ヒロコの料理、ケーキ、パン、薬膳料理等、毎日の授業風景、レシピを更新中! 中兵庫信用金庫の季刊誌“ふれあい”に掲載しているレシピです!最近、体にいいシフォンケーキの販売を始めました!ぜひ一度お試し下さい ◎初回から現在までに掲載した“ふれあい”レシピはH.Pトップページ『ヒロコの一口健康メモ&レシピ』よりご覧いただけます。
メインメニュー
2015-01 の記事

2015年2月の予定表 掲...

大変お待たせいたしました!!
2015年2月のスケジュール・メニューを掲載いたしました!


****************************************

ほぼ毎日更新中のブログも宜しくお願いします!

毎月の予定をちょっと細かく掘り下げたブログを開設しました!
1週間のメニューの予定や状況など、毎日更新していく予定なので、ぜひ見てくださいね!

http://plaza.rakuten.co.jp/hihhi/

フェイスブックもやってます★
http://www.facebook.com/hirokocs


Posted at 2015年01月15日 23時46分48秒  /  コメント( 0 )

冬の大根

今は 一年中出回っている大根ですが一番美味しくて みずみずしい栄養価たっぷりなのは冬!冬野菜の代表格です。冬メニューのおでんで一番人気も大根です。今回は冬の大根だから美味しい、そして味も栄養面でも相性が良い豚肉と作るヒロコで人気の2品をご紹介するのですが…
何故か 夏の大根では物足りなく感じます。何故なら 大根はもともと冬の野菜なのです。大根は95%以上が水分で、寒くなると凍りやすくなります。凍ってしまうと大根自身がダメになってしまうので、凍らないように糖分をため込む性質があるそうで 冬の大根は、気温が低く霜が当たれば当たる程 甘味がどんどん増して行き、甘くてみずみずしくなり糖度を増して けなげに次世代の種を守って歴史を作ってきたことになります。そして 夏の大根は水分が多いため雑菌や虫の被害を受けて腐らないよう殺菌効果のある辛みを持つようになって現代のようにややピリ辛でサラダ向きの夏大根になったそうです。
また、大根は下の先っほの生長が盛んで、活発に細胞分裂を行い成長し続けるため生長点に害虫を寄せつけないよう辛みが増したためと考えられ上の方が甘く、下に行くほど辛みが強いそうです。だから私達使用者は調理方法に応じて、大根の使う部位を選び、葉に近い首の部分は甘みが強くやや固めなので、おろしやサラダに!また、柔らかい中央部分はおでんや風呂吹きなどの煮物やあらゆるメインメニューに使いこなし、先端部分は辛さを活かして、薬味的に使うと良いでしょう。
昔、明治後期の日本人は現在の3倍の量の大根を食べていたと記録されています。当時薬が少なく栄養、効能の高い大根が重要視され“食べる万能薬、大根は捨てることなく食い尽くす”証しなのだそうです。大根には、天然の消化剤といわれる酵素のジアスターゼやアミラーゼが豊富で疲れた胃腸の働きを助け、食欲不振を改善します。大根の辛味成分アリル化合物には、炎症を鎮め、せきを止め、さらに殺菌の働きや抗がん作用があります。そして ビタミンCは、皮膚の健康を維持する働きや抗酸化作用があり、シミやシワの予防、肌にハリを与える栄養素としてしられています。などなど…葉っぱや干し大根も限りなく栄養が高く…もっともっと冬の大根に感謝して大いに大根を食べつくせるよう頑張りましょう。


◎豚しゃぶ大根
大根500g→7mm厚さに切る。
豚しゃぶ肉200g→茹でて水に取る  
人参適量→梅型にうす切り
薬味 (大根おろし200g、輪切り青ネギ1本分、柚子皮細切り少々、あれば韓国唐辛子少々) ポン酢1/2cupほど
500g程の大根は7亳さのいちょう切りや半月切りにする。
∋弔蠅200gの大根はすり卸しておく。
やや多めの沸騰した湯で豚肉をほぐしつつ茹でて水に取り 残りの湯で,梁膾を軟らかくなるまで茹で茹で汁に浸けたまま冷ます。
の笋瓩紳膾を皿に盛り 豚肉を2儖未砲舛ってのせ 薬味の大根おろしを汁ごとかける。
残りの薬味と人参を散らしポン酢をかけてしばらく置いて味をなじませてからいただく。
一口メモ
煮物に匹敵するぐらい美味しくて好評メニューです。
肉の旨みの残った湯で大根を茹でたり 熱い内に茹でた大根を取り出すと水分が抜けてしまいます。ポン酢をかけて少し置いた方が大根が美味です。 冬の大根ならではの一品お試しください


◎肉まき大根ステーキ
大根 400g〜500g 
豚バラしゃぶしゃぶ用又は薄切り 200g〜
付け合せのキャベツせん切りや水菜 レタスなど適量
片栗粉 白ゴマ 
Ⓐ(砂糖大s1強 みりん,酒各大s2 濃口大s3 卸しニンニク,生姜各少々 )

‖膾は皮をむき1cm厚さの輪切り8枚とってヒタヒタの水と共に圧力鍋に入れ蓋をし火にかける。沸騰後弱火で1分茹で火を止めて冷めるまでおく。→好みに茹でる→水にとる
⇔笋瓩紳膾の水けをふき取り豚肉を全体を包むように巻く。
△吠匏粉を薄くつけて温めたフライパンに少量油をなじませ並べて蓋をしてじっくり両面焼く。
余分な油を捨てⒶを合せて入れ返しながら全体に照りよくからませて仕上げる。
一口メモ
分厚い大根は圧力鍋で茹でると短時間でとても柔らかくなるのですが普通のお鍋でゆっくり10〜15分茹でてもいいです。豚肉はバラ肉が巻きやすいので前もってばら肉のしゃぶしゃぶ用を予約して購入されると良いでしょう。ヒロコは200gを5パックまとめて注文し冷凍 自然解凍であれこれ利用しています。
また、今回はコチュジャンをみりんで溶いて糸状にかけてます。


Posted at 2015年01月02日 14時54分11秒  /  コメント( 0 )