緊急時対応についての研修がおこなわれました!

平成30年10月19日、「高齢者の緊急時対応について」をテーマに研修がおこなわれました。講師は津久井NSです。



・転倒していた時
・意識がある場合、意識がない場合の対応
 →AEDやアンビューバックを実際に手に取り、使い方を学ぶ
・救急車の呼び方、救急車が来るまでの間の対応
・誰かに報告する際、何を報告するのか
・傷や出血・発熱があった場合の対応
・状態に変化があった場合
・夜間帯の緊急時対応

上記の事を教えてくださいました。



研修の最後では、3グループに分かれてワークを行いました。
実際にあった緊急時の事例を元に、どう行動すべきかを話し合い、発表を行いました。
各グループの発表を聞き、自分では気付けなかった対応も学ぶことが出来ました。



今回の研修を受け、過去に緊急時対応を経験した事のある職員も、経験がない職員も、今後緊急時にどのように対応すればいいのかを学ぶことが出来たのではないでしょうか。
研修で学んだ事を忘れず、緊急時に迅速に対応できるようになりましょう!



お忙しい中講師を務めて下さった津久井NS、ありがとうございました!

Posted at 2018年11月11日 11時36分22秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*