ヒロコの料理、ケーキ、パン、薬膳料理等、毎日の授業風景、レシピを更新中! 中兵庫信用金庫の季刊誌“ふれあい”に掲載しているレシピです!最近、体にいいシフォンケーキの販売を始めました!ぜひ一度お試し下さい ◎初回から現在までに掲載した“ふれあい”レシピはH.Pトップページ『ヒロコの一口健康メモ&レシピ』よりご覧いただけます。
メインメニュー

発芽玄米とは!

今年も新米のおいしい季節になりました。真っ白でつやつやの炊きたての新米ごはんは、香り、味、もっちり感がたまらなく、ついつい何杯もおかわりしてしまいます。
 丹波のお米は本当に美味しいと堂々思いますが、白米は並び変えると"粕"となることをご存知でしたか?玄米の胚芽、果皮、糠粉層(3層で糠)を取り、白米に精白するのですが、ビタミンB群や鉄、リン、カルシウムなど私達に必要な栄養分は、ほとんど"糠"に含まれております。なのに何故、玄米を主食とされなかったのか?いろいろ説はありますが、固くて、食べるためには水に長く浸したり、圧力釜などで炊いたりしないと柔らかくならないのが面倒や消化がよくないなど・・・。
 でも発芽玄米は違います。固い皮の繊維がこわれて柔らかくなり、次の世代を育てる為の滋養分が満ち溢れ白米同様普通に炊けて、栄養分も数倍パワーアップしております。
 一日30品の食品の食品を摂ることを勧められておりますが、玄米だけではかなり栄養バランスが可能で日々少しづつ続けることで、健康にも美容にもかなりの効果が期待できます。
 また陰陽論の説では、基礎体温も上がり、イライラすることもなくなり、性格もかなり良くなれそうと言われます。ただ発芽玄米は買うとかなり高価ですので私、身近な保温制のある水筒で手軽に玄米で発芽する方法を発見いたしました。
 薄茶色の玄米は初めはきになりますので、白米に2割程混ぜて、炊き込みごはんからスタートし、徐々に割合を増やし無理せず毎日少しづつ続けることを目標にお試し下さい。
 人間の細胞は3ヶ月で入れ替わるそうです。3ヶ月後を楽しみに頑張ってみて下さい。
 "人類を救うのは玄米"と私は信じております。

★★★ レシピ:簡単すぎる!中華風五目ごはん★★★
<材料> (4人分)

発芽玄米・・・1/2合
 
白米  ・・・2・1/2合
 
焼き豚・・・100g
たけのこ・・・100g
干し椎茸・・・3枚
人参  ・・・60g
※せれぞれ7mm角に切る

生姜・・・10g程細切り
青ネギ・・・1〜2本輪切り

【A】オイスタソース 大s2、淡口 大s1、酒 大s2、塩小s1/3  

【B】ごま油 大s1〜2 、グリンピース  1/2cup 

<作り方>

(1)2種の米、(白米だでもOK)は洗ってザルのあげ30分以上おく。

(2)炊飯器に,諒討反紊函A】でいつもの水加減にし生姜と7mm角に切った材料を入れてスイッチ!

(3)炊き上がり【B】のごま油を加えて、全体を良く混ぜ、グリンピースも入れて、再びふたをし、
   5〜10分むらす。

(4)青ネギも加えてもう一度混ぜていただく。

■■■ 一口メモ ■■■
 オイスターソスで味をつけ、普通の炊き込みごはんのように炊き上げてから、ごま油を混ぜるので芯が残ったり、炒めるなどの面倒がありません。冷めても固くならず野菜たっぷりで玄米も多分気がつかず食べていただけるでしょう。そして、色々応用もできます。ご活用下さい。

Posted at 2008年03月10日 17時18分52秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*