某錠前メーカーの工場見学



今日、メーカーN社の工場見学に行って来ました。

金型に金属を流し込む方法で、部品をある程度造って、部品の磨きまで自社で行っているのには関心しました。

製品にするための組み立て工程は、自動車の組み立て工程によく似ていました。

錠前は小さい部品の集まりなので神経を使って組み立て、なおかつ耐久性も求められるので熟練した技も必要と説明を受けました。

また、耐久テストを24時間フル稼働で行っているのも関心しました。

錠前を使う側は、壊れないで動く事が当たり前だと思っていましたが、その当たり前を維持するために、造る側はいろいろな努力をしなければならないのです。 

錠前に限らず、いろいろな製品の造る側の想い入れを感じとり大事に使うことをお勧めしたいと思います。

Posted at 2011年07月21日 22時20分16秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*