どんな小さなことでも親身になって対応させていただきますので,お気軽にご相談ください。土日夜間・出張訪問対応可(ご予約制)。横浜市営地下鉄グリーンライン・日吉本町駅 徒歩5分。電話:045-564-9103 【主要取扱業務】相続・相続対策・遺言・贈与・成年後見・財産管理・死後事務・法人設立・離婚・契約書作成・自動車・船舶・許認可申請
メインメニュー
音楽

[雑記:0010] バルトーク作曲:管弦楽のための協奏曲(H22.1.21)

[管弦楽] ブログ村キーワード
本日(平成22年1月21日),所属する新交響楽団が開催する第208回演奏会(平成22年1月24日14時開演)の演奏会プログラム内のプログラムノート(曲目解説)用に私が執筆した著作物が,演奏会に先駆けて,当楽団の公式ウェブサイト上に公開されました。
 →「第208回演奏会」については,こちらの記事(PC版携帯版)を参照

バルトーク:管弦楽のための協奏曲
加賀 雅典(コントラバス)


  「……バルトークその人こそ,他に例のないほどの警戒心と感受性とをもって世界の一切の動きを見張り,絶えず変化し,形づくられていく宇宙の声と,苦闘し続ける人類の声とに,自らのうちにあって形を与えていく人である」(ベンツェ・サボルチ)

 アメリカ移住
 バルトークが前年の母の死を機に,ディッタ夫人とともに,着の身着のままの状態で渡米したのは,1940年10月30日のことであった。
 この頃,彼以外にも,ナチスから身を守るためにアメリカに移住した音楽家に,ヒンデミット,ストラヴィンスキー,シェーンベルク,ミヨーなどがいた。このため,当時のアメリカ音楽界の活況は,大変なものであった。これらの音楽家たちは,いずれもそれぞれの才能にふさわしい地位を得て,安住することができた。
 ところが,ことバルトークに関しては,この移住は,苛酷なものであったと言わざるを得なかった。なぜなら,彼だけは,一向に安定した職を得ることができなかったからである。
 −1881年3月25日,ハンガリー(現.ルーマニア領)のナジュセントミクロシュで生まれた彼は,8歳で作曲を始め,10歳でピアニストとしてデビュー,18歳でブダペスト音楽院(現.リスト音楽院)に入学して,作曲とピアノを学んだ。26歳から同音楽院で三十数年間教授を務め,作曲家としても名声を得ていたほか,ピアニストとしての実力もあった。また,盟友の作曲家コダーイとともに行ったハンガリーやルーマニアの民謡の収集・研究は,広く世界各国の学者や音楽家からも注目されていた。−そのような名声と実力から考えると,まったく信じがたい状態であった。
 もちろん,これには,彼自身にも原因がないわけではなかった。元来,彼は,人づき合いのよいタイプではなく,他人から同情されるのを嫌い,自己の意思に反して時流に迎合することができなかった。当初は,演奏家として生計を立てるつもりもあったが,彼の演奏スタイルは,聴衆を熱狂させるような派手なものではなく,彼が最も演奏したがっていた自作のピアノ曲がアメリカの大衆や評論家の好みに合わなかったので,演奏家としての道は閉ざされてしまったのである。他方で,音楽学校の教授の口は,彼が音楽学校の授業のために作曲活動が制限されるのを嫌ったため,すべて断ってしまっていた。ようやく,コロンビア大学で民族音楽の名誉博士号を得て,嘱託講師の地位を受け入れた彼は,民謡の録音からの採譜と分類に従事しながら,不安定な収入でかろうじて生活をしていた。
 アメリカへ移住して約1年半後の1942年3月,彼は,かつてのピアノの弟子宛に,次のような書簡を送っている。
  「私たち二人の状態は,日ごとに悪化しています。耐えられないといえば誇張になりますが,ほとんどそれに近いものです……。私は,かなりの悲観論者になりました。どんな人をも,どんな国をも,またどんなことをも信じられません……」
 それに加え,彼の体は白血病に冒され始め,次第に衰弱していくのであった。

 作曲の委嘱
 そんな彼の窮状を見かねた同郷の友人,指揮者のフリッツ・ライナーとヴァイオリニストのヨーゼフ・シゲティは,アメリカ作曲家協会(ASCAP)に働きかけ,その援助でバルトークが安心して療養できるように取り計らった。1943年夏,こうして彼は,ASCAPの世話で,ニューヨーク北部の山中にあるサラナック湖畔で療養生活をすることになった。
ヴァイオリニストのヨーゼフ・シゲティとジャズ・クラリネット奏者のベニー・グッドマンとともに(1943年,ニューヨーク)

 その出発の直前,当時ボストン交響楽団の音楽監督であったセルゲイ・クーセヴィツキーが彼を見舞い(実はこの時,クーセヴィツキーは,ライナーとシゲティの二人から依頼を受けてやって来ていた),クーセヴィツキー財団からの委嘱として,自身の70歳記念とボストン交響楽団指揮者就任20周年記念演奏のための作品を書いてほしいと切り出し,バルトークをいたく感激させた。彼にとっては,渡米後,初めての作曲の委嘱である。
 バルトークは,体力に自信が持てなかったため,この申出をいったんは断ったが,クーセヴィツキーは,期限を設けなくてもよいからと彼を説得し,作曲料の半額に相当する額面の小切手を彼の枕元に置いて席を立ったといわれている。
 その後,バルトークは,信じられないスピードで,委嘱された作品を仕上げる。彼は,同年8月15日,作曲に着手し,同年10月8日には作曲を完了している。こうして作曲されたのが《管弦楽のための協奏曲》であった。そして,翌年の12月に初演されている。初演後,クーセヴィツキーは,「過去の50年を通じて最高の傑作だ」と彼を讃えた。
 彼の晩年は,この曲とヴァイオリニストのユーディ・メニューインの委嘱で作曲した《無伴奏ヴァイオリン・ソナタ》の成功のおかげで,経済的にも精神的にも充実した日々を送ることができた。だが,病魔は,既に彼の体を蝕んでおり,1945年9月26日,バルトークは,ニューヨーク市内のブルックリン病院で息を引き取った。

 管弦楽のための協奏曲
 バルトークは,初演時の演奏会プログラムに次のように書いている。
  「作品全体の雰囲気は,−第2楽章を除くと−第1楽章の厳粛さと第3楽章の死を悼む歌から終楽章の生への肯定へと移行する漸進的な推移を示す。……この交響的なオーケストラ曲にこのような題をつけたのは,諸楽器を協奏的及び独創的に使用する傾向からきている……」
 この曲は,名人ぞろいのボストン交響楽団の各プレイヤーの優れた腕前を発揮させるために作曲されただけあって,バロック時代のコンチェルト・グロッソ(合奏協奏曲)を思わせる内容となっている。なお,この曲の発想には、彼の楽譜を出版しているブージー・アンド・ホークス社の社主ラルフ・ホークスが彼に宛てた「バッハのブランデンブルク協奏曲集のような作品を書いてみたらどうでしょう」という書簡や,コダーイの同名作品の影響を指摘する声もあるが,真相は定かでない。

第1楽章「序奏」
 曲の冒頭で低音弦の進行上に表れる弦楽器の神秘的な音色や,その動機を発展し微妙に発想を変化させていく導入部は,バルトーク独特のものである。続いて,伝統的なソナタ形式の主部に入る。主部では,弦楽器が第1主題を示し,それと対照的な楽想の第2主題をオーボエが出す。
第2楽章「対の遊び」
 2対の管楽器が,ファゴット,オーボエ,クラリネット,フルート,トランペットの順に次々に登場し,独立した旋律を歌い活躍する。スケルツォのような雰囲気を漂わせるが,中間部では一転,金管楽器の静かなコラールが聞こえる。
第3楽章「悲歌(エレジー)」
 バルトークの典型的な「夜の歌」。中間部にハンガリー民謡風の旋律が使われているほかは,いずれもその主題は,第1楽章と強いつながりを持つ。
第4楽章「中断された間奏曲」
 軽い気分の楽章で,民謡風の主題を中心に書かれている。「中断」とは,曲の中盤で乱入してくる騒々しい旋律のこと。ショスタコーヴィチの第7交響曲第1楽章,いわゆる「戦争の主題」のパロディといわれる。トロンボーンのグリッサンドによる「ブーイング」と木管楽器による「嘲笑」が特徴的である。
第5楽章「終曲」
 ジグザグに音階を行き来する無窮動風の旋律が流れ,音楽は次第に高揚する。やがてトランペットが新しい主題を演奏するが,各種の楽器でこれを対位法的に展開し,コーダで力強く再現して曲を閉じる。
 コーダの部分は,バルトーク自身の「エンディングが唐突過ぎる感がある」との反省を基に,改訂がなされている。本日の演奏では,この改訂版を使用している。

ニューヨークのカーネギーホールで行われたバルトークの自作演奏会を描いた戯画

参考文献
ウィルフリッド・メラーズ監修『クラシック音楽史体系第10巻 Heritage of Music』(金澤正剛監修(日本語版),パンコンサーツ,1985年)
柴田南雄「バルトーク」音楽之友社編『最新名曲解説全集第6巻』(音楽之友社,1980年)
バルトーク・ベーラ『バルトーク音楽論集』(岩城肇訳,御茶の水書房,1992年)
セーケイ・ユーリア『バルトーク物語』(羽仁協子・大熊進子共訳,音楽之友社,1992年)
青島広志『管弦楽のための協奏曲(ポケット・スコア解説)』(日本楽譜出版社,2006年)
志鳥栄八郎『名曲ものがたり(上)』(音楽之友社,1987年)
志鳥栄八郎『オーケストラ名曲大全』(音楽之友社,1994年)

初 演
1944年12月1日,ニューヨーク・カーネギーホール
クーセヴィツキー指揮,ボストン交響楽団

日本初演
1951年10月2日,日比谷公会堂
上田仁指揮,東京交響楽団

楽器編成
フルート3(3番はピッコロ持替え),オーボエ3(3番はコールアングレ持替え),クラリネット3(3番はバス・クラリネット持替え),ファゴット3(3番はコントラファゴット持替え),ホルン4,トランペット3,トロンボーン3,チューバ,ティンパニ,小太鼓,大太鼓,タムタム,シンバル,トライアングル,ハープ2,弦5部
(新交響楽団 第208回演奏会プログラム プログラムノート(曲目解説))

【関連ウェブサイト】
リスト音楽院
Columbia University(コロンビア大学)
ASCAP(アメリカ作曲家作詞家出版者協会)
Boston Symphony Orchestra(ボストン交響楽団)
The Koussevitzky Music Foundation(クーセヴィツキー音楽財団)
Boosey & Hawkes(ブージー・アンド・ホークス社)
東京芸術劇場
「東京芸術劇場」(PC版携帯版)(当ブログ記事)
Daisuke Soga's web-site
新交響楽団
「新交響楽団のご紹介」(PC版携帯版)(当ブログ記事)
新交響楽団>第208回演奏会>バルトーク:管弦楽のための協奏曲
「演奏会のご案内」(PC版携帯版)(当ブログ記事)

**━━━━━━━━…
■行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所(PC版携帯版
 電話:045-564-9103 E-mail:info@office-kaga.com
横浜北 遺言相続パートナーズ
 横浜市港北区・都筑区及びその周辺地域の遺言・相続手続を迅速・丁寧にサポート!
横浜北 車庫証明パートナーズ
 横浜市港北区・都筑区及びその周辺地域の車庫証明申請を迅速・丁寧にサポート!
…━━━━━━━━**

Posted at 2010年01月21日 20時00分00秒  /  コメント( 0 )