赤坂ときめき工房は、お着物や和装の装飾品の販売だけでなく、着付け教室・ヘアメイク教室も運営しております。
2008-05 の記事

第8回赤坂寄席のお知らせ



  第8回赤坂寄席開催のお知らせ

※ 赤坂ときめき工房は若手で将来とても有望な駒次さんを応援しております

  お立ち寄りの程 お願い致します

古今亭駒次・勉強会

日時 : 6月7日(土)
   午後6時 開場 / 6時30分 開演

会場 : 赤坂2−21−2村嶋ビル3F  

木戸銭: 千円 (前売り 八百円 )

お問い合わせ: 赤坂ときめき工房(村嶋ビル2F) 
        03−3583−2200








Posted at 2008年05月29日 14時18分35秒  /  コメント( 0 )

角出し帯の結び方

着付教室の角出しのお稽古より

 角出しに向いた帯は 普通の名古屋帯よりも少し長いほうが良いでしょうか
 正式な場所には不向きですから たとえば江戸好みとかの全通は如何?
 (ポイント柄は 柄位置がずれる可能性がありますが・・)



おしゃれに角だしを手結びしてみましょう。


まず お出かけまえの準備を十分にしてね・・・
ヘアーやメイクをしたら お草履やバックを揃えて お茶でも飲んで・・・一休み
そして、手を洗ってから さあ 始めましょうか


帯結びに必要な小道具 

帯板 短い仮紐 特製の薄い帯枕(ハガキなどを横長に二つ折りしてガーゼでくるむとと良いでしょう)これに帯揚げを掛けて中央をゴムで止めておきます
帯〆も用意してね。

手先の長さはお太鼓結びよりも10cmほど余計に取ります
手先20cmのところにひだを取りゴムでかるくとめておきましょう

あとは途中(仮紐まで)名古屋帯と同じです。




胴回りの位置に手先の部分の羽根をひろげて当てて 仮紐で押さえておくこと

垂れの元から20cm遊びをとって帯揚げのかかった薄い帯枕を当てます。 
 帯山線の形に注意しながら背に当ててガーゼは前で結んでおきましょう



               この後、手先を押さえておいた仮紐をとることを忘れないでね



帯〆は垂れの内側に入れ胴回りより15cm下げたところで垂れと帯〆をもつこと

帯〆を境にして人差し指で少し折り上げて大きさの調整をしましょう
                       常に布目を通すことを忘れないで・・・



羽根と遊び部分を中に巻き込むように立ち上がりをあげ
垂れの遊び部分に羽根を落とし込みます




垂れ先は15cmぐらいでしょうか でもお好みでどうぞ・・・・




角出しの特徴は帯山線からつづくカーブのふん〜わりした丸みにあると思います。

あなたも角出し結びで優雅におしゃれな街に出かけしましょう・・・・※ 

  わかりにくかったでしょうか 
  その時は いつでも赤坂ときめき工房までお越しくださいね 
                          お待ちしております。


                          《着付け教室自装編より》


Posted at 2008年05月26日 00時14分59秒  /  コメント( 0 )

講談師・神田紅さんが...

講談師・神田紅 様

先日、九州・博多で公演の際、役柄のイメージに合せて着用下さった肩裾替りの着物です。

当店をご贔屓にして下さっている紅さんは、先輩やご縁のある方たちから頂いた思い出の着物

を活かして大事に着用されていらっしゃいます。










1 この着物はこの色特有でやけが出ていましたが柄に品があり
  もったいないので作ることにしました。

2 まず、1の着物を解き羽縫いして、トルコブルーに色掛けしました
  もう一色は新品の色無地を使用しました。

3 当店の仕立ては手前味噌で申し訳ありませんが 
  うちの縫い子さんたちの技術がとてもすばらしくて・・・・・

  特にこのデザインは とても仕立てが大変なのですが
  "難しいものほど燃えますよ"と言ってくれるのです (ホントに感謝してます
  ミシンの針目よりも細かく、どんな時も妥協せず丁寧な仕事をします。
  
     彼女たちはうちの店の誇りです。

                      鴇の創作日記より・肩裾替りのきもの


Posted at 2008年05月24日 01時33分28秒  /  コメント( 0 )

ヘアー田中教室(他装...

おやおや? 
 きょうは自分のヘアーじゃないのですね・・

そうそう
 お母様やお友達のヘアーができると喜ばれるね・・

へ〜
 目標はもしかしてもっと 高いのかな・・・




真剣ですね・・がんばって・・



 いろいろなことにチャレンジすることはスバラシイね・・

 田中先生 よろしくお願いします・・・


Posted at 2008年05月20日 21時44分43秒  /  コメント( 0 )

ただいま上級クラスで...

高橋先生の上級クラスより・・・・

  みんないつもとちがって 小さいボディに苦心してるかな?










今日の仕上がりは如何でしょうか? と 生徒たち

まだまだかな? 

 高橋先生は厳しいのです。 
 
                         《他装クラスの授業風景より》



着付教室の生徒のケイさんが前々から携帯で撮影、
授業の様子を自分のHPに公開しています。
是非こちらもご覧下さいね 

オススメホームページリンク


Posted at 2008年05月18日 20時35分46秒  /  コメント( 0 )

お客様のお母様の羽織5...

まずご依頼を受けましたら・・・

 その布地の強度を確かめます。(しょうがあるか、ないがということです。)
 次に解き(ときはほどくこと)作業、それを羽縫して一反の反物に戻します。
それから洗い張り加工(水洗いして汚れをとり、地の目を整えます。
これで 絹が生き返ります。

お客様がこれから何を着てお出かけしたいのかなどと根掘り葉掘りと TPOをお聞きします
  着ないものは 作らないほうがいいですからね・・・

次に デザイン画をおこします。
  お好みと 撮らせていただいたお写真えお参考に・・・


 



一枚目は お着物にしました。 

 ”ビックリ” ぴったりのお手持ちの帯がありましたね〜〜 


小紋羽織の洗い張り反物は とても薄いので 着物の裏地(八掛け=ハッカケ)にしました
歩くとチラリと小花がかわいいのです。

それから無地の羽織の背中にあった飛び柄の刺繍の部分も
 前おくみや、後ろ身頃、後ろ肩辺りに ステキによみがえってくれました。




次に両面コートを作ることにしました。
 旅行に行くのに大変便利で オススメですよ

表面?はまだ使っていない布地たちのおでましです

今回は当店の色掛け反物を アクセントとして使いました。裏面にも登場させますが・・・

両面使いは イメージが異なったほうが 良いと思いますよ




まだまだ 使いましょう

これは着物の時は 帯揚げに お洋服の時はコートの下のマフラーに 如何でしょう・・・・

このようにお母様のお着物をよみがえらせて着て下さると思うだけでホントに私は やったーーーと思ってしまうのです・・・

                            鴇の創作日記より


Posted at 2008年05月18日 19時47分53秒  /  コメント( 3 )

赤坂サカスで…ウットリ

先日赤坂サカスACTシアターで赤坂芸者さんによる赤坂おどりの公演がありました





あまりの美しさとみごとな踊りに驚き、時間を忘れました。




この写真は赤坂ときめき工房の店主とスタッフの先生たち・・・


Posted at 2008年05月15日 16時39分46秒

六本木、赤坂を着物で...


赤坂近隣の史跡めぐりや、東京ミッドタウンなどに着物を着て出かけてみませんか?

赤坂ときめき工房では、着物お出かけプランで、お着物をトータルでレンタルすることができます。ヘアメイクはもちろん、小物までこだわった装いで思い出づくりをしてみませんか?

詳しくは赤坂ときめき工房のホームページをご覧ください!


Posted at 2008年05月13日 13時42分02秒  /  コメント( 0 )