錠、カンヌキの加工

写真、左は加工前、右は加工後




引き戸に付ける為に、どうしても面付け内締鎌錠の鎌の部分が不要なので切りました。

メーカーには、作動に支障ないよう注意して加工してもよいと許可を頂きました。

当店がもっとも得意とする壁側に錠を取付、引き戸側にストライクを取り付ける方法で取り付けました。

この取付方はメーカーでは推奨していませんが、お客様の要望で1回だけと思い取り付けた経験を総合建設会社に話しましたら、何故かこの方法で取り付ける依頼が年に数件ですが舞い込むようになりました。

このほうほうは引き戸ですので、材質が大幅に違いますから、何度作業をしても時間を要してしまいます。

特に、引き込みの間仕切り引き戸の壁がわの戸の場合が一番難しいです。材質が弱い事が多いからです。

それともう一つ、今回のようにこの錠前でしか付かない場合もありますので、作動に支障ない限りは、錠前を加工してもお客様の要望には答えたいと思っております。

Posted at 2012年06月28日 10時55分05秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*