赤坂ときめき工房は、お着物や和装の装飾品の販売だけでなく、着付け教室・ヘアメイク教室も運営しております。
ときめきのオモシロ歴史館

 ひな祭りと端午の節供の起源

  ひな祭りと端午の節供の起源

三月三日のひな祭りは五節句のひとつで、上巳の節供ともいいます。
上巳は三月のいちばんはじめの巳の日ということで三日が節供になったわけです。

 さて、「源氏物語」にはしばしばひな遊びが出てきます。当時ひな遊びは、みそぎの一種で、人形をつくって、それに人や家の罪やけがれを代行させて川に流しました。

人形は最初かんたんな立ちびなや座りびなでしたが、やがてだんだん立派なものなり、
江戸時代になると、現在見られるような赤毛せんを敷いたものがあらわれます。

 おひな様が貴族的志向化するのは、庶民の華麗な貴族生活へのあこがれで、
内裏びな、左大臣、右大臣、三人官女に五人ばやしと宮廷生活を模倣したものに形が整っていきます。
ですが、おかしなことに、五人ばやしは左から、たいこ、小鼓、大皮、笛、そして右側に謡とくるのですが、これは能楽謡曲であっても、けっして宮中の雅楽とは関係ないのです。

 また女の子の節供ということで、嫁入り道具も加わってきます。

こうして観賞用の棚飾りが完成しますが、一方では、古来からのみそぎの習慣が受けつがれ、かわりびなを用意し、人の汚れを川に流します。
なかでも京びなといって糸で頭髪を、紙で着物をつくったものが有名です。
 この行事は、もともと中国から伝わったもののようです。



 端午の節供は、端午が月のはじめの五日という意味で、五月五日におこなわれます。
この日は元来、菖蒲の節供といって、菖蒲あるいはアヤメの薬草効果によって魔よけをする日なのです。
また五月五日は「女の家」とか「女の夜」などという、菖蒲で小さな小屋をつくり、そこに女性が入って、ひと晩、遊ぶ日でもありました。
ある地方では夫が女たちを菖蒲で叩いて、魔よけをおこなうという習慣が残っています。
 端午の節供もじつは女の節供だったのです。
 ところがショウブが尚武に通ずるところから、これが男の節供に変わってきます。
そして最初は紙で作ったよろい、かぶと、あるいは槍などを軒端にかかげていましたが、だんだん豪華になり、坂田金時、酒吞童子、加藤清正などの武者人形をうみだしていきます。

 吹き流しや鯉のぼりを五月空にかかげるのは、むしろのちになって考えられた習慣で、
鯉は、泪羅に身を投じた屈原の死体を妹のところにとどけたという故事にならったものですが、一面、鯉が天に登って竜になるという俗信からもその起源がうかがえます。
京都の天竜寺の滝を登竜門といいます。鯉は天に登って竜神に変わるところから、これが後世、出世とみなされて、出世の糸口をつかむことを登竜門というようになったのです。

 なお、現在では端午の節供に菖蒲湯に入ることがならわしとなっていますが、元来は、菖蒲の根を煎じて飲んでいたのです。






茨城 真壁のひな祭りの写真・・・


Posted at 2011年03月03日 15時37分56秒

家紋の起源

家紋は、なぜ出来たのでしょうか?

あなたはご自分の家紋をご存知ですか


きものの礼服は、着る人の家を象徴する家紋がついていることです。
紋のついた礼服を紋服といいます。

家紋は歴史的にはすでに平安時代初期に現れます。
当時、公家の乗物は牛車でした。
牛車をズラッとならべておくと、だれの牛車かわからなくなる。
そこで車に印をつけたのです。
牛車には黒漆が塗ってあるから、その上に金蒔絵で印をつける。
−これが家紋の始まりです。

また公家は各家ごとに別注文のきれ地の着物を着ていました。
これに地紋とというものを織り出します。
その紋様は天皇家は菊、十六弁菊花ですが、
これは菊が薬草であった、魔除けになるところから決まったのです。

また藤原氏の場合、藤縦涌といって波形の枠の間にツル形の藤の花が入ります。
藤原氏はもともとは中臣氏ですが、
飛鳥の藤原の谷というところに住んでいたところから藤原姓になり、
「大鏡」にも書いてあるように
藤は木に巻きつき、枯らすいうことから藤が選ばれたのです。

また神に任える家では柏の葉を家紋にします。
柏の葉は神へのお供え物の下に敷くものだから
やはり縁起がいいのでしょう。



Posted at 2011年02月09日 12時34分52秒

なぜ挨拶の時、三つ指をつくのか?

  なぜ挨拶の時、三つ指をつくのか?

人に頭をさげることは礼法の起源です。
そして、もっとも深いおじぎは、“拝”といって、畳の上や板の上などに両手をついて頭を下げる方法です。これにはおのずからルールがあって、両方の人差指と親指で菱形をつくって掌をつき、そこに鼻が入るかたちでおじぎをします。これが基本です。さらに、ものを言う時には、頭を下げたままでは相手の表情が見えませんし、こちらの言葉もじゅうぶん伝わらないので、手をついたままで顔を持ち上げることになります。この状態が拝をして、ものをしゃべる姿勢です。
ところで、この姿勢を続けるのはいかにも窮屈だし、相手の目を見て話す場合には掌をついていては無理です。そこで、このルールを省略する法が考えられました。三つ指がそれです。三つ指をつくというのは、いちばん簡略化された拝の形といっていいでしょう。
たとえば、芸者などによく見うけられますが、片手で襖をあけ、もう一方の手で三つ指をついて挨拶をするのというのがあります。これも、外見上は確かに右手で襖をあけて中膝になっていますが、本当は両手をつけておじぎをしているんだという意味を示しているのです。
三つ指が、省略されているにしろ基本の礼法を内に含んでいる形だからこそ、いまも丁寧な挨拶の仕方として残っているわけなのです。
                       ときめきのオモシロ歴史館


Posted at 2010年12月06日 08時56分25秒

 なぜ、角かくしをかぶるのか??

 なぜ、角かくしをかぶるのか?


昔の人はかずらを髪束につける習慣をもっていました。もっとも多いのは蔓(つる)草で、たとえば、ヒカゲという地面をはう毛の生えたグリーンの蔓草を頭に巻く。これをヒカゲのかずらといいます。その他、ツタを頭に巻くツタかずら、ショウブの葉を鉢巻きみたいにして巻くアヤメかずら、フジの木を巻くフジかずらなど、いろいろあります。これらのかずら巻きは、神が与えた自然の生命力を自分の身体に引きうつそうとする、一種の呪術からきているのです。さて、そのかずら巻きのなかに、ユフかずらというのがあります。麻布を白くさらしたもので、ターバンのように頭に巻くわけです。このユフかずらが長い時代を経て、京都において桂の女の桂巻きになるわけです。桂巻きは御所に入って宮中のお世話をする時のスタイルですが、これが>角かくしの原形です。つまり、神に仕える聖女の象徴として角かくしがあり、神を祭る結婚式にこれをかぶったということです。それから、角かくしにはもうひとつの意味があります。日本の女性は、結婚と深い綿帽子をかぶったのです。三三九度が終わるまではとらず、それがすんでから顔を見せます。これは、平安時代の露見の変形です。結婚式に角かくしをかぶるのは、以上のように、神仕えの女としてのかたちと、露見の名ごりをとどめた、婚礼儀式の伝統的形式なのです。               
                        ときめきのオモシロ歴史館


Posted at 2010年12月06日 08時54分09秒

おはよう・こんにちわ・こんばんわの語源

  おはよう・こんにちわ・こんばんわの語源

おはよう」という言葉は、実に響きのいい、気持ちのいい挨拶語です。
この言葉の本来の意味は、「お早くお起きになりまして、ご健康でおめでとう」ということです。また、「よくおかせぎになっておめでとう」という意味を含む場合もあります。
 したがって少々遅い時間でも、相手を祝福し、励ます意味にはかわりませんから、この言葉は時間に限定されずに使われるようになりました。芸能の世界では夜会っても「おはよう」といいます。何時に起きたかは、この場合問題になりません。その日はじめて出会った時、「おはよう」といって、相手を祝福してやるわけです。
 「こんばんわ」は、「今晩はいい夜です」、「今晩はご無事に一日をお過ごしになっていい夜をお迎えになりましたね」という祝福語の略された言葉です。また夜の訪問の時だったら、そのあとに「入ることをお許しくださいませ」という言葉が略されています。
 順序が逆になりましたが、「こんにちわ」は、「今日はいい日でございますね」の略です。したがって、「おはよう」も「こんにちは」も「こんばんは」も相手の無事を祝福するという点では共通なのです。「やあ」「おい」は掛け言葉ですが、朝昼晩の祝福語が、機能的になって掛け言葉化したものが「おはよう」であり「こんにちわ」であり「こんばんわ」だと思われます。


Posted at 2010年10月06日 18時10分31秒

「ありがとう」の秘密・・・・

 「ありがとう」の秘密

ありがとう」という言葉はたいへん気持ちのいい言葉です。感謝の意味で日常的に使われていますが、本来は感謝の意ではないそうです。
「ありがとう」は「ありがたし」がもともとのかたちで、「ありがたし」は漢字で「難有し」と書きます。
つまり、有ることがむずかしい、非常にまれであるという意味です。かんたんにいうとめずらしい、ありえないことがおこったということです。
 これが感謝の意に変わったのは「ありがとうございます。お礼申し上げます」という言葉の下のお礼の部分が省略されてしまったからでしょう。国語学者の岩淵悦太郎氏は「難有し」という言葉は、「世にも極めてまれなことは、神や仏の力で実現されることが多い。いわゆる奇蹟が起る。霊験あらたかである。そういう場合に、神仏の前で『ありがたし』と手を合せて拝む。」(『語源散策』より)すなわちこの言葉はもともと神仏をたたえる言葉だったといっています。
 信仰を背景にした「ありがたし」が、だんだんに一般化していったのでしょう。そういう意味では、英語の「サンク・ユー」の方が感謝の気持ちをストレートにあらわしています。
また、幼児語に、「ありがとう」の代わりに使う「だんだん」という言葉があります。これはおじぎをする動作を形容して「だんだん」といったところから出てきた言葉なのです。
                                勝手に集めた資料より


Posted at 2010年09月30日 20時08分19秒

下駄と草履はどうして生まれたか?

下駄と草履はどうして生まれたか

下駄の先祖は田下駄という板です。水田には、深田とよばれる非常に泥々したたんぼがあり、中に入ると足が沈むので、足型より少し大きい板をくくりつけて仕事をしました。これが田下駄です。
 ところが、この田下駄は、たんぼの中以外では歩くのにたいへん不都合なのです。板の裏に回している縄紐がすぐにすり切れてしまうからです。そこで歯をつけた。これが現在ある下駄の原形です。この日本独自の履物は、通気性がよく、地形が複雑でも足裏の板が平面で安定しており、おまけに歩く時に前後に傾くから、クッションの役目をして抵抗をやわらげ、疲労が少ないわけで、その合理性のゆえに、広く用いられるようになるのです。
 最初の下駄は、左右履きかえられないものでした。前孔の位置が片方に寄り過ぎていたためです。それが平安朝になると、穴が中央に移ってきて、その難点も解消されてくる。この頃から下駄は急速に改良されてきます。
 まず、登山用の下駄が発明されます。これは一枚歯の下駄で、高歯といって背の高い歯を差し歯にしたものです。一枚歯で山に登るのは危険なようですが、それは逆で、二枚歯だからかえってすべるのです。この一枚歯の下駄がいかに便利であったかは、比叡山の僧侶たちがみんなこの下駄を履いていて山を登りおりしたことをみても、じゅうぶんうなずけるはずです。鞍馬山で修業していた牛若丸も、この一本歯の高下駄で弁慶と渡り合うわけです。この差し歯のヒントを土台にして、こんどは二枚歯を差し歯にした日和下駄が考案されてきます。こういう具合にして、江戸時代には約二百種類の下駄がうみだされていったのです。
 草履のほうは、もともと足裏を守る藁でつくった履物でした。しかし、爪先から踵までのものでなく、足の前半分だけしかなかった。それを草履といったのです。いまではこれを区別して、足半草履、略して足半ともいっています。なぜ足の前半分しかなかったかというと、昔は踵をつけずに地面を歩いたからです。この方法だととても速く歩け、忍びはもちろん、戦の時の行軍法もすべてこの方法だったのです。
 ところが、草履もいろいろと変化し、種類も多くなっていきます。足半草履では踵が泥で汚れるため、後半分もついたものがつくられる。これがもっとうしろに延びて、踵まで包んで回りから縄でくくりつける、いわゆる草鞋が考え出される、といった調子です。元来、この草鞋は藁靴の一種といえます。それから、ついには現在あるような、爪先を引っかければすぐ履ける草履になっていくのです。
 素材の多くは藁で、古くはミョウガの繊維や麻が使われていました。軽くて、丈夫で、通気性に富み、かんたんにつくれるということで、これも日本人のすぐれた発明品のひとつでしょう。
ときめきのオモシロ歴史館 2010・7


Posted at 2010年07月28日 18時07分02秒

ときめきのオモシロ歴史館6月号 帯とその結び方の始まりは・・・・

帯とその結び方の始まり







日本の帯は、はじめは幅の狭い細帯を前結びにしていました。これは、埴輪が全部そうですし、高松塚古墳の女性も細帯を前に結んでいました。
それが、袴をはきだしてから、帯が見えなくなってしまうのです。そのために女性は下帯になり、上から見えない白無地の帯にかわります。
 さて、この帯が、桃山時代から女性が袴をはかなくなると表面に出てきます。そうすると、細帯を巻いていたのでは、日本女性の胴のプロポーションが非常に悪いものですから、まとまりがつかないのです。そんな時、秀吉が文禄の役で、肥前の国・名護屋城を本拠に朝鮮を責め始める。それにつれて、名護屋城の周りにたくさんの遊女が集まってきます。その遊女たちが、中国文化の影響を受けて立兵庫という大きな髷を結っているのですが、大長小袖を着た上に、細帯のかわりに丸打ちの縄帯をぐるぐる巻きにして右斜め前で結んでいたらしいのです。これは、南蛮人の宣教師がガウンの上から帯帯を幾重にも巻いているのを見て、そっくりまねをしたことによります。これが当時非常にモダンでハイカラに見えたらしい。これに飛びついたのが出雲阿国です。阿国はその風俗をまるごととり入れ、四条河原で歌舞伎をやり、たいへんな人気を集めます。それというのも、この名護屋帯という丸打ちの紐をぐるぐる巻きにしたのが原因です。
 これが、日本の帯が何回も重ね巻きするもとになったのです。世界広しといえども、ベルトやバンドを二重以上に巻く民族はないのです。これが大きな特徴のひとつ。
 やがて寛永十三年にキリシタン禁制の政策が打ち出されます。当時、名護屋帯を巻いていた人はたいてい首からクルスをさげ、南蛮風俗をしていました。ガラシャ夫人だけでなく、また信仰とも関係なく、一種のアクセサリーとしてやっていたのです。それがキリシタン禁制になったものだから、クルスも取ると同時に名護屋帯もやめてしまう。そして、名護屋帯を締めた時の幅に当たる厚板帯を考えだすのです。これが世にいう博多帯です。したがって、博多帯の模様は必ず横に平行線に並んでいます。名護屋帯を重ね巻きした影響が残ったわけで、それがいまも続いているということなのです。
 さて、元禄年間になると、だんだん生活が豊かになり、帯の幅が五寸、六寸と広がっていきます。そして裏地をつける。つまり裏打ちの帯になってくるのです。そうすると、いままでのように身体の前で結べなくなってきました。結び目が非常に大きくなり、足もとが見えないからです。これでは労働にもさしつかえるわけで、やがて結び目をうしろに回すことになりました。実はまた、この帯をうしろで結ぶのが世界じゅうで日本だけなのです。   今日ある日本の帯が、重ね巻きでうしろ結びなのは、以上のような変遷の結果として原体が形づくられたことによるのです。 


Posted at 2010年06月06日 22時47分01秒

ときめきのオモシロ歴史館5月号  末広(ご祝儀扇)

礼装の小道具
末広(御祝儀扇)について

開くとめでたく末広がりの形あることから扇子は末広とよばれるようになりました。礼装には必ずめでたい末広(祝儀扇)をもちます。

黒留袖には黒漆塗の平親骨  
色留袖には白の平親骨。
地紙は表が金、裏が銀です。
  ※写真参照

婚礼だけでなく、授賞式、記念式などおめでたい公式の席にもお持ち下さい。

正式の使い方
正式にご挨拶するとき要(かなめ)を右手に持ち左手で受けるようにしてお辞儀をします。
手にしないときは左側の帯の間にさいておけば装いに一段と格調が加わります。

地紙は表が金、裏が銀・・・

左は七五三用 右は婚礼用・・・

昔と今は長さが違いますね?・・・

普段使いの扇と茶道用・・・




扇の始まりと日本文化
扇一本に、日本人はさまざまの意味をこめてきました。日本人にとっての扇は、実用的な送風機であるとともに。
神を招くものであり、武器であり また礼儀作法では」あいてに恭順の意をあらわすものである、と、およそ四つの機能をはたすものなのです。
扇の由来は中国のうちわにあります。
中国から紙張りのうちわが輸入されると、日本ではこれをまねてビロー樹というシュロの一種の葉でうちわを作りました。これはいまでも九州辺の特産になっています。
ビロー樹の葉は横から握るとたたむことができます。そんなことがヒントになって、やがて木の板を薄く集めて、糸で閉じ合わせ開いたり、閉じたりできる槍扇という板扇が発明されたのです。
そして、糸で止めてあったのを紙を張って止めるようになり、やがて平安時代になると紙が主流になって、板が細くなり骨になってしまった − これが現在でも使われている紙扇です。
この頃の扇は五本骨でたたむと二センチぐらいの幅の扇になる。これが珍しいということでこんどは逆に中国への輸出品にもなり、たいへんな需要をよぶことになります。平安末期になると京都で扇をつくってどんどん輸出する、もちろん国内にも広まります。
この貿易は足利時代まで続きますが、やがて中国も供給過多になり、当然扇は売れなくなる。せっかく持っていったのにというわけで日本の扇商人は、おどかしてでも買わせようとする、するとこれがうまくいってしまう。そこで味をしめてこんどは手ぶらで行って略奪して帰ってくるようにする。これが実は悪名高き倭寇のはしりなのです。
一方、中国人は、日本から買った扇をヨーロッパに輸出する。一種の伝産貿易です。扇は「セン」と読みますから、やがてそれが英語の「ファン」の語源になります。
扇を媒体とする日本、中国、ヨーロッパの交流があったわけです。
ところで扇は開くことができる。この開くことが、心が開くにも通じて縁起がいいということから、魂が振り動くに転化し、さらに扇の形が手の平に似て、手で神を招くように扇で神を招くことができるということから、神社の祭祀に扇が非常に多く登場するようになります。たとえば、紀州熊野の那智神社の火祭りは扇を焼き合うお祭りです。
また神の前でおこなう芸能を猿楽能といいますが、のちにこれが阿国歌舞伎になります。阿国歌舞伎は扇を必ず持っています。そこには扇で神を招き寄せようという宗教擬似行為が秘められているのです。これが踊りの一派としてのちに発達してできたのが花柳流です。花柳流は扇の舞です。
また伊予漫才などは扇を十二本も持ってパッと花が開いたような形を演出する。
扇は神を招くことのできるありがたいものだということが、やがて礼儀作法に取り入れられると、絶えず扇を持って歩くことが、礼にかなうことになります。正式の訪問の時は、扇を帯の間にはさんで持って行き、挨拶する時は、持つほうを右側にして前に置くということが決められてきます。そのことによって神聖さを演出するわけです。
また扇は、それ自体一種のかんたんな武器にもなります。他人から刀で攻撃された時、扇で受けとめるのです。竹は非常に強靭な繊維ですから、刀でも、なかなか切れない。護身が扇一本でできるわけです。
ですから、護身用武器でもある扇を相手の前に置くことは相手に対する恭順の意をあらわすものであり、礼作法の根本にある無抵抗にかなっているのです。
贈り物にも扇はよく使われますが、扇を開いた状態を末広といいます。末広とは終わりがないことで、非常にめでたいことなのです。そこで人に物を贈る時、扇が贈られるようになったのですが、現在でも結納の時、末広という名前で扇が必ずついています。
扇はかんたんな道具です。
しかし、日本人は、このかんたんな道具に実にさまざまな機能、あるいは観念を仮託してきました。平安の昔から今日まで、扇にかんする文化史的なエピソードは事欠きません。

すみません 大変長くなりました。

きものは ほんとに奥がふかいですね・・・・すばらしいです

ここまで読んでくださり 誠にありがとうございました。  山田鴇


Posted at 2010年05月07日 11時27分33秒

帯はなぜうしろで結ぶのでしょうか? No.1号

ときめきのオモシロ歴史館  2010.4月号



帯はなぜうしろで結ぶのでしょうか?

帯の結び方でいちばん古いのは、一枚かるたといって、結び目が一枚の背負う板になる形に結んだものですが、だんだんそれが二枚かるた、三枚かるたとふえていき、加えて当時の役者が新しい帯結びを舞台でやると、たちまちみんながそのまねをするという具合で、役者の名前をつけた結び方がつぎつぎに創作されていきました。”吉弥結び”などその代表的なものでしょう。

それはさておき、いまから百七十年前の文政年間に、江戸・亀戸天神のたいこ橋で渡り初め式がありました。
この日、深川門前仲町の芸者が参加するのです。もともと、江戸の町芸者は千名と決められていて、深川芸者は認められておらず、町奉行所へ申請を出して”男芸者”の鑑札を受けていました。男芸者とはいはゆるタイコ持ちです。ですから、女はみんなボーイッシュスタイルです。まず足袋を履かない。爪は赤いマニキュアを塗る。そして羽織を着ています。羽織は昔から男性のものですから、女性が着るのはおかしいのですが、羽織芸者とか辰巳芸者はその性格上着ていたわけです。ところが、この日だけは深川門前仲町の芸者たちは羽織を脱ぎ、そろいの衣装でたいこ橋を渡ったのです。この時の演出として、ちょっとかわった帯びの結び方を披露します。一枚かるたを広げて大きくした中に、世界でもめずらしい帯まくらというものを考えて、それを入れてふくらませたのです。この、帯まくらをして一枚かるたを結んだ方法を、一般に”たいこ結び”と呼びました。たいこ橋の形に似ていたせいでしょうか・・・・・


Posted at 2010年03月30日 10時06分17秒  /  コメント( 0 )