レーシングカートのシャシーとエンジンの速さを追求するページです。
メインメニュー
2010-06 の記事

YAMAHA KTエンジンに関...

一週間ほどヨーロッパに出張で日本にいなかった間に、重要な連絡が入っていました。

ヤマハより非常に重要な連絡をいただいています。
7月初旬までにKT100の部品の中で、ピストン及びピストンピンが新しく設計された部品になります。
下記を参考に御願いいたします。

ヤマハモーターパワープロダクツ(株)ではKT100S系エンジンのピストンおよび,
ピストンピンを、下記の通り仕様改訂します。
つきましては、SLカートミーティング各クラスにおいて、改訂品の使用を認めること、ならびに現行ピストンと新ピストンピンのセット使用を禁止、また現行ピストンの来年からの使用禁止を車検担当者に徹底をお願いいたします。

【 新型ピストンおよびピストンピンの使用許可 】
メーカーの仕様改訂に伴い、改訂品の使用を認める。
 尚、現行ピストンと新ピストンピンのセット使用は禁止する。
■ 適用時期: 6月1日より(各主催者は次回のレースより)
■ 改訂品の内容
  ピストン:リブ補強、オイル孔なし、ピン孔サイドリーフ追加(オイル潤滑用)
    ※787現行ピストンと7YG、J67ピストンは在庫切れ次第販売中止となります。
  ピストンピン:MC共通品からKT専用の軽量タイプに変更
現行

以上がヤマハモーターパワープロダクツからの連絡です。

これを解釈しますと、新型ピストンの重量が重くなります。
同時に販売されますピストンピンが逆に軽くなります。
したがって、現行の「軽いピストン」と「軽いピストンピン」のセットは6月1日から違反になります。又7月からは旧型の軽いピストンも販売されなくなります。
一般ユーザーもこの点に注意していただき、又ショップもこの点に注意して選手のレース結果が「失格」荷ならないように御願いします。
次回のSLO講習から「注意点」として皆さんにはお伝えしますが宜しく御願いします。

   NRU 根田


Posted at 2010年06月02日 22時28分07秒  /  コメント( 0 )