メインメニュー

日焼け止め

どーも、モアナイスです。

日焼けが気になる季節がやってまいりました。。
お子様の運動会等々でたっぷり日焼けした方、いらっしゃいませんか??
真っ赤になって皮が剥けちゃて、酷い目にあった方いらっしゃいませんか??
そうならない様に肌を守るのが「日焼け止め」です。

日常生活に浸透してきている日焼け止めですが、


この数字と記号、なんだかわかりますか??

ほとんどすべての日焼け止めに表記されているSPF・PAですが、当然ちゃんとした意味を持ってます。

まず、SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略称で、紫外線防御指数とも言います。ちなみにここでの紫外線とはUV-Bをさします
「50とか25って何?」と思いますよね?
これは「日焼け(赤くなる状態)をどのくらいの時間防いでくれるか」の数値だと考えていただいていいと思います。
簡単に計算式を出しますとSPF50の場合・・・
50(SPF)× 20(分)=1000分
つまり16時間は日焼け(赤くなる状態)を防いでくれる、という訳です。ちなみに上記計算の20分は、大体の製薬会社さん、化粧品メーカーさんで使われている数値ですので、まずまず信憑性のある数字だと思われます。

もうひとつのPAは、Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UV-A)の略称でUV-A防御指数とも言います。
これは、「紫外線のA波」をどれだけ防げるか、の記号になります
こちらも「日焼けを防ぐ効力」を表す記号ではありますが、こちらの日焼けは「黒くなるほう」だと考えてください。
効果は3段階に分かれていて・・・
PA+ < PA++ < PA+++
となっております。

ここまで見れば、SPF50でPA+++でいいじゃん?と思うかもしれませんが、数字が大きいものほど肌への負担をかけてしまう事が多いので注意が必要です。

やはり必要に応じて使い分けるのが良いですね。

Posted at 2008年07月07日 15時54分52秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*