トピックス

新職員基礎研修がおこなわれました!

4月9日(木)から29日(水)にかけて、「新職員基礎研修」がおこなわれました。
これは未経験で入職して来た介護職員に対して、現場に入る前に最低限必要な知識や技術、考え方を身に付けてもらうためにおこなったもので、4月からの技能実習生3名+高校卒の新人1名、計4名に受講してもらいました。



松栄会ではこの4月より「ケアサポートチーム(CST)」という新部署が発足され、各介護現場のサポートや、介護職員の育成に携わっていく予定ですが、この研修もCSTが中心となって企画・運営をおこないました。



全15日間に及ぶ研修は、講義・演習、そして現場実習を組み合わせながらおこなわれ、とても中身の濃いものとなりました。











そして最終日には修了式がおこなわれ、理事長より修了証書が手渡されました。
5月からは現場でのOJTに移行しますが、これからも頑張って活躍してくれることを期待しています。
皆様おつかれさまでした!!



Posted at 2020年05月04日 19時44分51秒  /  コメント( 0 )

OJT研修がおこなわれました

3月20日(金)、今年度最後の研修として「OJT研修」がおこなわれました。



OJTとはオン・ザ・ジョブ・トレーニング、つまり実際に職務をおこないながら指導をおこなう人材育成の方法です。新人職員や実習生に対して指導をおこなうのは、先輩職員としての大切な役割ですが、「人に教える」のは簡単ではなく、教える側の負担も大きいものです。

当法人のキャリアパスでは中堅職員に求められる役割・能力として「新人職員へのOJT」があり、それを身に付けるためのキャリアアップ研修として実施されました。

講師は特養の川平リーダー。これまで何度かおこなわれたOJT研修の内容をベースに、川平リーダーが受講した「ディズニーアカデミー キャストトレーニングスタイル」の内容も加えつつ、指導のポイントについて講義がおこなわれました。

4月からの新入職員さんたちに、今回の研修を活かした素晴らしいOJTがおこなわれることを期待しています!

Posted at 2020年03月29日 12時06分46秒  /  コメント( 0 )

「介護の未来案内人」として活動しています!

昨年度からおこなわれている「千葉県介護の未来案内人事業」。
1年ほど前にもブログで紹介しましたが、改めて千葉県のホームページから引用します。

〜本県では、急速な高齢化の進展により、介護のニーズが高まる中で、介護人材の確保が大きな課題となっています。

そこで、昨年度から、県内の介護現場で働く若手の介護職員を「介護の未来案内人」として委嘱し、将来を担う若者に、同じ目線から、仕事の魅力を伝える取り組みを行っています。

今年度は、日本人19名に加え、ベトナム人3名の計22名を介護の未来案内人として委嘱し、県内の高校だけでなく、県内日本語学校などにも介護の仕事の「魅力」や「やりがい」を伝えます。〜


ひまわりの丘特養で働く松本リーダーも、昨年度に引き続き案内人として活動しており、このたび県立浦安高等学校にて、介護の仕事の魅力を伝えて来ました。



体育館に集まったのは、1年生全員で、その数200名以上! 先生方も大勢来られていました。



前回同様、まずは螢螢ルートキャリア様より高齢化の状況や介護職の現状、介護のトレンドなどについて話があり、介護職について多くのイメージが誤っていることを伝えてくれました。



続いて松本リーダーが登場、システムエンジニアの仕事から介護職に転職した経緯やその比較、ひまわりの丘での様々な取り組みなどについて語ります。



前回と変わっていたのは、子供が産まれたことと、家と車を買ったことが追加されていました。幸せですね〜。



生徒さんからの質問にも答えます。



介護という仕事を楽しんでいる松本リーダーだからこそ、その魅力が伝わり、正に適任ですね。
この中から、将来介護の仕事に進む方が出てくることを期待しています。

Posted at 2020年01月09日 17時40分25秒  /  コメント( 0 )

感染予防についての研修がおこなわれました

研修2連発!ですが実際には1か月ほど空いています・・。

12月20日(金)、キャリアアップ研修「感染予防基礎研修」がおこなわれました。当法人キャリアパスのLevel2(一人前)に対応した研修で、最近入職した3名を含む、6名の職員が参加しました。



今も巷ではインフルエンザが流行っていますが、高齢者施設にとって感染症は大敵で、その予防は非常に重要です。ひまわりの丘では過去何度か痛い目にあっていますが、その経験の積み重ねを活かして行くことが大事。当法人では入職初日から感染予防についてのレクチャーがありますが、その拡大版として研修がおこなわれました。



基礎知識の講義に続いて、間違った感染予防対応の写真を見て問題点を当てる「間違い探し」や、感染症発生時に隔離をおこなうためのセッティング演習、そしてノロウィルス対策で重要な吐物処理の実習がおこなわれました。



日頃から感染予防に取り組むこと、そしていざと言う時に適切な対応をおこなうこと。今回の学びを活かして行きましょう!

Posted at 2019年12月25日 20時14分22秒  /  コメント( 0 )

「ラインケア」についての研修がおこなわれました

すっかりアップが遅れてしまいましたが・・ほぼ1か月前の11月29日(金)、教育委員会主催のスポット研修「メンタルヘルス」として、ラインケアをテーマとした研修がおこなわれました。

講師は昨年に続き、千葉産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員の近藤様。昨年は自分自身をケアする「セルフケア」がテーマでしたが、今回は続編ということで、上司やリーダーが部下・メンバーをケアする「ラインケア」をテーマに講義していただきました。

テーマに合わせて、法人内各部署の部長・センター長・主任・リーダーなど、計16名が参加。ストレスの基本から始まり、組織の責任と一次予防(健康配慮義務)、メンタルヘルス不調者への基本的な対応、コミュニケーションの秘訣など、2時間近くに渡って学ぶことが出来ました。

職員同士がサポートし合いながら、元気に働き続けられる職場を作って行きましょう!



何というか‥写真が行方不明なのです。すいません。

Posted at 2019年12月25日 19時55分26秒  /  コメント( 0 )

医療基礎研修がおこなわれました

10月18日(金)、教育委員会主催のキャリアアップ研修「医療基礎研修」がおこなわれました。



これは当法人にて導入準備中のキャリアパスに対応した研修で、主に新人〜一人前の非医療職を対象としておこなわれました。

高齢者の生活を支えるためには「医療」が欠かせません。介護職などの非医療職も、最低限の医療的知識は身に付けておく必要があります。

単なる知識の詰め込みではなく、どこを見て、どこに注意し、どのように繋ぐのか‥といった実践に役立つ研修がおこなわれました。



受講者からは「知っているようで知らないことばかりだった」「他人に説明するための根拠を改めて学ぶことができた」「介護職に医療知識がなぜ必要なのか分かった」などの感想が聞かれ、良い学びの機会になったようでした。

今後の実践に活かして行きましょう!

Posted at 2019年11月04日 16時26分55秒  /  コメント( 0 )

新入職研修2がおこなわれました

毎年4月におこなっている法人の「新入職研修」ですが、昨今の人員不足もあり、なかなか現場を抜けづらい状況が見られています。
そこで、独り立ち前の「研修期間中」におこなってしまおう!ということで、比較的新入職が多かったこのタイミングで今年2回目の新入職研修をおこないました。



今回は8月〜10月に入職した常勤職員4名が参加。施設長・サービス部長・総務部長が講師を務め、社会福祉法人で対人援助の仕事をする上で必要な、基本となる事項が伝えられました。



社会全体の高齢化・少子化が進み、多くの業種で人員が不足する中、正に期待の新人!ですね。
これからの成長と活躍を願っています!

Posted at 2019年09月27日 14時07分51秒  /  コメント( 0 )

ユマニチュード2の研修がおこなわれました!

9月20日(金)、教育委員会主催のスポット研修「ユマニチュード」がおこなわれました。



ユマニチュードとは、知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションに基づいたケア技法です。
見る・話す・触れる・立つ…という人間の特性に働きかけ、ケアを通じて言葉によるコミュニケーションが難しい人ともポジティブな関係を築いていくものです。

昨年おこなわれたユマニチュード研修の続編ということで、前半は昨年同様の基本的な部分について学習&復習をおこない、後半は前回取り上げなかった「5つのステップ」について解説がおこなわれました。



TVの報道特集で放映されたユマニチュードの番組を視聴し、講師の石原主任の講義を聞いた後、受講者が二人一組になり実際におこなってみました。



皆、真剣に取り組む姿があり、普段はケアする側ですが、ケアされる側になってみると、気付かなかった点や配慮しなければならない点等、自分自身を振り返る良い機会になったようです。



今回の研修を今後の業務に活かしていけるように、協力しながら頑張りましょう!

Posted at 2019年09月27日 13時46分05秒  /  コメント( 0 )

ひまわりの丘フォトコンテスト2019

今年も「ひまわりの丘フォトコンテスト」が開催され、多くの素敵な作品が集まりました!

今回は、11月11日の「介護の日」に発行される「広報まつど特集号」で、介護人材確保のために介護職員の写真&インタビューを掲載することになり、そこへの応募を兼ねて開催しました。

多くの応募作品の中から、入選作品15点と優秀作品7点が選ばれ、さらに「広報まつど特集号」への応募作品として、この写真が選ばれました!!



いい写真ですね〜。

そしてインタビュー内容は‥

Q.介護の仕事で働こうと思ったきっかけは?
A.病院勤務の経験を活かせればと思ったからです。

Q.今までの経験で印象に残っていることは?
A.長生きなさる方は神々しいな、と。神様みたいです。

Q.あなたが目指す「いい介護」とは?
A.「その時の、その人らしい生活」を送れるように手助けしたいです。

Q.これから介護職を目指す方へのメッセージ
A.とても大変だけど、人が一生を終えていく場に立ち会えることで、何か大切なものを得られる仕事です。

パチパチパチ👏

この写真および優秀作品は、ひまわりの丘地域交流スペース(喫茶のところです)にて展示しておりますので、機会があればぜひご覧下さい!

Posted at 2019年09月02日 14時59分04秒  /  コメント( 0 )

チームマネジメント研修がおこなわれました

もう1カ月以上前のことになりますが、6月21日(金)に「チームマネジメント研修」がおこなわれました。

教育委員会主催の「キャリアアップ研修」として、主任・副主任・リーダーといった各部署のリーダー職を対象として実施されました。



現場の介護職・看護職といった「プレイヤー」から、リーダーや副主任、主任といった「(プレイング)マネージャー」に抜擢されるのはどこの現場でも同じですが、リーダー職として何が求められ、何をなすべきかについて、教えられたり説明されたりする機会は非常に少ないと感じています。

「名選手、名監督にあらず」という言葉が示す通り、プレイヤーとしての能力と、マネージャーとしての能力は別物です。当然マネージャーとしてなすべきこと、つまり「マネジメント」についても学び、実践し、身に付けていく必要があるのです。



今回の研修では「チームとは何か」という問いかけから始まり、チームを目的に向けて機能させるためにおこなうチームマネジメントを「管理」「刷新」「方向づけ」という3つのキーワードから説明され、またグループでの話し合いもおこなわれました。



チームマネジメントそのものが簡単ではなく、初めてこういった内容を学んだ職員からは「難しかった」という声も聞かれましたが、実は既におこなっていることなのだ…と気づいた職員もおり、人それぞれの学びや気づきがあったようです。

今後もキャリアに応じた能力を身に付けるための「キャリアアップ研修」を実施していく予定です。

Posted at 2019年08月03日 13時12分22秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  | 次へ