サン・ニュートリション株式会社は、スピルリナやケフィアを素材とした健康食品・ペットフードの開発、製造、販売を手がけています。 このたび、ミジンコ、ワムシや熱帯魚、金魚、メダカなどの孵化直後の、まだミジンコも食べられないような稚魚を主なターゲットにした画期的なエサ”ミジンコ君”を開発しました。是非一度お試しください。 金魚、らんちゅう、熱帯魚、メダカなどの究極のエサといわれるミジンコのエサ用に開発した「ミジンコ君」がお求めいただけます。 「ミジンコ君」で育ったミジンコを稚魚に与えると稚魚の生存率が高まり、貴重ならんちゅう、金魚、熱帯魚、メダカをたくさん育てることができます。(ミジンコ耐久卵/ミジンコ休眠卵)
メインメニュー
■スピルリナ

サン・スピルリナが好評です(6)

サン・スピルリナが好評です(6)

サン・スピルリナは魚の色揚げだけでなく色々な動物の餌としても優れていますが、今回は小鳥の餌です。フラミンゴの羽の色が餌として食べているスピルリナの色素(カロテノイド)であるお話は有名ですが、もっと身近な小鳥の餌として有効であることを実際に小鳥を飼っているお客様からの報告を紹介いたします。 その効果とは・・・
1)小鳥の繁殖に効果があります。
  ほぼ有精卵が採れるのと産卵数が多くなります。
  産卵・育雛後に与えているとメス鳥の体力回復が断然に早いです。
2)羽の色艶が大変よくなり、病気に掛かりにくい丈夫な個体に育ちます。
3)与え方は成鳥には餌に混ぜ、雛には挿餌に混ぜて与えます。
  混ぜる量は適当で小さじですくって入れています。雛は雛のパウダーフードがうっすらと緑 になる  くらい。
4)鳥用として売られている高価なビタミン剤よりずっと良いです。

この報告で感じますのは稚魚での効果と似ていること、そして親魚の体調維持など良く似ていることに気が付きました。小鳥を飼っている皆様もぜひ実感してください。養鶏業者の方も一度いかがですか・・・店長


Posted at 2013年08月01日 22時37分31秒  /  コメント( 0 )

スピルリナ

サン・スピルリナが好評です(5)

弊社の粉状のスピルリナを使って自前の餌を作っている業者の方の紹介はしましたが、今度は
一般の方が手軽にできる方法を紹介します。
寒天でスピルリナを固めて与える方法です。魚の食いつきも良く、水を汚すこともなくご家庭でも簡単にできます。
スピルリナの量は10%前後で試してください。”ミジンコ君”を一緒に入れて固めると”ミジンコ君”を稚魚だけでなく成魚に与える事も可能です。お試しください。
                                      店長


Posted at 2012年10月16日 17時50分08秒  /  コメント( 0 )

サン・スピルリナ(4)

サン・スピルリナが好評です(4)

自前で餌を作っている業者の方からの報告です。
 魚の成長に合わせた原料を工夫した”つなぎ”と混ぜ練り餌を作り、浅い盆状の容器に塗 り付ける ように盛り、水中に吊り下げます。原料にはもちろんスピルリナも入っています。色揚げ効果も良く  生育も順調です。

店長から一言;
 色揚げ効果はスピルリナの持つ光合成色素の働きですが、スピルリナは光合成によりでんぷんではなくグリコーゲンというものを蓄えます。(スピルリナの大きな特徴です)。 このグリコーゲンはエネルギーへの変換効率が良く動物の運動性能を高めます。このこともスピルリナが成魚だけでなく稚魚・稚貝・プランクトンなどの生まれたての生物に有効な理由です。私どもの”ミジンコ君”にも入っています。サン・スピルリナの20/袋についてはホームページの”お問い合わせ”をご利用ください。数百キロ単位でもOKです。


Posted at 2011年07月15日 19時41分41秒  /  コメント( 0 )

サン・スピルリナ(3)

<サン・スピルリナが好評です(3)>

 自前で餌を作る養殖業・養鯉業の方からサン・スピルリナを使うと色揚げ効果が市販の餌に比べかなり違うとの報告をたくさんいただくようになりました。

 色揚げの効果はサン・スピルリナ中のカロテノイドという物質であるというお話は前回書きましたが、市販の餌と差が出るのは、このカロテノイドは空気中の酸素と接触していると時間がたつにつれて減ってくるからです。

 市販の餌にも色揚げ用としてスピルリナが一般的に使われていますが、餌の製造、流通、販売の段階で長く空気に触れるためカロテノイドが減ってきています。
 自前で餌を作りますと、この過程が短縮され空気に触れる時間が短くなり、高いカロテノイド を含んだ餌ができるから、優れた色揚げ効果が出ることになります。
 皆様も自前の餌を作り実感してください。

 なお、サン・スピルリナは生産直後に酸素バリヤの包装をして流通段階では酸素に触れること はありませんが、開封後はなるべく酸素に接触しないように密閉し暗所に保存してください。

 20kg/袋のご注文はホームページの”お問い合わせ”のコーナーでご連絡ください。
 お値段は配慮させていただきます。


Posted at 2011年02月05日 14時46分45秒  /  コメント( 0 )

サン・スピルリナ(2)

<サン・スピルリナが好評です(2)>

 昨日の記事に早速色々お返事をいただきました。有難うございます。
カロテノイドの含量ですが規格値は350mg/100gですが、現在ありますのは500mg/100gとなっており非常に高いです。
 
 また、金魚、錦鯉の赤や黄色などはアスタキサンチンというカロテノイドの一種ですがスピルリナのカロテノイドは主にゼアキサンチンやベータカロチンです。これらのカロテノイドが魚の体内で代謝されアスタキサンチンに変わり、きれいな赤や黄色になります。アユ、タイ、エビなどの水産物の多くはこのメカニズムです。

 クロレラに多く含まれるルテインではこの代謝が上手に行かず、色揚げにはクロレラではなくスピルリナが使われる理由です。
                                       店長


Posted at 2011年01月30日 12時30分41秒  /  コメント( 0 )

サン・スピルリナ

<サン・スピルリナが好評です>
 
 サン・スピルリナが好評です。一般の方はもちろんですが養魚場・養鯉場の方からも高い評価をいただいています。 
 スピルリナは栄養が優れている他にカロテノイドがたくさん含まれていることで金魚や錦鯉の色揚げ用としてよく使われています。
 弊社のサン・スピルリナはこのカロテノイドが特に多く含まれており、養魚場や養鯉場を経営されていてご自分で餌を工夫されている方から市販の餌より安くて質の良いものができると評判をいただいています。
 ぜひ一度お試しください。20kg/袋・単位でのご注文には特別価格を用意していますので
ホームページの”お問い合わせ”でご連絡ください。
                                        
                                      店長


Posted at 2011年01月29日 13時10分20秒  /  コメント( 0 )

タマミジンコの休眠卵(62)

またまた楽しい
サン・スピルリナを買われた女性の方からの報告です。
「金魚の餌にサン・スピルリナを購入しました。金魚の色がきれいになり喜んでいます。同じ部屋に置いてあるパンジーの鉢の一つにサン・スピルリナを溶いて撒いてみました。暫く忘れていましたがパンジーの花が咲き出した時に思い出しました。他の鉢のパンジーと明らかに色が鮮やかで花数も違ったからです。サン・スピルリナは金魚だけでなく花の色もきれいになるのですか?」
・・・店長も花の色にまで効果があるかは正直良く分かりません。でも、この前のイチゴの話と良く似ていますね。”花数が多くなり甘いのが出来た”
ただ、肥料として使うには少々高い気もしますが家庭で使う分には問題ないでしょうね。皆さんも植物とスピルリナの話がありましたらお知らせ下さい。


Posted at 2010年03月23日 00時10分22秒  /  コメント( 0 )

タマミジンコの休眠卵(59)

おもしろいニュース
弊社のサン・スピルリナを買われた方から面白いご報告をいただきました
「自宅で趣味でイチゴをやっていて、肥料の一部にスピルリナを混ぜたら、花がたくさん付き、実ったイチゴが甘くなったということです。」
確かにスピルリナは栄養豊富ですから肥料として優秀?と思いますが、甘くなるとは知りませんでした。家庭菜園をやられている方は一度試したら如何ですか。・・・店長


Posted at 2010年03月07日 00時36分40秒  /  コメント( 0 )

タマミジンコの休眠卵(40)

自由研究(5) スピルリナとクロレラ
 お問い合わせ中に”スピルリナとクロレラは同じものか”という質問が時折あります。
スピルリナとクロレラは別物です。スピルリナもクロレラも藻という字がありますので間違えますがスピルリナは藍藻、クロレラは緑藻です。ただ決定的な分類学上の違いは、スピルリナは原核生物で細胞に核を持っていません。クロレラは真核生物で核を持っています。スピルリナの方がはるかに原始的で、光合成能力を最初に獲得した生物で地球に最初に酸素をもたらしました。
更に細胞壁がないため次代の生物にとって消化がし易いです。詳しくはまた別の機会にします。
・・・店長


Posted at 2009年08月30日 21時32分20秒  /  コメント( 0 )

タマミジンコの休眠卵(35)

スピルリナは素晴らしい
 今日はスピルリナ(商品名 サン・スピルリナ)についてです。サン・スピルリナはスピルリナ100%の噴霧乾燥粉末です。そのため粉末一つは100μ(0.1mm)前後と小さいですが、中に気泡を含んで沈み難いです。そのまま水槽に撒いても余り汚れません。魚の嗜好性も抜群で、栄養価も高く、更に色揚げ効果は皆さんも良くご存知の通りです。一度お試し下さい。
 


Posted at 2009年08月12日 14時16分07秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ