バイクのカスタムペイントや絶版車、旧車なら東京は東村山のペイントショップ ウレタン屋 ただいまオーダー受付中! 塗装の技術で個性を際立たせます。
メインメニュー

プラモデル


店長くんが20年前に作ったプラモだよ
F15長谷川製作所の色は徹底的にこだわった。
青空にとけこむ不思議な二色のグレーだ。
意外と保存よいもんです。
後ろはエディローソンのYZR500田宮模型

何年何月に作ったのか不明。
かなり本気で調べないと何歳のときに作ったかわからんちや。






バイク、ヘルメットのカスタムペイント『ウレタン屋』
絶版車、旧車、バイクショップのウレタン屋U倉庫
最新の中古バイク在庫リスト 携帯版 中古バイクリスト

Posted at 2010年08月30日 16時34分42秒

 
この記事へのコメント

未タイトル

もしやと思いましたが、実家にあったものですか。飛行機は例のコンテストのものとはまた別? 航空ファンも回収できたのでしょうか。
Posted by やすし at 2010/09/11 20:24:16

クルセイダー戦闘機

コンテスト出品作の1/72アメリカ海軍のクルセイダーも生存していましたよ。
フラップを切り取って作動状態に改造するのが好きだったみたいだ。
なんとそのときのコンテストの表彰状もでてきた。
が、優勝ではなく二位だった、、、。

1/48〜1/32はどう作ってもリアリティーがあるようなないような『プラモデルか模型』になってしまう。
1/72は味付け一つで急にプラモデルを超えた実在感がでてくるところが面白く、味のある風景画をさらっと描くような絵のような楽しみを見いだしつつあったのかもしれない。
あるいは昔のCGじゃない特撮SFの、見せ方のうまさみたいなものをリスペクトしていたのかもしれない。
(例:初期スタートレック(宇宙大作戦)のエンタープライズ号の撮影の模型はいったいどのくらい大きさだったのか?想像させないうまさがあった)
Posted by 店長くん at 2010/09/12 09:24:01

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*