H31新入職研修がおこなわれました

平成も残り少なくなった4月3日(水)、毎年恒例の新入職研修がおこなわれました。午後の半日を使っての研修で、各部署から8名の職員が参加しました。



まず施設長による「社会福祉法人で働くということ・施設理念」の講義がおこなわれました。社会福祉法人の役割や、当法人の理念や方針など、福祉の仕事に携わる上でベースとなる部分、とても大切な事が伝えられました。



2つめはサービス部長による「対人援助の基本となる姿勢・考え方」。尊厳の保持、自立支援、利用者中心という対人援助における基本的な考えについて説明があり、マニュアル化できない対人援助において、行動や判断の基準となるものだ、というメッセージが伝えられました。



3つめは総務部長による「社会人としてのマナー」。身だしなみ、姿勢、挨拶、目を合わせるなどの基本的な事が相手に与える第一印象を決定すること、一度悪くなった印象を取り戻すには時間がかかることなど、人と人との関わりにおいて心がけるべきポイントが伝えられました。



最後に教育委員会によるグループワークで「明日から出来ること」を話し合い、発表して終了となりました。この研修で学んだことを糧として、活躍してくれることを期待しています!

Posted at 2019年04月26日 13時34分10秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*