ヒロコの料理、ケーキ、パン、薬膳料理等、毎日の授業風景、レシピを更新中! 中兵庫信用金庫の季刊誌“ふれあい”に掲載しているレシピです!最近、体にいいシフォンケーキの販売を始めました!ぜひ一度お試し下さい ◎初回から現在までに掲載した“ふれあい”レシピはH.Pトップページ『ヒロコの一口健康メモ&レシピ』よりご覧いただけます。
メインメニュー

食育って?

2005年に“食育基本法”が施行され、私達はあらゆる分野で“食育”の文字を眼にすることが多くなりました。そして、私もこの度NPO食育インストラクター協会(服部幸應理事長)の食育インストラクター1級の資格を取得することができました。
 今、な“食育”なのか?
 人間が人として生きて行く上で切り離すことのできない“食べる”ことを法律として取り上げないといけないほどの日本の食をめぐる現状は乱れているそうです。
 “食育”とは、一、生きる上での基本であって、知徳・徳育・及び体育の基礎となるべきもの。
ニ、様々な経験を通じて『食』に関する知識、『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること。
 この2点を基に国民全体がそれぞれの立場で食を考え、食を大切に健全な食生活を実践しこれからの日本を形成すべき子ども達の〜食力(安全な食べ物、栄養バランス、旬、食習慣など)を養う。
⊃事作法を身につける。(日本の食文化、作法の子ども達へ伝承)C狼紊凌(農業や環境問題、日本の自給率などを地球サイズで)考える。
 以上を食育の3つの柱とし、それぞれが今の日本、これからの日本、そして、これからの子ども達のために出来ることから取り組んで行きましょうということらしいです。
 今、必要なのは教育パパママではなく、食育パパママ、健康な心と身体“食べる力”を育てる日々の食卓を大切に家族が笑顔で集まって囲む食卓つくりこそが私達の食育の第一歩と言われております。
 今回は体に良い安全な手作りで日々食べて欲しい五目煮豆と楽しく家族で作っていただきたいお好み焼をご紹介します。

★★★ レシピ:お好み焼き我家風★★★

<材料> (4人分)

キャベツ・・・1/4個(300g程)
   ※細切り
人参・・・1/4本(30g弱)
   ※極細切り
ひじき・・・大s1〜2
   ※水につけてもどす
青ネギ・・・1〜2本
   ※輪切り
豚バラ肉・・・120g

 【A】長芋・・・100〜150g、卵1個、牛乳150cc、薄力粉1cup強(130g)

【B】天かす1/2cup、サクラエビ1/3cup、粉かつお大s1、すり白ゴマ大s1)

 【C】青のり粉、花かつお、マヨネーズ、お好みソース、ケッチャップ、辛子など

<作り方>

(1)長芋をすりおろし、残りの【A】と共のボールに合わせてよく混ぜ、キャベツ、人参、ひじき、青ネ ギと【B】を加えてまたよく混ぜ合わす。

(2)ホットプレートやフライパンを熱し、油を少々なじませて、(1)を2〜4に分けて丸く平らに広げる ように入れる。豚肉を全体に並べるようにのせ、ふたをし、弱火で3分程蒸し焼きにする。

(3)豚肉に8割程火が通ったらひっくり返し、フライ返し等で、しっかりおさえてやや中火〜強 火で豚肉から余分な油が出てこんがりきつね色になるまで焼く。

(4)皿に豚肉が上になるように盛り、【C】のマヨネーズ、ソース、ケチャップなどを線状に絞り、青の り、花かつおをたっぷり散らす。

■■■ 一口メモ ■■■
お好み焼は野菜のビタミンや桜エビ、かつお等のカルシウムなど栄養バランス抜群の食べ物です。できれば添加物の多い、お好み焼粉ではなく、自分で自由に合わせてみるのもおすすめです。我が家はひじき、ごま、牛乳、びっくりするほど桜エビなど、体に良い物をあれこれ加え、まとめ焼きして冷凍しております。

★★★ レシピ:五目煮豆 ★★★

 <材料> (4人分)

大豆乾・・・250g(2cup弱)

 【A】こんにゃく・・・1枚
   れんこん・・・100g
   ごぼう・・・100g
   たけのこ・・・100g
   干椎茸・・・5〜6枚
   大根・・・100g
   人参・・・150g

昆布・・・10g
  ※1cm角にはさみで切る

グリンピース・・・1/2cup

生姜・・・15g
  ※細切り

花かつお・・・10g(紙パック)

【B】みりん・・・大s2、さとう・・・大s8(80g)、淡口・・・大s6

<作り方> 

(1)大豆は3倍の水に6時間以上浸す

(2)【A】の野菜はそれぞれに1cm角に切る

(3)圧力なべ(4リットル以上)に大豆とこんにゃく、れんこん、ごぼう、たけのこ、
  干椎茸、生姜、紙パックに入れたかつおを入れ、
  (1)の漬け汁3・1/2cupと【B】を入れ、ふたをして、火にかけ沸とう後、
  弱火で3分(6時間浸した場合)〜0分(12時間以上の場合)煮、火を止め圧力が落ちるまでおく

(4) ふたをとり、大根、人参、昆布を加えて煮汁が少なくなるまで、煮詰め、かつおを取り出し、グリ ンピースを加えて仕上げる

■■■ 一口メモ ■■■
 根っこ野菜を色々たっぷり食べれて会話がはずみます。ないものがあれば他を増やして調節しましょう。体を暖め、元気にしてくれる一品です。圧力なべだと本当に簡単で子供やシルバーにも大ウケ!!です。添加物の多い市販のものよりあっさりでかなりの量ですが、冷凍できます。


中兵庫信用金庫 ふれあい 32号 掲載

Posted at 2008年03月03日 18時49分50秒

 
この記事へのコメント

お料理って楽しい?

3月5日?グルメ四季に初参加 諸先輩(料理、人生)に囲まれ…???楽しい?体験でした ありがとうごさいました
Posted by H・K at 2009/03/08 02:36:31

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*