フォローアップ研修がおこなわれました!

今更、という感じの記事になりますが・・
新型コロナウィルス感染予防のため、デイサービスセンターひまわりの丘・ソレイユ倶楽部を一時的に休止させて頂いた今年5月に「フォローアップ研修」がおこなわれました。

これは入職後半年〜2年程度の介護職員を対象に、介護職として必要な知識・技術・考え方を改めて学び、身に付けるための研修です。ある程度の実務経験を積んだからこそ分かること、気付けることはたくさんあり、新入職研修とは異なる意味合いがあります。



今回は4名が参加。1日8時間×8日間というボリュームのある濃い研修でしたが、これだけの時間現場を抜けるというのは普段ではかなり難しく、冒頭に書いたデイサービス等の休止を受けて実現した研修でした(転んでもただでは起きない、という感じでしょうか・・)。

初日は「利用者体験」からスタート。いつもは介護職として働いている現場で、利用者として過ごし、介助を受けることで、たくさんの気づきが生まれます。





2日目は「介護について改めて考える」、3日目以降は「移動の介護」から始まり、各介護について丁寧に学んでいきます。ただ聞くだけでなく、グループでの話し合いや、実践的な演習も織り交ぜながら、学びを深めて行きました。





最終日は「ケア実習」として、利用者さんのために自由に行動する、というワークを実施。普段の業務中心の関わりの際とは違った利用者さんの表情や会話に、ケアの大切さを実感しました。

7月からデイサービス等も通常営業となっていますが、この4名もそれぞれの職場で活躍してくれています。パチパチ。

とても意義のある研修なのですが、上にも書いた通り、なかなかこれだけの時間現場を抜けるのは難しいのです。で、これを4日間に短縮した上で、1か月に1日ずつ、4か月で1クールとなる形の「フォローアップ研修(改)」を8月より実施予定です。

ひとりでも多くの職員が受講できるように、これからも頑張って行きたいですね!

Posted at 2020年08月02日 13時35分53秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*