トピックス

障害者雇用支援の説明会がおこなわれました

当法人では、今年4月から2名の知的障害者が勤務しています。
が、我々の知的障害に対する理解不足などもあり、なかなか順調には進んでいない状況でした。
高齢者への支援はお手の物ですが、ある意味「未知の世界」です。
そこで、外部の専門家の力をお借りしつつ、障害者雇用支援に関する説明会を、8月6日に開催させて頂きました。



講師として、彼らの卒業校である特別支援学校の先生2名、さらにサポートとして障害者就労支援センターの支援員2名にも参加していただきました(ありがとうございました!)



動画(アニメなど)を活用した説明はとてもわかりやすく、知的障害を持つ方がどんな世界に生き、どんなことを感じ、どんなことで困っているのか…これらに一歩近づけたように思います。

現実的な制約などもあり、難しい側面もあるのですが、単なる「労働力の確保」ではなく、様々な障害を抱えて生きる方々への「自立支援」として障害者雇用に取り組んで行くことを、改めて意識できた機会となりました。

また研修内でも「障害者が働きやすい職場は、全職員が働きやすい職場である」という話がありましたが、当法人の運営ビジョンにもある「職員のしあわせ」を実現していくためにも、「障害者に限らず、何かしら制約のある人も無理なく働ける職場」を目指して行きます。

特別支援学校の先生および障害者就労支援センターの支援員の方々、ありがとうございました!

Posted at 2020年08月08日 11時53分17秒  /  コメント( 0 )

フォローアップ研修がおこなわれました!

今更、という感じの記事になりますが・・
新型コロナウィルス感染予防のため、デイサービスセンターひまわりの丘・ソレイユ倶楽部を一時的に休止させて頂いた今年5月に「フォローアップ研修」がおこなわれました。

これは入職後半年〜2年程度の介護職員を対象に、介護職として必要な知識・技術・考え方を改めて学び、身に付けるための研修です。ある程度の実務経験を積んだからこそ分かること、気付けることはたくさんあり、新入職研修とは異なる意味合いがあります。



今回は4名が参加。1日8時間×8日間というボリュームのある濃い研修でしたが、これだけの時間現場を抜けるというのは普段ではかなり難しく、冒頭に書いたデイサービス等の休止を受けて実現した研修でした(転んでもただでは起きない、という感じでしょうか・・)。

初日は「利用者体験」からスタート。いつもは介護職として働いている現場で、利用者として過ごし、介助を受けることで、たくさんの気づきが生まれます。





2日目は「介護について改めて考える」、3日目以降は「移動の介護」から始まり、各介護について丁寧に学んでいきます。ただ聞くだけでなく、グループでの話し合いや、実践的な演習も織り交ぜながら、学びを深めて行きました。





最終日は「ケア実習」として、利用者さんのために自由に行動する、というワークを実施。普段の業務中心の関わりの際とは違った利用者さんの表情や会話に、ケアの大切さを実感しました。

7月からデイサービス等も通常営業となっていますが、この4名もそれぞれの職場で活躍してくれています。パチパチ。

とても意義のある研修なのですが、上にも書いた通り、なかなかこれだけの時間現場を抜けるのは難しいのです。で、これを4日間に短縮した上で、1か月に1日ずつ、4か月で1クールとなる形の「フォローアップ研修(改)」を8月より実施予定です。

ひとりでも多くの職員が受講できるように、これからも頑張って行きたいですね!

Posted at 2020年08月02日 13時35分53秒  /  コメント( 0 )

評価者研修がおこなわれました!

令和2年7月17日(金)に「評価者研修」がおこなわれました。

松栄会には「スキルアップシート」「キャリアパス」という2つの人事評価制度があり、各部署のリーダー以上の役職者が評価をおこない、人材育成につなげています。
とはいえ「人を評価する」というのは難しく、迷いや悩みも多いため、それらを少しでも解消できれば・・と、この研修がおこなわれました。

各部署の所長・主任・副主任・リーダーなど計17名が参加。新型コロナウィルスが再び拡大しつつある中、感染予防にも気を遣いながらの開催となりました。

人事評価の目的は「人を育て、活かす」ことであり、点数をつけるだけでは人は育たない・・という「人事評価制度とは?」から始まり、目標や評価基準(ハードル)をすり合わせ、共有することが評価の「納得感」につながること、自身の評価傾向を知り「評価エラー」を少なくしていくことなどが伝えられました。

研修内では多くの個人・グループワークもおこなわれ、笑い声が多く聞かれる楽しい研修となりました。1時間半の予定が2時間を少し超えてしまいましたが、それだけ充実した時間だったということでしょうね。

この研修のサブタイトルは「職員みんなの『しあわせ』につながる評価とは?」。松栄会の人事評価が、職員の「しあわせ」につながることを願っています。



写真を撮るのを忘れました・・すいません。

Posted at 2020年07月18日 11時08分02秒  /  コメント( 0 )

7月1日から デイサービスを再開します

新型コロナウィルス感染のリスクを減らし、施設に持ち込まないために、4月27日から休止していましたひまわりの丘でのデイサービスおよびソレイユ倶楽部を7月1日から再開することとしました。
ご利用の皆様には、感染予防対策についてご理解とご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
緊急事態宣言が解除され、松戸市内での新たな感染者もほぼゼロが続き、気が緩みがちになりますが、まだまだ予断は許さず、引き続き感染予防対策を徹底して、ご利用の皆様に安心しておいでいただける環境を整えてまいります。
ご不明点などお問い合わせにつきましては担当の生活相談員が承りますので、ご連絡いただければと存じます。(担当 小高・平川 ☎311−2100)
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年6月10日
社会福祉法人松栄会
理事長 梶原栄治

Posted at 2020年06月11日 07時25分17秒  /  コメント( 0 )

新職員基礎研修がおこなわれました!

4月9日(木)から29日(水)にかけて、「新職員基礎研修」がおこなわれました。
これは未経験で入職して来た介護職員に対して、現場に入る前に最低限必要な知識や技術、考え方を身に付けてもらうためにおこなったもので、4月からの技能実習生3名+高校卒の新人1名、計4名に受講してもらいました。



松栄会ではこの4月より「ケアサポートチーム(CST)」という新部署が発足され、各介護現場のサポートや、介護職員の育成に携わっていく予定ですが、この研修もCSTが中心となって企画・運営をおこないました。



全15日間に及ぶ研修は、講義・演習、そして現場実習を組み合わせながらおこなわれ、とても中身の濃いものとなりました。











そして最終日には修了式がおこなわれ、理事長より修了証書が手渡されました。
5月からは現場でのOJTに移行しますが、これからも頑張って活躍してくれることを期待しています。
皆様おつかれさまでした!!



Posted at 2020年05月04日 19時44分51秒  /  コメント( 0 )

OJT研修がおこなわれました

3月20日(金)、今年度最後の研修として「OJT研修」がおこなわれました。



OJTとはオン・ザ・ジョブ・トレーニング、つまり実際に職務をおこないながら指導をおこなう人材育成の方法です。新人職員や実習生に対して指導をおこなうのは、先輩職員としての大切な役割ですが、「人に教える」のは簡単ではなく、教える側の負担も大きいものです。

当法人のキャリアパスでは中堅職員に求められる役割・能力として「新人職員へのOJT」があり、それを身に付けるためのキャリアアップ研修として実施されました。

講師は特養の川平リーダー。これまで何度かおこなわれたOJT研修の内容をベースに、川平リーダーが受講した「ディズニーアカデミー キャストトレーニングスタイル」の内容も加えつつ、指導のポイントについて講義がおこなわれました。

4月からの新入職員さんたちに、今回の研修を活かした素晴らしいOJTがおこなわれることを期待しています!

Posted at 2020年03月29日 12時06分46秒  /  コメント( 0 )

「介護の未来案内人」として活動しています!

昨年度からおこなわれている「千葉県介護の未来案内人事業」。
1年ほど前にもブログで紹介しましたが、改めて千葉県のホームページから引用します。

〜本県では、急速な高齢化の進展により、介護のニーズが高まる中で、介護人材の確保が大きな課題となっています。

そこで、昨年度から、県内の介護現場で働く若手の介護職員を「介護の未来案内人」として委嘱し、将来を担う若者に、同じ目線から、仕事の魅力を伝える取り組みを行っています。

今年度は、日本人19名に加え、ベトナム人3名の計22名を介護の未来案内人として委嘱し、県内の高校だけでなく、県内日本語学校などにも介護の仕事の「魅力」や「やりがい」を伝えます。〜


ひまわりの丘特養で働く松本リーダーも、昨年度に引き続き案内人として活動しており、このたび県立浦安高等学校にて、介護の仕事の魅力を伝えて来ました。



体育館に集まったのは、1年生全員で、その数200名以上! 先生方も大勢来られていました。



前回同様、まずは螢螢ルートキャリア様より高齢化の状況や介護職の現状、介護のトレンドなどについて話があり、介護職について多くのイメージが誤っていることを伝えてくれました。



続いて松本リーダーが登場、システムエンジニアの仕事から介護職に転職した経緯やその比較、ひまわりの丘での様々な取り組みなどについて語ります。



前回と変わっていたのは、子供が産まれたことと、家と車を買ったことが追加されていました。幸せですね〜。



生徒さんからの質問にも答えます。



介護という仕事を楽しんでいる松本リーダーだからこそ、その魅力が伝わり、正に適任ですね。
この中から、将来介護の仕事に進む方が出てくることを期待しています。

Posted at 2020年01月09日 17時40分25秒  /  コメント( 0 )

感染予防についての研修がおこなわれました

研修2連発!ですが実際には1か月ほど空いています・・。

12月20日(金)、キャリアアップ研修「感染予防基礎研修」がおこなわれました。当法人キャリアパスのLevel2(一人前)に対応した研修で、最近入職した3名を含む、6名の職員が参加しました。



今も巷ではインフルエンザが流行っていますが、高齢者施設にとって感染症は大敵で、その予防は非常に重要です。ひまわりの丘では過去何度か痛い目にあっていますが、その経験の積み重ねを活かして行くことが大事。当法人では入職初日から感染予防についてのレクチャーがありますが、その拡大版として研修がおこなわれました。



基礎知識の講義に続いて、間違った感染予防対応の写真を見て問題点を当てる「間違い探し」や、感染症発生時に隔離をおこなうためのセッティング演習、そしてノロウィルス対策で重要な吐物処理の実習がおこなわれました。



日頃から感染予防に取り組むこと、そしていざと言う時に適切な対応をおこなうこと。今回の学びを活かして行きましょう!

Posted at 2019年12月25日 20時14分22秒  /  コメント( 0 )

「ラインケア」についての研修がおこなわれました

すっかりアップが遅れてしまいましたが・・ほぼ1か月前の11月29日(金)、教育委員会主催のスポット研修「メンタルヘルス」として、ラインケアをテーマとした研修がおこなわれました。

講師は昨年に続き、千葉産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員の近藤様。昨年は自分自身をケアする「セルフケア」がテーマでしたが、今回は続編ということで、上司やリーダーが部下・メンバーをケアする「ラインケア」をテーマに講義していただきました。

テーマに合わせて、法人内各部署の部長・センター長・主任・リーダーなど、計16名が参加。ストレスの基本から始まり、組織の責任と一次予防(健康配慮義務)、メンタルヘルス不調者への基本的な対応、コミュニケーションの秘訣など、2時間近くに渡って学ぶことが出来ました。

職員同士がサポートし合いながら、元気に働き続けられる職場を作って行きましょう!



何というか‥写真が行方不明なのです。すいません。

Posted at 2019年12月25日 19時55分26秒  /  コメント( 0 )

医療基礎研修がおこなわれました

10月18日(金)、教育委員会主催のキャリアアップ研修「医療基礎研修」がおこなわれました。



これは当法人にて導入準備中のキャリアパスに対応した研修で、主に新人〜一人前の非医療職を対象としておこなわれました。

高齢者の生活を支えるためには「医療」が欠かせません。介護職などの非医療職も、最低限の医療的知識は身に付けておく必要があります。

単なる知識の詰め込みではなく、どこを見て、どこに注意し、どのように繋ぐのか‥といった実践に役立つ研修がおこなわれました。



受講者からは「知っているようで知らないことばかりだった」「他人に説明するための根拠を改めて学ぶことができた」「介護職に医療知識がなぜ必要なのか分かった」などの感想が聞かれ、良い学びの機会になったようでした。

今後の実践に活かして行きましょう!

Posted at 2019年11月04日 16時26分55秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ