サン・ニュートリション株式会社は、スピルリナやケフィアを素材とした健康食品・ペットフードの開発、製造、販売を手がけています。 このたび、ミジンコ、ワムシや熱帯魚、金魚、メダカなどの孵化直後の、まだミジンコも食べられないような稚魚を主なターゲットにした画期的なエサ”ミジンコ君”を開発しました。是非一度お試しください。 金魚、らんちゅう、熱帯魚、メダカなどの究極のエサといわれるミジンコのエサ用に開発した「ミジンコ君」がお求めいただけます。 「ミジンコ君」で育ったミジンコを稚魚に与えると稚魚の生存率が高まり、貴重ならんちゅう、金魚、熱帯魚、メダカをたくさん育てることができます。(ミジンコ耐久卵/ミジンコ休眠卵)
メインメニュー

ミジンコ君

“ミジンコ君 仔魚の餌”その

魚類はたくさんの卵を産み、孵化しますが、その多くは死んでしまいます。
理由は卵黄を使い切っても、まだアゴや消化管、筋肉などが十分発達していない為に摂餌が上手にできず、更に餌が目の前にあっても餌と認識が出来ないからです。仔魚の餌としてはワムシやアルテミア、ミジンコなど動物プランクトンがあります。
“ミジンコ君”はこれらの動物プランクトンの餌として開発したものですが、多くのお客様から孵化直後の仔魚に直接与えたら死亡率が極端に減って成長が早いという報告をいただく様になりました。ミジンコが要らない??
“ミジンコ君”が餌の中でも特に難しいと言われる仔魚の餌として有望になりました。微粒子ゆえに仔魚が口をパクパクしただけで自然に体内に取り込まれ、吸収も容易で栄養的にもマッチしている為と思われます。母乳代わりです。
趣味の方だけでなく養殖の方も是非お試しください。      店長

Posted at 2016年04月30日 10時06分02秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*