レーシングカートのシャシーとエンジンの速さを追求するページです。
メインメニュー
2017-04 の記事

鈴鹿シリーズ第2戦の...

今鈴鹿にいました。
鈴鹿シリーズ第2戦のサポートです。
1000キロ走ってきていますので、かなり疲れています。
結果は後程・・・


Posted at 2017年04月29日 22時52分55秒  /  コメント( 0 )

ここ半年の間に3基のK...

KTSECエンジンのOH依頼の中で、ここ半年間にクランクケースが
分解されていないつまり下回りがOH経験の無いエンジンが3基ありました。
そのエンジンのすべてのクランクシャフトの芯を確認すると、そのすべてが
12/100ミリのずれがありました。
これは明らかに新品エンジンのメーカーの組み立てに起因するもので、ひどい
エンジンではクランクシャフトの表面のクロームメッキが一部剥がれている
エンジンもありました。
芯さえしっかり出せば問題はないのですが、ベアリング内輪の当たり面が芯が
出ていないことによる強いあたりが出る場所のメッキが剥がれてしまうのが
原因です。
上回りをOH(ピストン交換)してもエンジンの上の回転がいまいち回らず
タイムも期待できない場合、クランクシャフトの芯のずれを疑った方がいいかも
しれません。
メーカーにしっかり組み立ててもらいたいものですが、分解しないとわからない
場所なのでどうしようもないですね・・・
エンジンの大きなダメージが心配ですので、ここ1年くらいの間に生産された
エンジンは下回りのOHは早めにした方がいいかもしれません・・・


Posted at 2017年04月01日 08時53分45秒  /  コメント( 0 )