ヒロコの料理、ケーキ、パン、薬膳料理等、毎日の授業風景、レシピを更新中! 中兵庫信用金庫の季刊誌“ふれあい”に掲載しているレシピです!最近、体にいいシフォンケーキの販売を始めました!ぜひ一度お試し下さい ◎初回から現在までに掲載した“ふれあい”レシピはH.Pトップページ『ヒロコの一口健康メモ&レシピ』よりご覧いただけます。
メインメニュー

納豆は冬の季語

“納豆の味をだるまに尋ねばや”明治26年正岡子規が詠んだ俳句です。
この句の季語は「納豆」他にも「納豆売り」「納豆汁」など、納豆がつく言葉は
“冬の季語”と知っていましたか? 納豆は一年中出回ってますが、秋の大豆収穫後、冬の寒さを経験した柔らかい新大豆で仕込む1月からの納豆が一番美味しいと言われ、冬の季語に決まっているそうです。
畑の肉と呼ばれる<大豆>を蒸して発酵させた納豆は 脂質・食物繊維・ビタミンBやミネラル等がバランス良く含まれます。天然の消化薬とも言われ 疲労回復や肝臓機能改善 血液サラサラ、精神の安定 ダイエット効果 美肌効果 脂肪の吸収抑制 等々きりがありません ただ、残念なことにビタミンA・Cが含まれず、昔より刻みネギなどの薬味を入れるのは素晴らしい生活の知恵と思います。
今回 組み合わせでより効果を引き出す食材も覚える事良しと綴ります。
☆美肌効果がアップ「+アボカド」☆腸内をキレイにお腹の調子を整える「+オクラ」☆疲労を回復効果「+ネギや梅干しや生姜」☆白髪を改善「+ごま」
そして、納豆を食べるのは朝食のイメージですが血栓が起こりやすい時間帯に“ナットウキナーゼ”が活発に働くよう夕食に食べるのがいいそうです。夜に食べると血液サラサラ効果アップ!またカルシウムにリラックス効果有りで、夜に食べると“安眠・熟睡”出来、 骨や歯を就寝中に形成する為、夜効果大、不溶性食物繊維が水分で膨らみ食べ過ぎを抑える等々夕食効果いっぱい。私ヒロコも朝納豆は毎日、そして疲れた日には夜納豆が元気の素になっております。
今回の2品で皆さまもお試しください。


◎清麹醤(チョングッチャン) 
納豆 1パック
キムチ50〜100g
絹豆腐 1/2丁
えのき 1/2袋 
斜め輪切りのネギ
にんにく1片
ゴマ油大s1 
Ⓐ(水5カップ ガラスープとだしの素各小s1 田舎味噌大s山2(50〜60g)
’柴Δ肋粒又は更にカッターでつぶしておく。キムチは粗きざみ
絹豆腐は1儚僂棒擇蝓△┐里は3僂棒擇辰討曚阿靴討く。
⊃柴蕕縫乾淕を入れ おろしにんにくとキムチを炒めⒶのスープ等を入れ煮立る。
Fι紊箸┐里を加えて味噌を溶き入れ納豆も加えて全体を混ぜ合わせて出来上がり(納豆を入れて煮込みすぎない方が効果大、臭くないです)
一口メモ
韓国の粒々大豆の固い清麹醤味噌を納豆で代用します、キムチときのこを合わせてトリプル菌メニュー!最強風邪予防、美容に血液に効果色々…そして美味です。



◎山形名物 ひっぱりうどん 
うどん 3〜4玉
白菜 1/4個
昆布 7冂1枚
薬味たれ
納豆 2パック
味付けや水煮さば缶 1缶
卵 2個
青ネギ(輪切り) おろし生姜 各適量

お好みで 大根おろしや山芋 かつお削り節やきざみのりなど
めんつゆや醤油 

〇碍舛任牢ヌ佑鱶Г任道箸Δ里任垢冷凍うどんや太目の茹でうどんを用意する。
そして、ヒロコ風は白菜をざく切りにしてプラスし土鍋に湯を沸かし昆布と
うどん 白菜を入れて煮立てる

▲棔璽襪貿柴Α▲汽亟未禄舛瓦函⇒颪鮃腓錣擦謄哀襯哀觝ぜ 各自の取り鉢に等分に入れ お好みの薬味と麺つゆ等も合わせて置く。
煮立ったうどんと白菜を引っ張って△某擦韻討い燭世。
一口メモ
具をあまりいれないで長いうどんを引っ張り合って食べるからとも言われる体が温まるユニークなうどん鍋です。薬味色々が納豆の効能を高めてくれますよ〜

Posted at 2018年01月22日 19時22分46秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*