赤坂ときめき工房は、お着物や和装の装飾品の販売だけでなく、着付け教室・ヘアメイク教室も運営しております。
2011-03 の記事

 ひな祭りと端午の節...

  ひな祭りと端午の節供の起源

三月三日のひな祭りは五節句のひとつで、上巳の節供ともいいます。
上巳は三月のいちばんはじめの巳の日ということで三日が節供になったわけです。

 さて、「源氏物語」にはしばしばひな遊びが出てきます。当時ひな遊びは、みそぎの一種で、人形をつくって、それに人や家の罪やけがれを代行させて川に流しました。

人形は最初かんたんな立ちびなや座りびなでしたが、やがてだんだん立派なものなり、
江戸時代になると、現在見られるような赤毛せんを敷いたものがあらわれます。

 おひな様が貴族的志向化するのは、庶民の華麗な貴族生活へのあこがれで、
内裏びな、左大臣、右大臣、三人官女に五人ばやしと宮廷生活を模倣したものに形が整っていきます。
ですが、おかしなことに、五人ばやしは左から、たいこ、小鼓、大皮、笛、そして右側に謡とくるのですが、これは能楽謡曲であっても、けっして宮中の雅楽とは関係ないのです。

 また女の子の節供ということで、嫁入り道具も加わってきます。

こうして観賞用の棚飾りが完成しますが、一方では、古来からのみそぎの習慣が受けつがれ、かわりびなを用意し、人の汚れを川に流します。
なかでも京びなといって糸で頭髪を、紙で着物をつくったものが有名です。
 この行事は、もともと中国から伝わったもののようです。



 端午の節供は、端午が月のはじめの五日という意味で、五月五日におこなわれます。
この日は元来、菖蒲の節供といって、菖蒲あるいはアヤメの薬草効果によって魔よけをする日なのです。
また五月五日は「女の家」とか「女の夜」などという、菖蒲で小さな小屋をつくり、そこに女性が入って、ひと晩、遊ぶ日でもありました。
ある地方では夫が女たちを菖蒲で叩いて、魔よけをおこなうという習慣が残っています。
 端午の節供もじつは女の節供だったのです。
 ところがショウブが尚武に通ずるところから、これが男の節供に変わってきます。
そして最初は紙で作ったよろい、かぶと、あるいは槍などを軒端にかかげていましたが、だんだん豪華になり、坂田金時、酒吞童子、加藤清正などの武者人形をうみだしていきます。

 吹き流しや鯉のぼりを五月空にかかげるのは、むしろのちになって考えられた習慣で、
鯉は、泪羅に身を投じた屈原の死体を妹のところにとどけたという故事にならったものですが、一面、鯉が天に登って竜になるという俗信からもその起源がうかがえます。
京都の天竜寺の滝を登竜門といいます。鯉は天に登って竜神に変わるところから、これが後世、出世とみなされて、出世の糸口をつかむことを登竜門というようになったのです。

 なお、現在では端午の節供に菖蒲湯に入ることがならわしとなっていますが、元来は、菖蒲の根を煎じて飲んでいたのです。






茨城 真壁のひな祭りの写真・・・


Posted at 2011年03月03日 15時37分56秒