喀痰吸引等研修がおこなわれています!

喀痰吸引や経管栄養は「医療行為」であるため、通常介護職員はおこなうことができません。
とはいえ特養のご入居者にはこれらが必要な方も多く、また夜間は看護職員がいないため、現実にはやらざるを得ない状況が続いていました。

数年前から、一定の条件を満たした介護職員であれば、医師の指示のもと、これらをおこなうことが可能となりましたが、50時間に及ぶ講義+演習+実地研修を受け、全てに合格する必要があります。時間的、金銭的な負担も大きく(民間でおこなわれているこれらの研修は、結構高額なのです)、ハードルが高い状況でした。

当法人はもちろん、近隣の施設の役にも立てれば‥という思いもあり、今年度から当法人にてこの喀痰吸引等研修を開催することとなり、この度第1回研修が実施されました。





今回は当法人の職員のみとなりましたが、筆記試験・シミュレーター演習を無事乗り越え、ご利用者様相手に実技をおこなう実地研修へと全員が進むことができました。





指導看護師も当法人の看護職員が努めます。優しくも鋭いチェックが入ります。





この演習で活躍したのが、これらの練習をおこなうためのシミュレーター人形「メディトレくん供幣ι別勝法廖なかなかシュールな顔立ちです。



最後に心肺蘇生法の演習をおこなって終了。こちらも専用の人形があるのです。





まだ研修は続きますが、皆さん頑張って下さいね!

Posted at 2019年07月06日 10時59分06秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*