金融機関のATM(自動預け払い機)は、窓口業務を減らす為に考えられた機械です。

この機械は、お金を預ける・お金を支払う(現金でもできます、但し限度額があります)・預金を引き出す・一部両替ができる・通帳の記入などをする機会でから、個人・会社の通帳に記載されている金額の範囲ないでしか、お金を動かす事ができません。

したがってこの機械では、現金を実際に入れなければ、操作だけで通帳にお金が入金される事をがないわけです。簡単な事ですが、この機械の最大の特徴です。

Posted at 2010年04月29日 23時52分28秒  /  コメント( 0 )

冗談と思ってた事

年が判ってしまいますが、20数年前にガソリンスタンドに勤めていた時?

生命保険の代理店の店長からこんな話を聞いた事がありました。

他人の戸籍謄本を書き換えて、マッタク違う人の子供にしたり、他人同士を戸籍上で結婚させたり、戸籍上他人にナリスマス事など簡単にできるという、冗談みたいな話を聞いた事があります。その時は、そんな事できるわけないと、その店長に反論した事を憶えております。


それから20年ぐらいたって、戸籍の書き換えが行われていたとニュ

ースで聞いた時には、本当に驚きました。なにより驚いたのは、自

分で知らない間に書き換えられた戸籍を元に戻すのには、法律に

従った手続をしなければ成らない事です。

実際、かってに誰かに戸籍を書き換えられても、簡単に元には戻せ

ないなんて不条理な事だと思います。


人は、自分の戸籍がどうなっているかなど、以外と知らないものですよね?

「一つ憶えておいて欲しい事があります。このように、冗談と思える話でも実際調べる価値がある事をお忘れなく、以外と振り込め詐欺の役に立つ場合があると思いますよ?」

それともう一つ、前回の続きで申し訳ありません。 インターネットにはまってしまい、商品を買ったり、観光地などに行ってもいないのに情報を得て話の話題にしているなどの方へ、実際にお仕事などで忙しい方もおられるでしょうが、人が1日で動ける時間は24時間ありますが、使える時間は全部ではないハズです。
自分で行って買い物をしたり、旅行をしたり、劇場に行ったりする事などの経験が、毎日の生活に役に立つ事があると思いますよ


次回は、マイナスの話と・・・・について

Posted at 2010年04月29日 23時50分56秒  /  コメント( 0 )

ハンガーレール



ハンガーレールの戸車を取り付ける為に作った部品ですが、オリジナル部品で取り付ける事が出来ました。

しかし、ブレ止めの部品は少し役に立ちました。

オリジナル部品で、取り付けられない場合や補強の為に、役に立たなくても今後もこのような部品を作り続けます。

Posted at 2010年04月29日 23時49分33秒  /  コメント( 0 )

問い合わせ

最近、鍵番号だけで合鍵が作れませんか? それも東北地方の県から?

ABLOYの合鍵は作れませんか? それも四国の県から?

県内の市から、メーカーが倒産した錠前の合鍵を作れませんか?

メールで、写真を送ってきてこの合鍵をと作って送ってくれませんか?

鍵の作成に関する問い合わせが増えています。

このような問い合わせに対しては、当店では他県のお客様に対しては「日本ロックセキュリティのホームページ・メーカーのホームページ」より近くの「鍵の専門店」に相談して下さいと親切丁寧に説明しております。

それともう一つ、メールでの問い合わせの他、必ず電話での問い合わせが必要ですと申し上げております。

合鍵作製をするということは、お客様にとって重要なことです。

お客様の声を、最低でも電話で聞けなければ人と生りが判らないと

当店では思っております。


店長の愛読雑誌「日経ビジネス」でも、インターンネットの薬剤販売は、対面販売より劣るという判決が裁判所より示されたと書いてありました。

昔より、人と人が話をして売買いをすることが基本とされてきました。

今でも、それが基本と思っているのは自分だけでしょうかね?

最後一つだけ、現代のように売買いの方法が簡素かされた時代では、ある物の「良い部分と悪い部分」を理解した上でその物を売買いしていないような気がします。

では、また次回に?

Posted at 2010年04月29日 23時46分03秒  /  コメント( 0 )

価値

1万円札(日本銀行券)の原価は、約20円ぐらいだそうです。

社会的に信用のある1万円札は、皆さんがご存じのとおりの価値があります。

明日から円ではない通貨が利用されたなら、1万円札は約20円の価値でしかなくなります。

日本銀行券が、「円」の通貨である限り1万円札の価値は変わりません。

社会の中の価値とは、通貨の価値で判断されることが多いようですよね?

その代表例が、プロと呼ばれる人たちですよね?

その中でも、プロ野球選手やプロサッカー選手の世界レベルの選手は別格の価値が与えられていますよね?

その価値を認めているのも、社会を構成している皆さんですよね?

もう一つ、大事な価値もあります。

それは、すべての人に与えられている「命」という価値です。

「命」という価値は、通貨という価値に代えられないと言いますが、よくよく考えれば生まれて死ぬまで通貨という価値で物事を判断していませんか?

最後に一つだけ、「命」という価値を元に、残りの人生に付加価値を

つける努力をしてみませんか?


では・・・また?

Posted at 2010年04月29日 23時43分44秒  /  コメント( 0 )

工具の使い方



上の写真の中には、買った時すぐに撮ったものもありますので使ってないようになりますが、現在は殆どの工具は使われています。

同じ切る道具でも、鉄と木材では使い方によっては木材の工具より鉄の工具の方が、圧倒的に危険度が高いように思います。

この他にも、小型の電動工具を多数用意しました、徐々に使っていますが全部を使って加工する依頼があったら嬉しく思います。

当店で、一番大きな電動工具はトリトンのワークセンター2000という丸鋸番です。
これを使った加工をした事がまだありませんので、是非依頼をお待ちしております。

最後に一つだけ、小型の木材と金属兼用の旋盤とフライスマシンがあれば皆さまから要望されるある程度の加工ができるのですが、これには相当の技術力とお金が必要ですから、とりあえず今ある道具を十分に使いこなしてから皆さまのご期待に添えるようになりたいと思います。

次回は、「もうけのからくり」という本の中のお話をします。

Posted at 2010年04月29日 23時31分11秒  /  コメント( 0 )

時間

現代人は、非常に忙しい? 


みなさん、24時間をどう使っています? 

人によって時間の使い方が様々だとおもいます。

たとえば?情報を入手する為に、インターネットを利用して時間を費やす人。

たとえば?情報を入手する為に、人と出来る限り会うことに時間を費やす人。

たとえば?情報を入手する為に、雑誌などを読むのに時間を費やす人。

その他に、健康の為に運動することに時間を費やす人。

人、それぞれですよね?

こんなに科学が発展してない昭和初期には、今の生活の原点である衣食住に多くの時間を費やしていたのではないげしょうか? 

それは今も変わりはないような気がします。

一番大きく変わった部分もあります。

ある場所に行ってもいないのに最新の情報が得られるという、インターネットの普及です。

自分は、PC・インターネットがどんなに普及しても絶対に得られない情報もあると思います。

それは、臭い・製品の質感・人の五感で感じるものは絶対に、時間を費やしてその人が体験しなければ得られない情報です。

かくいう自分も、PCを使いこのブログを書いていますが、実際は自分の手書きで書いているわけではありません。 
PCが勝手に自分の考えた言葉を変換しているにすぎません。

今、非常に空しい時間を費やしていると思っております。

みなさんに一つだけ、どんなに科学が発展しても人が人としてある為に必要なことをする時間は惜しみなく使うことでしょうね?

最後にもう一つだけ、何も考えず「ぼ〜と」している時間と寝る時間は大事だと思いますよ?

では、また次回に?

Posted at 2010年04月29日 23時29分04秒  /  コメント( 0 )

このイメージですと、テレビ番組の「劇的ビフォー・アフター」の一級建築士を思い浮かべる方がほとんどだと思います。

実際「匠」と呼ばれるまでになるには、一級建築士の資格を取っただけではなれません。

世の中、何の職業でもそうですがある程度の仕事をコナセルマデニハ、相当の年月が必要です

それは何故か、一見無駄と思える行為(作業)・多少法律(規則)に触れる事でも仕事の潤滑剤としての役割があるのなら、それはある仕事が最後までやり遂げるために必要だからです。

これを覚えるのには、時間がけっこう掛かります。

今の時代この仕事の潤滑剤を覚える時間がないのが、現状ではないでしょうか?

そういう私も、若い時は何故こんな無駄なこと・何故こんな不条理なことを仕事でしなくてはならないのかと疑問に思ったことが多かったのを覚えております。

その時は分からなくても、時が解決してくれることも多いことをしりました。

最後一つだけ、社会の仕組みの上で法律触れるような職業でも、それは社会の潤滑剤に多少はなっているような気がします。
こんな不謹慎なことを思っているのは、私だけでしょうか?

では、次回は「命」について?

Posted at 2010年04月10日 11時43分28秒  /  コメント( 0 )