「鍵と錠前の専門店」の店舗の存在意義について

皆さんもご承知の通り、店舗を持っている「鍵と錠前の専門店」は減

少の一途をたどっています。
 


近い将来、シリンダー錠の組み換え技術技術を有する「鍵と錠前の

専門店」の店舗は大都市圏のみとなるでしょう?
 




もちろんのことですが、いろいろな合鍵を作成可能な「鍵と錠前の

専門店」も同じようなになるでしょう? 
 


そして、何より鍵(シリンダー錠)の進化により住宅の開錠は、壊し

て開ける「破錠」が主流になるでしょう?
  


その場合、在庫を抱えることのできる店舗を持っている「鍵と錠前

の専門店」が主流になるでしょう? 
 


お客様においては、「鍵と錠前の専門店」の店舗を探すことは大変

ですが、鍵と錠前に関するご相談は店舗を持っている「鍵と錠前の

専門店」にお願いしたいと思います。

合鍵製作のキーマシン、錠前の在庫、合鍵製作の為のキーブラン

クの在庫、その他豊富な知識を持ったスタッフがいるお店が多いで

す。

最後に、店舗を維持するために「展示会」な

どで新しい知識、新製品の購入など投資して

いるお店が多くあります。

Posted at 2016年05月02日 10時58分03秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*