役目を終えた、錠前

引き戸錠・・・室外側と室内側の扉の相性(年月の経過により建付が悪くなる)が合わなくなり、壊れていきます。

ドアの錠前は、デットボルトとラッチボルトの回転部の部品が壊れることにより、錠前の役割を果たせなくなります。

浴室の錠前は、湿気によるサビが原因で壊れていきます。

その他の原因として、故意ではないにしろ、何か大きな力が加わった場合にも壊れます。

長年、春夏秋冬の季節の中で使われて来た、錠前の役割を終える時がいつか来ます。

車は、20年も乗る人はいませんが、錠前は20年以上使われています。

20年以上使われている錠前で、最近、作動がおかしいと思われる錠前は、役目を終える時が近づいているかもしれません?

長年、あなたの生活を支えてくれた錠前に感謝して、静かに役目を終えさせて頂ければ幸いと思います。

形あるものは、いつかは壊れます。 その時まで丁寧に大切に使われる事をお願いします。

Posted at 2011年05月27日 16時59分11秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*