評価者研修がおこなわれました!

令和2年7月17日(金)に「評価者研修」がおこなわれました。

松栄会には「スキルアップシート」「キャリアパス」という2つの人事評価制度があり、各部署のリーダー以上の役職者が評価をおこない、人材育成につなげています。
とはいえ「人を評価する」というのは難しく、迷いや悩みも多いため、それらを少しでも解消できれば・・と、この研修がおこなわれました。

各部署の所長・主任・副主任・リーダーなど計17名が参加。新型コロナウィルスが再び拡大しつつある中、感染予防にも気を遣いながらの開催となりました。

人事評価の目的は「人を育て、活かす」ことであり、点数をつけるだけでは人は育たない・・という「人事評価制度とは?」から始まり、目標や評価基準(ハードル)をすり合わせ、共有することが評価の「納得感」につながること、自身の評価傾向を知り「評価エラー」を少なくしていくことなどが伝えられました。

研修内では多くの個人・グループワークもおこなわれ、笑い声が多く聞かれる楽しい研修となりました。1時間半の予定が2時間を少し超えてしまいましたが、それだけ充実した時間だったということでしょうね。

この研修のサブタイトルは「職員みんなの『しあわせ』につながる評価とは?」。松栄会の人事評価が、職員の「しあわせ」につながることを願っています。



写真を撮るのを忘れました・・すいません。

Posted at 2020年07月18日 11時08分02秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*