サン・ニュートリション株式会社は、スピルリナやケフィアを素材とした健康食品・ペットフードの開発、製造、販売を手がけています。 このたび、ミジンコ、ワムシや熱帯魚、金魚、メダカなどの孵化直後の、まだミジンコも食べられないような稚魚を主なターゲットにした画期的なエサ”ミジンコ君”を開発しました。是非一度お試しください。 金魚、らんちゅう、熱帯魚、メダカなどの究極のエサといわれるミジンコのエサ用に開発した「ミジンコ君」がお求めいただけます。 「ミジンコ君」で育ったミジンコを稚魚に与えると稚魚の生存率が高まり、貴重ならんちゅう、金魚、熱帯魚、メダカをたくさん育てることができます。(ミジンコ耐久卵/ミジンコ休眠卵)
メインメニュー
2009-06-13 の記事

タマミジンコの休眠卵...

分散培養のお勧め
ミジンコが良く増える季節になりました。
どんどん増えるのでついつい餌を遣り過ぎて折角のミジンコを死滅させてしまうケースがあります。 そこでお勧めなのが必ずいくつかの容器に分けて培養してください。一つの容器で死滅しても他の容器で生きていれば問題はありせん。
餌やリが面倒になりますが、安心のために必要です。


Posted at 2009年06月13日 01時17分22秒  /  コメント( 0 )