笠間稲荷神社に参拝しました



不景気の世の中、当店も存続出来るよう神頼みをして参りました。


その帰り道、高速を使わずに帰って来ました。
当店は、埼玉県の三郷インターより数分の所にあるので不景気をあまり感じる事がないのでビックリしたことがありました。

国道沿いを走っていて、ガソリンスタンドは閉鎖されているわ、教習所は閉鎖されているわ、食堂・パチンコ店は閉鎖されているわ、茨城県の都市部からちょっと離れた場所がコンナニ疲弊していると思いませんでした。

関東地方の県でも東京に近い県と、そうでない県でこのような差があるのですから、他の地方の県の格差は、関東地方より遥かにあると思いました。

人が住まなくなる地域が、10年後ぐらいに出てくると国土交通省のホームページのプリントしたものを、ある講習会で頂いた事がありまして、この事が静かに確実に進行していると実感しました。

何故、こんな事になってしまったのでしょう?
テレビ・雑誌などで、連日いろいろと言われていますが、本当の所は誰も分かっていないのではないでしょうか?

日本の古き言葉に、「過ぎたるは及ばざる如し」という言葉があります。
何事もやり過ぎることは、行けなかったようにおもいます。
これからは、古き知恵と新しき知識を用いて、この不景気を乗り切る事が大切なような感じがします。

「それともう一つ、店長自身もそうなのですが、どうしても今忙しいから事が起こってからやればいいやという、日本人の悪い癖、事なかれ主義を個人個人が少しでも改善していけば、世の中もっと良くなると思いますよ」



そうは言っても、やはり「成るようにしか成らないのだから」、不景気の事はあまり考えず生きていけたらと考えている方も多いかもしれませんね?

暗い事を書きたく無かったのですが、あまりに目についたものですから、あえて書かせて頂きました。

次回は、・・・・・について?
</font>

Posted at 2009年03月18日 23時39分11秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*