震災と時間の壁?

もう少しで、震災から半年が経ちます。

最初は、大変だと援助の手がさしのべられましたが、時間が経つにつれ被災地以外の場所でも生活するが厳しい経済情勢になってきました。

ガレキの処理も、被災地が東北地方ですので10月の声聞くと、作業自体が困難になることは最初から判っていたハズですが、時間の壁には敵わなかったのでしょうか?

震災以外の場所でも山火事・水害等、傷ついた場所が多かったのも、復興と叫ばれても処理のやり方を考えることが、大変だったのでしょうか?

時間の壁で、立ちはだかっているのが原発事故でしょうか?

この事故の処理の時間の壁は、途方もない壁となるのか、もの凄い技術革新が起こり、時間の壁を打ち破ることができるのか?

過去の試練を乗り切った日本人の想定外が起きても、想定外を想定の範囲にする根気強い粘り腰があることを信じますか?

奇跡は、継続することにありますか? 人海戦術で起こすことで出来ますか?

あなたのお考えは・・・・・・?

Posted at 2020年04月08日 16時44分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*